平野・天王寺・本町 ステップボーンカット(小顔補正立体カット)専門店 en 心理カウンセリング

インナーチャイルドワーク・イメージの世界

2017/11/17
 
この記事を書いている人 - WRITER -

Contents

インナーチャイルドワークはヒプノセラピー(催眠療法)の一種です。

催眠療法の聴くと

どんなイメージですか?

『あなたはだんだん眠くな〜る。』

僕は最初これをイメージしていました(笑)

 

しかし、

10月最初に受けた心理カウンセラー養成講座で

これをクライアント側でやってもらったり、

カウンセラー側で実際にやってみたりいう演習をして、

『催眠=眠くな〜る!』

のイメージは払拭されました(笑)

 

気持ち良くて、色んなイメージが鮮明に出てきて悩みが解決するという結構楽しいセラピーでした!

 

 

そもそも催眠状態とどんな状態なのでしょうか?

実は催眠状態状態は、

1日平均十数回は自然とこの状態になると言われています。

夢中で本を読んだり、テレビを見ている時、誰かに声をかけられても全く気づかない、考え事をしていたらあっという間に時間が過ぎてしまっていた。

これも一種の催眠状態です。

催眠状態のことを心理学では、

変性意識状態と言うみたいですが、

実際に催眠状態に入っても意識はしっかりとあります。

簡単に言うと、

起きている時と眠っている時の中間が催眠状態です。

 

 

アルファ波(12〜8Hz)は良く聞くと思いますが、リラックスや集中、瞑想している状態がこれにあたるようです。

ちなみにスポーツ選手が一番力を発揮すると言われてのは10Hzです。

シータ波と(8〜4Hz)は

浅い睡眠・深い睡眠状態がこれにあたるようです。

催眠状態になる脳波は

7.8Hzでこれは起きたて、寝る前に近い状態だと言われています。

 

 

7.8Hzの状態にカウンセラーは誘導して心の体をリラックスさせることからヒプノセラピーはじまります。

催眠状態に入るメリットは

催眠状態は心と体がリラックスするので

意識が一点集中がしやすくなり、集中力が高まりイメージが湧きやすくなります。

副交感神経が優位になり、

大脳新皮質の優位性が弱まり、

大脳辺縁系(潜在意識)へのアクセスがしやすくなります。

つまり、その集中力を潜在意の内側へ向けさせることによってクライアント自らの力で問題解決へと導いていけます。

受けた感想は、

寝起きに近いなので気持ち良い感じですが、意識もはっきりしていて、カウンセラーから質問されたことの映像が浮かんでくるので個人的にはとても楽しかったです!

 

○人にお願いできない

僕がこの問題に気づいたのは、

入院中、美容のお客様でもあるセラピストさんが病院でカウンセリングしてくれて、その悩みに気付きました。

僕の相談は、退院してやることをリスト化してやらなければいけないことが沢山ありこの体力でそれが出来るのか?

ということからくる不安でした。

そのセラピストさんは、

『誰かに頼めないの?

頼むっていう発想がないよね?』

も言われた時、

『ほんまや!』

とその問題に気づいたのです。

 

僕は人に恵まれているため、

みなさんにお世話になっていることは本当に多々あるのですが、

自分からお願いできないという問題を抱えていました。

でも、自動思考、この考え方を昔から自然にやっているから自分では気づけなかったのです。

 

そして、10月の心理セラピスト養成講座に行った時、

『人にお願いできない。』

というテーマでヒプノセラピー(催眠療法)をやって頂きました。

 

『深く〜深呼吸して〜』

というカウンセラーの誘導から入って、

だんだんリラックスして気持ちよくなってきます。

『人にお願いできない』

1番最初にその思いを感じその時間に戻ります。

面白いのは、

どこにいるのか?

誰といるのか?

どんな状態か?

などセラピストの質問によって、

頭の中にイメージの世界の世界が広がっていきます。

 

僕の頭の中(潜在意識)から出て来たイメージは、中学校の校庭です。

僕はずっとラグビーをしていましたので場面は練習が終わったところでした。

感覚的に1年生であることがわかります。

僕は、その頃フォワードをやっていて、本当はバックスがやりたいと思っていました。僕は悩んだ末、練習が終わった後顧問のの先生、

『バックスに行きたいです。』

と申し出ます。

しかし、顧問の先生は

『バックスでも良いが、今はチームのためにそのポジションにいてくれ。』

そう答えが返ってきました。

12歳の僕は、悩んだ末のポジション変更の申し出でかなりショックを受けたのを覚えています。(もちろん、顧問の先生が悪いわけではありません。自分の捉え方の問題です。)

その時、

12歳の僕は

『人にお願いできない。』という決断をしたのかは分かりません。

ただこのセラピーを受けるまでそんなことは忘れていたし、全く気にもしていませんでした。

人は意外と簡単なことで無意識にルールを作っているのかもしれません。

潜在意識はその時必要のイメージを出してくれるらしいのでそれが必要だったのかもしれません。

しかし、今の僕は12歳ではなく、

いい大人なのでそのルールが不要であることは簡単に判断できます。

 

しかし、

大事なのは無意識に気づくこと。

気づいていないとやっていることに気づくいていないのでやり続けます。

 

そして、最近、

人にお願いできることも多くなり、

『あれ?前よりお願いできるようになってるなぁ。』

と感じるようになりました!

ヒプノセラピーって面白いし、

すごいです!!

カウンセリングはこちらから。

http://enmoto.moo.jp/%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0/

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA