ダメな自分にOKを出そう!

カウンセリング

こんにちは、

カウンセラー&美容師の

圓本高士です。

 

今日は「ダメな自分にOKを出そう!」というテーマでお願い致します!

 

心理学の本、または、講座などに行くと、

「ダメな自分で良い!」

「ありのままの自分で良い!」

とかいう言葉をよく聴きませんか?

 

で、カウンセリングをしていると、ダメな自分を良いと思えない方、ありのままの自分で良いと思えない方って沢山います。

 

そりゃ、そうですよね、

今の状況や自分の状態に満足できないのに、ダメな自分や、ありのままの自分で良いわけない!

普通そう考えてると思うんです。

 

ダメな自分で良い。

そう聞くと、ダメな自分、ありのままの自分を受け入れて、努力しないで妥協していく?みたいなイメージの方もおられます。

 

でも、実は

 

 

ダメな自分、ありのままの自分を肯定できた方が成功しやすい!

 

むしろ、

ダメな自分、ありのままの自分を認められる能力が高いほうが、困難を乗り越えたり幸福を得やすいと言われています。

なぜかと言うと、トラブルや失敗が起こったとしても自分を否定しすぎず、ミスを成長の糧にできるためです。

 

ダメな自分、ありのままを認めるとは、自分のダメな部分も受け入れ、自分自身の存在価値を認めてあげること。

 

自分にOKがでていますか?

 

交流分析という心理療法理論の中に、「人は誰でもOKである!」という哲学があります。

これは、容姿や学歴、経済的地位に関わらず、人、個人としての価値を認めるもの。

つまり、ダメな自分、ありのままを自分を認めることは自分にOKを出すこと。

そうすると、自己肯定感が高まり、色々なことにチャレンジしやすくなります!

 

 

自分にOKを出すメリット!

 

例えば、僕の話で恐縮ですが、

僕が難病を経験した時、美容の仕事に復帰できるか分かりませんでした。

でも、そんな自分にOKが出せた。

今は動けない、美容の仕事も出来ないかもしれない。それでもOK

だったら、この経験を活かして、美容の枠を超えて、カウンセラーもやろう!

そのうち身体がもとに戻るかもしれない!

で、カウンセラーもやることにしたんです。

当時は身体も動かないし、もちろんカウンセラーの知識なんてない。1からのスタートでした。

でも、そんな自分でもOKと思えたから続けられたんだと思います!

 

自分にOKを出すメリットは、

ダメな自分、ありのまま自分で進みますが、楽しいから継続しやすい=成功しやすいということ。

 

逆に、

美容師でない、動けない自分なんてダメだ!何の価値もない。努力して克服しなければ!

と自分にOKを出さないデメリットは、

努力に苦痛が伴う=挫折しやすい。

 

 

 

大切なのは前へ進むこと!

 

何かにチャレンジしてダメでも、途中で行動が止まっても、

ダメな自分、OK途中で行動が止まった自分、OK!と、また始めれば良いんです!

 

実際、何か始めた時、

例えば、僕の場合ですと、初めてカウンセリングの勉強をした時など、まだまだ成長が足りないダメな自分、知識、経験が足りない自分に直面しました!

でも、大切なのは、ありのままのまだまだダメな自分を責めることではなく、前へ進むこと。

 

 

まぁ、書くのは簡単なんですけど、

カウンセリングなどで、心の底から悩んでる中ではそのOKがなかなか出ない。

そのまま進めと言われても進めないんです。

 

例えば、

家族、職場の人間関係に問題がある。

今の自分に価値を感じられない。

将来の不安、などなど。

 

そんな問題に直面した時、頭では分かったとしても、なかなかOKが出なかったりします。

 

 

だから、カウンセリングは、

OKになってないところを深めて聞いていくんです。

 

何でOKになってないのか?

そこには無意識の思い込みがあります。

 

僕のカウンセリングでは、

問題になっている人に何か言って説得するなど、外側に向けたアプローチではなく、

自分自信がOKを出せるように、自分の思い、内側にアプローチしていきます!

 

ダメな自分、ありのままの自分、

ぜんぜんOK

そんな自分にOKを出して、

そのまま進んでいきましょう!

 

ということで、

今日もありがとうございました!

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

 

カウンセリングのことが分かる、無料メールマガジンは、こちら👇

Click!

コメント