天王寺・本町 ステップボーンカットの美容室 心理カウンセリング

幸せを引き寄せるためのたったひとつのポイントとは?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

「○○があれば幸せになれる。豊かになる。」

そう思う時ってありますよね!

 

「自分に○○さえあれば!!」みたいな…

 

その○○とは人それぞれで、

ある人は、成功であり、

ある人は、人間関係であり、

ある人は、健康であり、

他にも、結婚であり、お金であり、未来であり、子供であり、過去の選択であり、何か物質的なものかもしれない。

人によって様々です。

 

その思いを持っているということは、

「その○○が自分を幸せにしてくれる」と思うということ。

 

つまり、「○○のあまりない今は幸せではない」という思いをあなたが持っていると言うことです。

あなたがそのように信じていたら、いつまでたっても幸せにも、豊かにもなれないようです。

常に今のあなたの状態が、次の現実を引き寄せていくのですから。

 

 


その思いを意識から外してみましょう!


人は痛みによって行動し始めないも言われていることもありますが、

それは最初のスタートダッシュの時だけで良いと思うし、

ずっとやってたら疲れてしまう。

 

ただ、「もしあなたがもっと○○があったら良いのに」とだけを思う、

そのことだけが悩みだとしたら、

他に悩みがあまりないと言うことであれば。

それはとても幸せな環境だと言えないこともないのでしょうか?

その幸せを味わってみるのも良いかもしれません。

 


先ずは自分から!


「○○が自分を幸せにしてくれる豊かにしてくれる」そうではなくて、まず自分が幸せで豊かになるのです。

 

「○○があってもなくても幸せだ、豊かだ」という状態になってきて、

そこで初めて〇〇を引き寄せる準備が整うらしいんです。

 

「〇〇が欲しい」と言う思いも素直に持っていっても良いのです。

自分の欲しいもの、やりたいこと、楽しいことを心から喜び、それに素直になることがまず第一だと思います。

そして、それらを実行にうつそうとすると必ずいろいろなことが必要となります。

 

しかし、そこから、

○○があるかないかに関係なく、自分が自分の生活に豊かさを感じたり、幸せを感じるという状態になってきた時、ここでやっと○○を引き寄せる準備ができたということ。

 

〇〇があったら幸せではなく、

「〇〇を求め受け取る抵抗がなく、あなたが毎日の生活に幸せ、豊かさを感じている」

その状態になった時、○○を引き寄せる。

 

「〇〇があるから→幸せ、豊かさ」の順序ではありません。

「幸せ、豊かさ→〇〇」という流れです。

 

 


自分にないものを引き寄せられない


今、この瞬間に、幸せと豊かさが無ければ引き寄せられないようです。

 

例えば、僕は「健康なりたい」という思いを持っていました。

でも、そこには「健康がない」という本心から来るものでした。

 

健康がないと思い続ける限り、健康になることはできません。

僕がどんなに健康だったとしても。

健康だと思えた時、健康はやってきます。

 

行動したいと考えた時、

そこには「行動出来てない」という本心から来るものです。

どんなに自分が行動していても。

行動出来ていないと思い続ける限り、行動できることはありません。

 

幸せや豊かさを、今持ってないとなれないと書きました。

健康だと思える自分がいれば、健康的な現実になります。

 

行動の方が分かりやすいですが、

行動的だという自分がいれば、

行動出来ないと思い悩む自分はいなくなり、

行動すると思いませんか?

 

だから、もっと言えば、

行動なんかできても、出来なくても良い。

 

そう思える時、行動し始めます!

 

行動出来てないと言う本心を抱えて、行動するって大変そうですよね(笑)

無理やり感がある…

よく言われる、サイドブレーキを引いて走っている車みたいな…

 

逆に、どっちでも良いけどアクセル踏んじゃえ!みたいな感じだったら、ブイーーーンって走り出しそうですよね(笑)

 


○○を意識から外した時、○○は手に入るということ。


例えば、僕はギランバレーの影響で足の指のしびれが多少ありますが、

「この痺れの影響は年取った時、 危ないかもなぁ」

とか思ってた時もあるんですけど、

そんなこと考えながら足の指が痺れていることに意識を集中したら、痺れは顕在化します。

つまり、痺れを感じるんです。

「ああ、痺れてる。」と、痺れを感じながら生活することになります。

 

でも、カットに集中したりして、何か他のこと考えてたら、痺れは感じません。

つまり、

痺れていてもいなくてもどっちでも良いという状態になった時、痺れていない状態を手に入れています。

 

不思議ですよね!思いを手放した時、思った状態が手に入る!

 

痺れの例のように、

手に入れようとしている○○も、同じなのかも知れません。

人間関係が良くないと思っていた人が、

人間関係なんてどっちでも良いと思えた時、

自然体になり豊かな人間関係を手に入れたり。

 

人から認められたいと思っていた人が、

認められても認められなくても、

どっちでも良いと思えた時、

人から認められるようになったり。

 

「○○がないから、 幸せや豊かになれない」

その思いを意識から外してみましょう。

 

意外とあなたのほしい○○は、もうすでに手の中にあるかもしれません!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA