成功の影の部分を見つけだして、なりたい自分になるスピードを加速させる!

 

やりたいことがあるのに、なかなか動けない。こんなにやりたいのに…

そんなことありませんか?

 

なぜ、そうなるのか?それは・・・

自分の目標が明確で達成の意思がしっかりあるかどうか、

それとも、なんとなくそうなれば良いなぁという希望なのか?

 

もしくは、

達成可能なはっきりとしたビジョンなのか。

という、自分のやりたいことがはっきりと明確なのは大前提ですが、

 

それと、もう1つ、

 

目標を達成の影の部分に無意識に目を背けているからかもしれません。

目標を達成したら良いことばかりとは限りません。

実現によって失うものが当然あります。

 

あなたが意識してなくても、

潜在意識はそれを知っています。

 

それでもその目標実現したいのかどうか…

 

もしかしたら、

今の生活を失うくらいなら、

目標達成しないほうが良いかもしれない…

本当の自分は思っていてストップをかけているかも知れません。

 

成功、目標達成、なりたい自分になるため、また、なったあとには影の部分があるかもしれない

 

例えば、

僕は美容師とカウンセラー、両方やることに決めました。

これにより単純に勉強量も2倍。

セミナーや専門書などの購入費も2倍。

ゆっくりしている時間は意識的に作らないとなくなります。

 

つまり、代償は時間とお金です。

 

代償を払ってでも目標達成したいか?

すべてはこの問いに対する答えが明確かどうかにかかっているのです。

 

 

「これが出来れば俺の悩みは解決する」

「この問題さえなくなれば…」

 

と思っていませんか?

それはとても短絡的な考えかもしれません。

 

 

残念ながら、それを解決してもすべてのストレスが消えるわけではありません。

 

目標達成には影の部分があるのです。

 

 

僕は、カツ丼が好きで、

結構ランチにカツ丼を食べます。

でも、

カツ丼を食べたらお金払いますよね!

 

これと同じで、

当然、目標達成にも代償はあります。

 

「今、カツ丼食べたいけど、

お金は払いません」

というわけにはいかないんです。

 

カツ丼食べたいのなら、

お金を払いましょう!

 

お金を払うことから目を背けてはいけません。

 

逆に言えば、

お金(代償)さえ払えば、

カツ丼が出てきますよ(笑)

 

カツ丼が食べたいのに、

焼き魚定食ばかり食べる人生… 終わりにしましょう(笑)

 

そこで早速、考えてみましょう。

 

自分が叶えたい願いを詳細に書き出ます。

 

そして、

その願いが叶ったら、自分が失うものはなんでしょう?

 

このように、

あらゆる角度から目標の実現のために支払う可能性のある代償に向き合ってみるのです。

 

そして、

目標実現のための代償これらの代償払ってでも目標実現によって得られるメリットを詳しく書いてください。

代償払ってでも十分なメリットがあると思えたら、あなたは今までよりもかなり動きやすくなっているはずです。

嫉妬や焦りは無視して、成功や幸せを先取りして楽しもう!

周りにすごく調子のいい人、

すごく成功している人がいる。

それを見て、

嫉妬や焦りを感じる。

しかし、

誰かの成功や幸せを妬むなんて、

時間の無駄です。

 

誰かが成功して幸せになったら自分の幸せの量が減るなんて事は全くないのです。

もちろんその誰かが成功したからといって自分の成功の量や、自分の成功する可能性が減るなんて事はもう全くないのです。

 

周りの人が成功して幸せにしている時、それを見て嫉妬しているということは、

「あの人に与えられたけども自分には与えられていない」

と言うことを認めたことになります。

 

潜在意識はそう理解しています。

与えられて’ない’ので、

与えられてない現実を作り出します。

 

しかし、もし、

自分にはもっと大きな才能や成功が与えられていることがわかっていたら嫉妬や焦ったりなどしないはずですよね。

 

あの人は運が良いだけだ、

とか、

そのうち失敗するよー、

とかそんな風に嫉妬するのは時間の無駄ですよね。

何も生み出しません。

 

それなら、他人の成功を見たら、

あの人はどうやって成功したのかということを学んだほうがまだ有効です。

それどころか、

嫉妬や焦ったりすると、

自分の成功や幸せを受取るポケットを狭めていると言うことです。

それどころか閉じてしまって受け取れなくなってしまいます。

 

受け取るポケットを広げる

結局は、他人が成功や幸せになろうが、嫉妬しようが焦ろうが、そんな事は自分の成功や幸せとは何の関係もない。

自分自身に受け取る準備ができているかどうかそれだけの問題です。

そのポケットを楽しく広げる方法があります。

 

やり方は簡単。

 

自分の今の目標達成され、成功し、幸せになったらどんなことをしますか?

具体的に5つ挙げてみましょう。

 

それを今出来そうなことから、

今すぐやるだけ。

 

でも、

「嬉しくなる」とか「元気になる」などと言うようなことではありません。

 

成功や幸せになったら、

「どうなるか?」ではなく、

「どうするか?」です。

 

たとえば、

僕は入院中、車椅子でトイレにいく以外は24時間の寝たきりでしたが、

空手の黒帯を取ったところで入院してしまったため空手がやりたくてたまりませんでした。

(美容もやりたかったのですが、病院は刃物禁止ということで断念)

 

やっと歩行器で歩けるようになった時から、

朝食の前に、一人病院の屋上に上がってフラッフラで空手の練習をしていました!

 

手足は痺れたまま…

もう、蚊の止まるような正拳突きで…

周囲のおばあちゃんが心配そうに見ていました(笑)

 

今考えるとまぁまぁのバカです(笑)

 

(当時の写真です。数日前まで寝たきりだったのに、屋上で音楽を聴きながら空手をする人…今からなぜ、周囲がもっとゆっくりしろと言っていたのか分かる気がします…今の僕は「お前、バカじゃねぇのか」と真剣に怒鳴りたくなります…)

 

 

でも、

あの時、健康になる前に、

健康になってからやることをすでにやっていたから、健康を受取るポケットが自分の中にできて、ここまで回復したのかなとも思います。

 

 

もし、

「空手をやりたいなぁ」

「できるかなぁ、できないかなぁ」

と思いつつベットで寝ているだけでは

できるか、できないかわりませんし、

ただ悩むだけです。

 

 

蚊が止まるような、か細い正拳突きでも1回でも2回でも出来たらそれは事実です。

今出来たという事実になりますから、

未来に出来るのは当たり前となります。

その事実が

想像以上の心の支えになります。

 

それが健康を受取ることが出来るポケットだと思います。たぶん…

ポケットがなかったら受け取れません。

 

で、

以外と、このポケットを作る作業は楽しかったりします!

自分が求めている成功や、幸せが、

今はまだ手元になくても、

以外とすぐに成功や幸せを味わえる事はそのへんに転がってたりします。

 

もし、

行き詰まったら、先に成功や幸せが手に入った状況を味わってみましょう。

(決して無理はススメませんけど・・・)

 

また、希望とやる気がみなぎってくるはずです。

 

そして、受取るチャンスが来た時、

受取る準備(ポケット)が出来ているあなたなら受取ることが出来るはずです。

バッサリ

【バッサリ・・・】

切らせて頂きました!

バックは耳から下の髪の量が多かったので、谷のように円を描きながらカット。

バック中間はボリュームが欲しいので、

山のような円を描きながらカット。

サイドは毛先が軽いので、

こちらも滑らかな円を描き、

毛先に重りを。

(毛先に重りをつけることによって、

振り子の様に髪が元の位置に戻って来やすくなりますので、ハネにくくなります)

ということで、

艶が違う、ボブ。

やっぱりボブ。

カウンセリングで浮彫りになること。

それは、

自分の価値観で

色メガネで見ていた事実を、

ニュートラルな事実を把握し、

捉えた時、

 

『本当は解決すべき問題など

そこにはなかった』

ということが浮彫りになります。

 

 

人はなぜ悩むのか?

悩んでいる方は悩みを解決したくてカウンセリングに来られます。

 

でも、

本当に悩みを解決できるのはカウンセラーではありません。

人がなぜ悩むのか?

それはたったひとつの思いから。

 

それは、

ただ、その人にとって、

 

「思い通りか、思い通りでないか」

これだけです。

 

 

たとえば、

都会で一流企業で15年ほど働いてきた男性がいたとします。

彼は家族の事情により、実家の山奥の田舎の農家を継がなくてはいけなくなりました。

 

その知らせを聞いた時、

彼は15年も働いた会社を、これからまだまだやりたいことがあるのに志半ばで帰らなければならない。

彼は眠れなくなるほど悩んでしまうかもしれませんね。

 

しかし、

彼が、15年の都会暮らしで、この環境は自分には合っていない、

本当は実家で仕事をしておけば良かった、帰りたい、

そう感じていたらどうでしょう?

彼は悩むことなく、軽い気持ちでこの出来事を受け入れるのではないでしょうか?

 

 

何が言いたいかというと、

 

出来事には特に意味はありません。

 

それは、本人が

思い通りか、思い通りでないかで

悩んでいるのです。

 

僕の経験で恐縮ですが、

僕は難病に犯されました。

 

それは時に不都合なこともありましたが、今でもたまには不都合なことも起こります。

(献血できなかったり、早朝にちょっと痺れたり、身体が疲れやすかったり)

 

たまに、気遣ってくれる友達やお客様が、

「大変やなぁ。」

と気遣ってくれますが、

実はそれほど大変とは思ってなかったりします。

 

確かにギランバレー症候群は、

1年間に10万人に約2人の割合でかかる難病で当初は立つ上がることさえできず大変でした。まったく思い通りではありませんので悩みました。

そりゃ、大いに悩みました。

 

でも、今は運良く立ち上がることも出来たし仕事も出来るくらい回復しました。

ギランバレーになってすごく悩む方もいらっしゃるでしょう。それは仕方がない。辛いし…後遺症も残るかもしれない。

 

でも、僕は10万人に約2人なら、人と違う経験ができたわけです。

今、僕はそのことに逆に価値を感じています。

 

そんな僕だからこそ、

カウンセラーができるのではないかと思いカウンセラーにもなれました!

 

僕は病気を

「思い通りでないから」

から、

「思い通り」

に変えました。

 

まぁ、僕の経験で恐縮ですけど(笑)

 

つまり、

自分の思いを超えて、

物事が思った通りに進まなくなったとき、人は悩みを始めます。

 

それは、仕事、お金、病気、人間関係、どんな悩みでもただそれだけ。

 

その出来事には意味がなく、

本人が何を思っているかによって、

「悩む」か「悩まない」か

が決定します。

 

悩みを解決するには

本人の「思い」を変えないと治すことはできないということです。

 

しかし、

そこには、冷静な事実の把握が必要です。

 

ということで、

カウンセリングで、

カウンセラーが出来るのは、

あなたのその「思い」を変えるお手伝いをさせて頂きます。

 

カウンセラーの力であなたを変えるのではありません。

あなた自身の力で変わるのです。

 

そして、

変わったとき、

 

根拠のない気合いだけではなく、

自分の心の芯から

「もともと悩むべき問題はなかった」

という思いと共にひとまわり大きいあなたになっているはずです。

 

カウンセリングは

こちら⬇︎

http://enmoto.moo.jp/%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0/

エゴグラム、その後。

エゴグラムは、性格、行動パターンを捉えるのに分かりやすい方法です。

人には5人の「私」がいると言われています。

NP 思いやる

あるがままに相手を受け入れる

CP 価値付る

自分のあるべき状態を示す

A 考える

事実を観察し、比較し、合理的に考える

AC 合わせる

一緒にいるために相手に合わせる

FCあるがまま

感じたことを表す

これは、一つひとつの値が高い、低いに関係なくバランスが大切。

たとえば、

「A」を上げたい場合は、行動は、

言いたいことをしたいことを文章化する。

同じ状況下で、他人はどうするか考える。

自分の行動に無駄がないか確かめる、など。

「A 」を下げたい場合は、行動、は、

最後まで相手の話を聞かない。

「なぜ、どうやって」に関心をもたない。

ニュース解説や社説を読まない、など。

あと、行動の他にも言葉を積極的に使い、自己改革していく方法も。

たとえば、

「FC」を上げたい場合の言葉は、

「それは面白そうだ」「やってみよう」

感嘆詞をたくさん使う

ユーモア、冗談を言う

「FC」を下げたい時の言葉は、

「ゆううつだ」「悲しい、さびしい」

「いやだ、つまらない」

「仕方ない」

あと、「FC」は子供、ペットと遊んでも上がるらしいので、今日、子供と遊んでも子供になります。

ロングボブ、

レイヤーがあまり入っていないため

重くなりやすく、

横に広がりやすいので

スキバサミで髪の量をとって

タイトに見せるスタイルですが、

ステップボーンカット

(小顔補正立体カット) なら、

ベースカットで毛量を調節と骨格補正が

でき、専用のトリートメントを入れながら切るのですかなくてもスッキリしたシルエットと髪か艶が手に入ります!

ステップボーンカット

体験価格

8.640 → 7.560

11月末まで。

エゴグラム

心理カウンセラー養成講座に行った時、みんなでやったエゴグラム。

本でも復習。

人には5人の「私」がいると言われています。

NP 思いやる

あるがままに相手を受け入れる

CP 価値付る

自分のあるべき状態を示す

A 考える

事実を観察し、比較し、合理的に考える

AC 合わせる

一緒にいるために相手に合わせる

FCあるがまま

感じたことを表す

ちなみに、

僕は「A」アダルトがもっとも高い結果に出やすく、

「FC」フリーチャイルドがもっとも低い結果にでやすいです。

う、うん。ちょっと当たってる気がする(笑)

ミディアムボブ


毛量が多く、強いクセ毛のお客様。

乾燥毛でとても痛みやすい髪質です。
すきすぎるとひっかかりがでてしまうタイプ。
ご自身もそれを自覚されているので、

過去の経験からスキハサミを使うのを

拒まれます。
でも、そのまま、すかずに仕上げてしまうと、

髪量のせいで頭が大きく見えます。
ステップボーンカットなら、

すかずに毛量を減らして、

デリケートな毛先もしっかりキープ。
髪と髪の間に空間ができるので、

髪も乾かしやすい!

大変喜んで頂けました!!
Step bone cut

献血とカルピス

ギランバレー症候群の治療薬に

免疫グロブリンというものがあり、

これは献血によって多くの人の血液から取り出された抗体の薬です。

献血してくれた人のおかげで助かったので、

退院したら献血行こう計画を立ててました!

実際、行ってみたら結論から言えば

できませんでした。

献血には、

「完治」した人という言葉が使われていて、

それには、腱反射の消失・減退も含まれるということらしいのです。

別室に通され医士の方が直接説明してくれました。

ギランバレー症候群は腱反射が消失または、減退します。僕もその中にはもれなく入っていてあまり良くなる見込みもないので、この先も献血は難しそうやなぁと聞いていました。

医士の方がとてもオブラートに包んで説明してくれました(笑)

そして、ご休憩だけでもとカルピスを頂きました!

ということで、

僕の変わりに献血を行ってください(笑)

(丸投げ)

よし、カルピス飲んで帰るぞ!!

不安や悩みがあってもブレない。

これはただ単にネガティブなものから目をそらし都合のいいものだけを見ようとする、苦しい感情に目を向けない

「逃げのポジティブシンキング」

ではありません。

 

人は、生きていたら悩みの1つや2つ出てくるでしょう。

良くあるのが、何か問題や都合の悪いことが起こった時、

「こんなこと考えても仕方がない」

「気持ちの問題だ」 と目をそらす。

そういう姿勢が真のポジティブシンキングだと言えるのか?

ポジティブシンキングを真の問題に目を向けないように、都合の悪い現実から逃げるための言い訳にしてしまっている。

 

しかし、あなたが

「そんなこと考えても仕方がない」と、その場を乗り気られたとしても、

心の底では

「都合の悪い問題だ」と思っている限りその問題「は都合の悪い問題」としてあなたにつきまとうことでしょう。

どんな問題も目をそらすことでは解決することはできません。
その問題と真っ向から対峙し、その問題を中にあるにあるポジティブな意味を積極的に見いだすことでしか、 問題は乗り越えられないのです。

 

なぜなら、
「問題には意味がある」からです。

 

その問題の中に「良き意味」を自分から掴みに行くこと。

それが攻撃的ポジティブシンキング。

攻撃的ポジティブシンキングこそが壁を乗り越えるため必要なのです。
自信と勇気をもって都合の悪い問題に真っ向から挑んでくたさい。

大切なのは、

都合の悪い状況に直面した時、

そこから目をそらす のではなく、

じっと見据えて、

「そのネガティブな状況の中からポジティブな何かを発見しようと努力する姿勢」

なのです。

 

たいていの場合は、

都合が悪いものごとが起こった場合、

人はそれを

思い通りにいかないもの、

つまり、

と認識します。

この壁は、

少し見方を変えれば乗り越えられるもの、

まったく乗り越えられそうにないもの

人によっては捉え方は様々です。

 

それを壁だと思っているということは

では、

壁に目を向けてみましょう 。
あなたは壁に直面するとか壁にぶつかったと考えたとします。

壁にぶつかると普通はすぐネガティブな感情になり考えなりを持ってしまいます。

しかし、前の記事に書いたように、それでもネガティブにはポジティブへの信頼があるのでした 。

攻撃的ポジティブシンキングはネガティブは幻想に過ぎないということ理解し、 その真相になるためのポジティブな状況をしっかり見極めようとします。

そこで考えてみてください。
だめだと壁にぶつかってしまったと感じる時のあなたはネガティブな発想はどんなポジティブな土台があるでしょうか?

その先が全く虚無の空間である壁の存在しません。

何かがその先にあることを壁と呼ばれる のです。
壁というのはそういうもの。

 

つまり、

それを壁だと思っているということはその壁の向こうに
何かがある、

道が開けているということ
をほかならぬ、

あなた自身が知っているということ。

 

今、壁にぶつかっていると思っているということは実はあなたはその先へ進んで行ける可能性を信じているということです。

でも、理屈はわかるけど、現実問題として本当に困難な状況になった場合そんなふうに考えられない思う人もいるでしょう。
そんなの気休めだと思っている人もいるかもしません。

 

潜在意識と 意識 

しかしそうやって考えているのはあなたの意識です。
これは意識ではなく潜在意識の世界のことなのです。

どんな人も自分が意識だけで生活していると思っていないはずです。
頭では仕事に取りかかろうと決めてもどうしてもやる気が起こらないというようなことは誰にでもあると思います。

今日から本を○○ページ読もうなど、思っているのにできない・・・

このことから、自分は心はひとつではないらしいということは誰だって経験的に知っています。

頭で意識している部分の、

心の更に深いところに隠れたもう一つの心がありそうだということは心理学を勉強してなくても経験済みでみんなわかっていることなのです。

その、なかなか自分の思い通りにさせてくれないのが潜在意識です。

 

意識と潜在意識は陰と陽のようにどちらが片方では成り立ちません。

そして潜在意識の世界と意識の世界の関係は反転しています。

意識の世界では壁にぶつかって、がっかりしている時、

潜在意識の世界では、その壁を越えて成長するあなたがすぐに動き始めているということ。

だから、
夜明けの直前が一番暗いということわざは潜在意識的に言えば的を得ています。

逆に言えば、

意識の世界で物事がうまく進んでる時には潜在意識のレベルでは困難な状況と戦っている時だとも言えます。

だから、 「成功しているときにこそ、 慢心するな」
という古くからあることわざも潜在意識の世界の理にかなっているわけです。

壁にぶつかったとあなたが感じているその瞬間にはあなたの潜在意識はすでにその壁を越えてはじめています。

意識のレベルで信じようが信じまいが直面したと思った時点であなたの潜在意識はすでにその壁を越える準備ができつつあります。

この観点から言えば、ものごとがうまくいってるかいないかを判断するのは間違っているかもしれません。

期限を切って、この日までにこうならないと失敗するという判断はいったんおいといて、待つことも必要ではないでしょうか。

つまり、

潜在意識に時間を与えるということ。

 

このことから、

問題に目をそらすことなく、正面から向き合いながら、

ゆっくりと、のんびりと、

腰を据えてじっくりやっていく。

そんな姿勢なら不安をは少なくなるのではないでしょうか。

 

不安や悩みは生きていれば、

必ずあります。不安や悩みはをゼロにすることは不可能です。

大切なのは悩みを解消することではなく、

不安や悩みがあってもブレずに生きていけることだと思います。

 

認知行動カウンセリングでは、
悩みのもととなっている思考を見つけ出しその思考で何を得ていて何を失っているのかを検討し、
そこから一度に悩みになっている思考の真逆の思考を作ります。

(反対思考)
反対思考から物事の事実に基づいた、良い面を積極的に捉えていくため、思考の選択肢が広がり、問題となった過去の出来事の事実把握し、検討することで記憶の書き換えと気づきが起こるため柔軟な考え方で対処できるようになります。
積極的に不安や、悩みがあっても、なくてもぶれずに生きて生きたい方、

お待ちしております!

 

カウンセリングのご予約・お問い合わせは⇩

http://enmoto.moo.jp/%e3%82%ab%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0/