平野・天王寺・本町 ステップボーンカット(小顔補正立体カット)専門店 en 心理カウンセリング

【我慢とありのままを受け入れるは違う!】

 
この記事を書いている人 - WRITER -


あなたは成功してる人、

うまくいってる人を見て、

「チックショー!!!」

(小梅太夫なみに)

と思うことありませんか?

「あれさえなければ…」

「相手が変わってくれさえすれば…」

「俺、私だって…」

そんな思いを抱いているかもしません。

(その気持ち、わかります)

でも、それは気にする必要はありません。

本当は、
あなたを脅かす人、
あなたを脅かす出来事は、
何もないということです。

あなたの人生での経験。

それは、あなただけのもの。

それをコントロールしているのはあなた自身。

 

「ありのままを受け入れること」

 

つまり、

私は私以外の全ての人が、あるがままでいることを受け入れるということは、あなたに完璧な自由をもたします。

 

 

 


望まない経験をしないという、本当の意味。


 

それは、
あなたが気に入らないことにネガティブな感情を抱かない反応しないということ。

例えば、

難病や病気になんて誰もなりたくい。

でも、それと同時にそれを経験したからこそ得られたことがそこにあるということです。

しかし、

「受け入れるものになろう!]

と言うと、

「受け入れること」

それは、我慢することだと誤解する人も多いかもしれません。

難病になってしまったのだから、

しょうがないじゃないか…

みたいな。

 

そこから、頑張らなければしょうがないじゃないか?

みたいな。

でも、それは違います。

 

 

あなたはあなたで、

あなたの基準で生きているんです。

 

 

「我慢」と、「ありのまま」

を勘違いしている人は、

他の人については、もし,

あなたが気に入らないことを、

他人がしたとしても、

その人がしたいようにさせる。

 

でも、

そうするとあなたは嫌な気持ちになり、

かわいそうに思ったり、腹が立ったりして、

自分が脅かされていると感じたりする。

(出来事もしかり)

 

それでもその人は、そのままでいることを受け入れようと思う。

 

 

しかし、
これでは我慢しているだけではありませんか?

 

我慢とありのままを受け入れることは全く別物です。

 

我慢する時、

あなたは辛さや不快感など、嫌な感情を感じます。

 

ネガティブな感情を感じていると、ネガティブなことを引き寄せます。

 

ありのままを受け入れるときは、ネガティブな感情を感じない。

 

 

これはとても重要です。

 

でも、

「そんなの無理だ!」

「あいつが、あの出来事が悪いんだ!」

という思い。

 

それはとても分かります。

 

それでも、

人は受け入れる側にまわることができます。

 

 

そして、あなたが

「ありのままを受け入れる者」になれば、
あなたの人生の中から嫌なことはなくなり喜びと自由になります。

 

心理カウンセリングのご予約は⇩

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA