天王寺・本町 ステップボーンカットの美容室 心理カウンセリング

1歩踏み出すための引寄せ法則実践ワークショップ

 

やりたいことはある、
でも、一歩が踏み出せない。

どうして踏み出せないのかも
わからない。

 

とりあえず、動いてみよう…

 

 

うまくいかなかった…

 

行動したのに、動いたのにうまくかない…

何でうまくいかないんだろう…

 

もっと動けば、何とかなるかも?

 

また動く。

 

うまくいかない…

 

 

そんな経験をないですか?

 

 

 

僕もそんな経験をしていて、

 

僕の場合は、

とにかく行動だ、
動いてれば何とかなる!

 

そう思ってがむしゃらに
動いて、動いて…

 

全然うまくいかない。

 

教えてもらったことは、素直にやって、

行動もしているのに、

なんで?こんなにやっているのに?

 

そして、そんなことを繰り返している内に、

病気になりました…

 

 

 

病院で出会った引寄せの法則!

 

僕は、
難病ギランバレー症候群を患い、
2017年6月1日~8月31日まで入院生活を送っていました。

 

病気になる、ほんの1か月前までは、
剛柔空手で黒帯(初段)の試験に合格するなど、とても元気な体だったのですが、

 

 

難病になり、
僅か一ヶ月で寝たきり、
手足も不自由になり、
喉も痺れて、口から物が食べられず、
点滴で栄養をいれるという状態になってしまいました。

 

毎日、ベットに寝ているだけ。
トイレには、
車イスで看護師さん車イスで連れていってもらい手足が動かないので看護師さんにズボンを下ろしてもらう、
お風呂に入れてもらう生活を送ります。

 

 

 

思考が現実化している?

 

そんな中、
僕は大部屋(4人)に入院して、
不思議な光景を目にします。

 

向かいのベッドには、
おじいさんが入院しており、

そのおじいさんは、いつも機嫌がが悪く、

 

「飯がまずい!」
「こんなもの食えない!」
「だから、元気になれないんだ!!」

 

そんなことを言いながら、
看護師さんに八つ当たりしていました。

 

案の定、
そのおじいさんは、
お腹の調子が悪くなったりと、
なかなか元気になることがなく、
調子が良い日は数えるほどしかありませんでした。

 

 

隣のベッドにいたオジサンは、
ヘルニアの手術をしたらしく、

ずっと、

「痛い、痛い!ここの病院の医者も看護師も役に立たない!」

看護師さんに聞こえるような、
そんな大きな声の独り言を繰り返していました。

ついに、
痛みのせいで別室へ移っていかれました。

 

 

そして、
斜め前のおじいさんは、
いつもイヤホンをしてテレビを見ています。

そして、
「アッハッハ!」
とカーテン越しから楽しそうな、
笑い声が聞こえて来ていました。

 

そんな笑い声を、聞いて、

他の2人は、

「何がオモロイねん!」
「うるさい!!」

とヤジを飛ばしています。

 

 

しかし、

この明るいおじいさんは、
イヤホンをしているので聞こえていません(笑)

 

看護師さんにも、

「いつも、ありがとう!」

明るい声かけをしています。

 

 

そして、

そんな中、
このおじいさんは、回復も早く、
一番に退院していかれました。

 

 

 

自分もやってみよう!

 

もちろん、

僕を含む、
4人は病気の種類も違うので、退院する期間にばらつきは当然あるでしょう。

 

 

僕はこの時、
いつ退院出来るのかは担当医も分からない状態でした。

 

しかし、これを見て、

 

僕は、

「病は気からと聞いたことがある。気持ちだけでも明るく前向きに保つ、そうすれば何とかなるかもしれない!」

そう感じたのです。

そもそも動けないので、

それくらいしかできなかったのですが、

「それくらい」のことで治るのなら

僕には十分でした。

 

そして、

朝は、

元気に治って退院していることを想像し、

Facebookに明るい投稿をするように心がけました。

 

実際は、
ベッドで寝ているだけの毎日。

でも、面白いことを見つけて。

 

そんなことを繰り返していたら、
自然と心も元気になり、

それに追いつくように身体も元気になっていきました。

 

もう入院中、自分が
「普通に歩いてご飯が食べられる状態になること」に何の疑いも持っていませんでした。

 

そして、
2017年8月31日には、
普通にご飯を食べて、
歩いて退院します。

 

 

あれは引寄せの法則が働いていた?

 

その後、

美容の仕事に復帰し、
心理カウンセラーの勉強をしている時に、
この「引寄せの法則」に出会います。

 

そして、
その内容は、
あの病院での体験、
そのものだったのです。

 

そうは言っても、

「引寄せの法則」の本を読んだけど何も起きなかった…

そんな方もおられるでしょう。

 

そこには、
ちょっとしたコツのようなものがあるのです。

 

 

感情を感じる!

 

引寄せの法則の法則に関わらず、
ビジネスでも、スポーツでも、

「どうなりたいか?」

という、ゴールイメージや思考はとても大切です。

しかし、
引寄せの法則で重要なのは、
その先の感情です。

 

つまりは、
達成した時の感情を先に味わうことが重要なのです。

 

そして、その感情を感じたまま、
行動を起こす。

 

 

本物の自分の感情と行動を一致させる!

 

例えば、

僕は5月最初に、
ワークショップのメニューを作ると決めて、ワークショップをしている自分をイメージしました。

とても楽しいイメージでした。

 

僕はもともと、
吉田松陰が大好きなんですが、

幕末、松下村塾を開いた
吉田松陰はこんな言葉を塾生に残しています。

「教えることはできないが、
共に学びたい。」

 

この言葉は、カウンセラーにも通じるところがあると思います。

カウンセラーは先生ではないので、
何かを教えたり、アドバイスすることはできませんが、

しかし、
クライアントに、
寄り添ったり、クライアントが自分自身のことを自分でどう思っているのかを写す鏡になることで、共に成長していけると思います。

 

話を戻しまして、

 

そんな姿勢で、
ワークショップをしている自分をイメージして、

「めちゃめちゃ楽しそうやん!」

という感情を先に楽しみました。

 

つまり、
本当の自分の感情と行動が合致している時は、

「あ、やろう!」
「行こう!」

という感じで、軽く一歩が踏み出せるのです。

 

このワークショップでは、
引寄せの法則の仕組み、

そして、

本当の自分の感情と行動を一致させ、

引寄せの法則を実践するための
感情の感じ方の具体的な実践ワークを、

お伝えしていきます。

 

 

ワークショップ内容

引寄せの法則って?
類は友を呼ぶ
願いが叶うまでのタイムラグ
思考という種をまく
抵抗のエネルギー
感情のナビゲーションシステム
今の感情が未来を引寄せる
マイナスのエネルギー
マイナスのループをたちきる方法
感情の重要性
嫌な感情の感じるときは?
やっぱり、行動は大切!
「やったほうが良い」と「やりたい」
本当の自分
潜在意識
感情の先取り、その秘訣
イメージワーク実践
惰性的な思考からの脱却

 

90分~120分程度
6.480

ただいまモニター募集5名中!

200字~300字のご感想を頂ける方、
限定で無料です。

ご協力頂ける方はぜひ宜しくお願い致します!

 

 

 

こんな方にオススメ

一歩踏み出せない
毎日楽しく暮らしたい
叶えたいことがある
現状に不満がある
行動しているのにうまくいかない
ずっと暗いことを考えてしまう
行動的になりたい
やりたいことの実現を加速させたい
引き寄せたい物がある(仕事、お金、恋愛、結婚など)

 

 

こんな効果が期待できます

自分を信じることが出来る
毎日が楽しくなり、自信が持てる
一歩踏み出せる
行動的になる
得たい結果を引き寄せる
暗いループから抜け出せる
やりたいことが実現する
目標達成