ずっとポジティブに生きていくのってキツくないですか?

最近はそんなこと考えています。

私ごとですが、

難病により、体力が低下しているのは自覚しているのでゆっくりと暮らしています。

が、

最近は

結構元気になっていたので、

調子にのってしまい
娘と遊ぶときに結構動いてしまいました。

すぐに、体はこれに反応して、
ふらつき、疲労感を引き起こしてしまいました。

結局家に帰って、
4時間ほど睡眠をとって回復しました!

この時、僕は、

「まだ影響があるのか…」
(2017年にギランバレー症候群にかかっています)

「てっいうか、そもそも、自分が根性がないだけじゃないのか…」

などなど、
様々な思考が沸いてきます。

で、

結局、

「そんなこと言っててもしかない。
やらなきゃ…」

となるのですが、

一件、最後、
ポジティブに移行したかのように見えますが、これって結構不安ですよね!

やったらまた、ふらふらになるかもしれないから。

ふらふらや疲労感が来るかもしれないと言う状況の中でやる。
(もう座ってるのもしんどいレベルです)

これって、
ポジティブじゃなくないですか?

(クライアントさんとお話ししていてもこういう考え方は結構多いです)

 

ここに隠れているのは、
「自分は、体力があって元気じゃなければならない」
そういう価値観です。

その価値観が、苦しくしているんですね。

 

つまり、

自分がどういう価値観を持っているかで捉え方が変わるんです。

 

で、今回やったのは

「ふらふらになっても良いじゃないか、その時は、思いきり休んだら良い。」

そう思ったのです。

 

こっちのほうが、
逆にポジティブじゃないですか?

しかも、

心おきなく動ける!

心おきなく休める!

良いことだらけですよね!!

 

 

 

何が言いたいかというと、

この世界は、
光と陰がセットのような関係でできています。

「求めない」と

決めたとき

「求めるものが手に入る」

「動かない」と

決めたとき

「行動的になる」

 

 

つまりは、

自分を責めても

環境を責めても

他人を責めても

何も変わらないんです。

 

 

物事を『正しい・悪い』を

決めているのは、

すべて自分の価値観です。

 

自分がどういう価値観を持っているのか?

なぜそれを受け入れられないのか?

すべての悩みはこの問い中にあります。

 

そして、

自分の価値観をチェックし、
今の自分と、今の自分の現状を
受け入れることからはじまります。

 

ポジティブはもう必要ないのかもしれません。

 

 

自分の価値観をメンテナンスされたい方は👇

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

潜在意識と悩みの関係!

なぜ、

潜在意識と悩みは関係しているのか?

今日は、それを書きたいと思います!

 


潜在意識と顕在意識


人間の意識を大きく分けると、

顕在意識と潜在意識の二つに分けることができます。

 

人は

顕在意識は、5~10%

潜在意識は、90~95%

で生きていくと言われています。

 

顕在意識は、
計画、計算、判断、などです。

つまり、
実際に表面に出てくる自我のようなものです。

例えば、
自分自身ではっきりと確認できる、

損得勘定や、
他の人に対する好き嫌いと言ったもの、

つまり、

頭や理性で考える理屈みたいなものと言えるでしょう。

 

それに比べ、

潜在意識は、

「知らぬ間に、何々していた」

などと表現されるような言わばクセみたいなものです。

 

 

頭を考えていないのに、

「つい日頃の習慣で体が動いてしまう。」

「あとから考えれば分かるのに、なぜ?」

そういう経験が誰にでもあるでしょう。

 

つまり、

潜在意識は無意識です!

 

 


潜在意識!


 

潜在意識で起こす、考え方の癖や行動は、

頭で考え、脳から体へ意識的に命令をするのではなく、

体自身が本能や習慣によって行動を起こすのです。

 

それは、

「あることをしながら自分のしていることに気づかないこと」

つまり、

潜在意識の領域は、

自覚されることなく、
行動や考え方に影響を与える領域はなのです。

 

潜在意識は、思考の癖、楽な姿勢など
がいつもの癖で
「つい出てきてしまう」のです。

しかし、

この「つい出てきてしまう」
思考の癖や行動は、

今は無意識ではありますが、

実は以前、
自分で潜在意識に取り込んだものです。

 


潜在意識は、自分が学んだものが入っている?


 

在意識には、以前、

学んだものしか入っていません。

では、それを学んで、いつ取り込んだのか?

 

「そんなもの取り込んだ覚えはない!」

そう思うかもしれませんが。

しっかり自分で取り込んでいます。

 

 


幼い頃に作られる潜在意識!


潜在意識のが出来るのは、

0歳から約13歳までと言われています。

それ以降は、
人は顕在意識で生きていくので、
自然には潜在意識に書き込まれません。

カウンセリングを進めて行く中で、

問題がなっている思考を見つけて、

潜在意識が関係していそうなら、

「過去に何かなかったですか?」

そう聴くことがあります。

 

すると、

ほとんどの方が、

「そういえば…」

忘れていた子供の頃の出来事などを思い出されます。

 

カウンセラーが的確な進め方をすれば潜在意識は、ちゃんと思い出してくれます。

 

つまり、

本人は取り込んだことすら忘れていて、気づけないのです。

 

実際、

「カウンセリングを受けるまで、
そんなことは忘れていた…」

いう人がほとんどです。

 

 


その思いや、思考の癖に

気付くことが大切!


潜在意識に、幼い頃取り込んだ、

思いや考え方。

 

しかし、

僕らはもう大人です。

 

問題の原因となる思考をしっかりと見極め、そこに気が付けば解決できます。

 

潜在意識の中に入っている多くは、
子供と頃な取り込んだため、
大人から見たら間違っているものも数多くはあり、もう今では要らなくなっているものあります。

 

そして、
自分自身がそれを発見して、

腑に落とし、

要らない、変えようと決めれば、

自分で取り込んだものですから、
自分で変えることができるのです。

 

1番の問題は、原因に、
「気づけないこと」
です。

気づけないから変わらないのです。

 

悩みの原因なっている思考を見つけて、気づき、変えると決める。

それを、サポートするのが、

カウンセリングです。

 

カウンセリングご予約は👇

(4月末までモニター価格です)

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

カウンセラーして、大切にしていること。

僕が

カウンセリングをしている時に、
大切にしていること。

 

それは、

第一原則として、

人と自分は全く違うという前提です。

 

 

 

人は似たよう経験をしている人はいるかも知れませんが、

自分と同じ経験をした人は、
世界に誰一人としていません。

 

 

 

僕はこの前提をとても大切に
しています。

 

 

 

それは、どういうことか?

 

 

例えば、

 

僕はラグビーをしていました。

 

そして、

今日、知り合った人が違う学校でラグビーをやっていたとして、

怖いコーチの話になったとします。

 

 

そして、

2人ラグビー部員は、怖いコーチについて話始め、
共通の話題を見つけ、あたかも同じような体験をしてきたという親近感を覚える仲良くなっていきます。

 

 

そして、
怖いコーチにどう接したら良いのか?

その答えを話し合い、
答えを見出だした。

 

 

でも、多くの場合、
その答え、解決法は役に立ちません。

 

 

仲良くなるためには良いことですが、

カウンセリングでは間違ったやり方です。

 

 

それは、
先程の書いた通り、

人は似ていても一人、一人まったく経験が違うのです。

 

 

年代が同じ、
ラグビーをしていることは同じ、
同じくらいのレベルのチーム。

 

 

そして、

同じく怖いコーチがいる。

 

それに対する対処法。

 

 

 

一見、

良い相談が出来たかに思われますが、本当にそうでしょうか?

 

 

 

違いますよね!

 

 

コーチは別人です。

2人のコーチの年齢も違う、

2人のコーチがどれくらい怖いかも違う、

2人のコーチの思想ももちろん違う、

2人でコーチの育った環境も違うんです。

 

そして、
2人のラグビー部員も色々違うわけです。

 

そもそも、
話している2人の捉え方が違うわけです。

 

 

極端な話、
共通点はただラグビーをしていただけ。

 

 

普段会話なら、
これで良いのですが、

カウンセリングとなると、

 

 

「あっ、自分と同じだ!」

と思った瞬間、失敗します。

 

 

それは、
相手が体感した出来事、
真実が見えなくなってしまうから。

つまり、
自分の経験則に当てはめて考え、
真実が見えなくなってしまうから

 

 

だから、

僕はカウンセリングをする時は、

 

常に

「自分は分からない」

「クライアントさんに教えてもらう」

その姿勢で挑みます。

 

頭を真っ白にして、
話を聴く。

これって本当に面白いんです。

 

そうしていくと、
クライアントご自身が見えなかったことも、客観的に見えてくるようになるんです。

 

 

だから、

いつも僕は場合は、

真っ白な状態でお話を聴かせて頂くということを大切にしています。

公認カウンセラー。

 

日本こころカウンセリング協会、

公認カウンセラーとなりました。

これは、
入院にカウンセリングのモニターになって頂いた方、退院してモニター価格にて、カウンセリングさせて頂いた方のおかげです!
ありがとうございます!!

これから、また、
心理カウンセリング、美容、
講座など活動の場を広げていけたらと思います!

僕が本格的にカウンセリングをやり始めたのは病気で入院してた時、
ベッドの上で自分で自分自信ををカウンセリングしていました。

誰かに、
カウンセリングをしてもらったわけではないんですが、自分で自分をカウンセリングして、
その時、身体は元気ではなかったけど、
心は元気に保てていました。

そして、
自分で自分自身でカウンセリング出来るようになってから人にも出来るようになり、

Facebookでカウンセリングモニターを呼びかけて、病院にわざわざ来てもらって
入院中にカウンセリングさせて頂いてました。(病院一階にある、LAW○○○の前にあるテーブルでハーブティーを飲みながらカウンセリングさせて頂いてました。懐かしいです。)

心理カウンセリングを、
自分自身のために出来るようになり、
人にもカウンセリング出来るようになってから、自分の心の軸というものは明らかにしっかりしたと思います。

ということで、

自分で自分自身と向き合えるカウンセリング。

つまりは、

僕が入院中、
ベッドの上でやっていたカウンセリングの方法を伝える
【自分で出来る心理カウンセリングを講座】とか出来たらと思っています。

そこから始めてみよう!

心理カウンセリングのご感想!

とても喜んで頂いたようです!

以下感想
(ご本人に許可を取っています)

女性

━━━━━━━━━━━━━━━━

セッションを受けました。

意外なことにきずかせて頂きました。
手の届かない所に届いた❗って感じになりました。

思わず涙が止まらなくなりました。
泣くことも怒ることも我慢してましたが、 セッション中、ティッシュが離せませんでした。

肉親を憎んでました。

でも、そこからは何も生まれないってわかってました。

「怒ってもいいって許可をしていい」って言われた時に、心が軽くなりました。

そして、その思いから 手放す、さよならをするって決めることができました。

セッションで気づけたこといっぱいありました。

ありがとうございます。

━━━━━━━━━━━━━━━━

クライアントさんは、
沢山の我慢をして来られた方でした!

これからは、
楽しく人生を生きてほしいと思います!

心理カウンセラーやってよかったなぁと
思う一日でした!

カウンセリングのご予約は👇
モニター価格は4月末までです。

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

悩みを一瞬で消し去る方法!

悩みが解決してらどうなるのでしょうか?

 

清々しい状態。

パワーが溢れる状態。

楽しい状態。

 

 

求めるものは、
人によって色々あると思います!

 

 

僕は心理カウンセリングに出会ってから、

以前に比べるとかなり、

「心穏やかな状態」です。

 

 

それは、
日々色々あるのは、
あるけれど、

もともと悩むべき問題はないと
知ったから。

 

これが悩みの落としどころかもしれません。

 

 

悩みはなぜ、発生するか?

それは、

「今が自分の望んでいるものではないから」

ですよね!

 

 

でも、
同じ現実でも、
悩む人と悩まない人がいます。

 

それは、
人それぞれ気にしているところが、
違うから。

 

 

例えば、

僕は、
大人数が苦手です。
少人数の方が得意です。
(変に緊張してしまうから)

それで、メチャメチャ悩んでいる人もいますよね。

「俺は少人数のほうが良いのに、
今日は大人数。緊張してしまう…
どうしよう…」みたいな。

 

 

しかし、

悩みに共通して言えることは、

「その問題を解決しなければならない」本人が思っているということです。

 

 

その問題を解決しようという思いは、

解決すべき問題があるという、
考え方です。

 

 

でも、

「大人数が苦手でもいいやん。
緊張しても、別に誰が何してくるわけでもないし。
ていうか、行かんかったらいいやん!」

という、

考え方でも、
本人が良くて人に迷惑をかけなかったらそれでも良いわけで。

 

「緊張してる俺最高!!」

とか言って、大人数のところに行っても
良いわけです。

 

 

つまり、

出来事に対して、
どこに焦点を当てているか?

 

悩みに焦点を当てた人だけが、
悩めるのです。

 

 

解決すべき問題に焦点を合わせている時、

悩みは現実に現れます。

 

 

でも、

「今のままで良い!」

それは、

「解決すべき問題などもともとない!」

という考えた方です!

そう思えた時、

悩みは消えてなくなります。

 

つまりは、

悩みも幻なのです。

 

 

そうなるように、

サロンワークでも、
カウンセリングでも、

お客様の、

「ありのままを認める」

ことを大切にしています!

 

 

しかし、
頭では理解できることと、
無意識レベルで起こることは違います。

 

 

人はなかなか、
自分のありのままを認められないのです。

 

つまりは、
自分が自分のことを認めていないのです。

 

それは、
潜在意識の中の思い込みがあるから。

 

 

そのために、
カウンセリングで
潜在意識は味方につけるのです。

 

心理カウンセリングのご予約は👇

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

【引き寄せの法則から見た、行動って?】

 

 

行動は重要。

そんなこと、誰もが知ってます!

 

 

 

でも?

っていう、

疑問持ったことないですか?

 

 

行動しているのに報われない!

そんなこともありますよね!

 

 

でも、

あなたが今までやってきた、

努力、行動が、

 

 

もし、

 

 

報われていないのであれば、

その行動をして何かを実現するためではありません。

 

 

行動は、

あなたが思考を通じて、引き寄せるものを楽しむための手段です。

 

 

時間をかけて思考をコントロールし、望んでいる方向へと整え、

そして、

現実を信じて待つことができれば、引き寄せの法則より望みは叶うかも知れません。

 

 

しかし、

【ちゃんと時間かけて思考を整える】

このことをしっかりせずに、

それを行動で補い望みを叶えようとしても無理です。

 

動けばなんとかなるだろう的な…

「こうして、こうなったらいいな!」
と思う望むことを考えている時にとる行動は楽しいです。

 

それは良いことです。

 

しかし、

望みが、
まだ叶ってないとか、
叶うわけがないと思いながら、
その行動をしているのであれば、

 

それはイヤイヤとる行動であり、

それが良い結果をもたらすことはありません。

 

 

それは、

苦しい行動となります。

 

 

何かをやりたいなど、

本当に心から望むもの。

それを感じたときは、

あなたの思考と望みが矛盾しておらず、エネルギーの良い状態が証拠です!!

 

 

 

何かをやろうと、

気合いを入れなければならない時、

また、

行動しても、

想う結果が出ないような時には、

「望みなんて叶わない」

と考えている可能性が高いです!

 

 

 

でも、人は行動を重視しがちです。

 

 

 

行動を重視する人が多いのは、
やり方を重要視して、
あり方を重視しない人が多いかも?

 

 

 

思考の使い方が上手になってくれば、
それほど行動しようと思わなくなります。

 

 

 

僕も病気になる前は、

「行動こそすべて!」

そう思ってました。

 

 

 

でもね。

 

 

思うんです。

 

 

 

 

病気が回復してした時、

病気がビックリするくらい回復して、仕事に復帰できました。

 

 

 

それって、僕の力じゃないんです。

 

 

 

多分、

そう決まっていたのではないか?
と思うわけです。

 

 

つまり、
大きいな道筋は、
おおわか決まっていると思います!

 

 

 

 

その観点から言えば、

 

 

行動しても、行動しなくても、
結果は同じでしょう?

 

(病気に関して言えば、本当にそう思います。)

 

 

 

だから、

無理しなくてもいい。 

 

むちゃくちゃ行動しなくてもいいんです。

 

 

どうせ、結果は決まっているのだから。

 

 

ゆっくりで良いんです。

むしろ、

ゆっくりが良いんです!!

引き寄せ法則は、生き方!

 

引き寄せの法則って知ってますか?

 

 

自分が求めていること。

やりたいこと。

ほしいもの。

また、

望んでいないこと。

求めていないこと。

すべての現実は、

自分が引き寄せているという考え方です。

 

しかし、

引き寄せたいことが明確になったとして、

それはいったい、

いつ引き寄せられるのでしょうか?

いつ実現するするのでしょうか?
その答えは、

時期が来た時。

 

 

 

引き寄せの法則で、
思いが実現する時期は、
植物の花が咲くのに似ています。

 

 

桜の花が咲くのに冬では咲かない。
何月の何日に咲くのかもわかりません。

 

それは条件が合い、
時期がときに咲くもの。

 

つまり、
タイムラグがあるのです。

 

 

 

あなたは思考します。

こうなりたいと。

 

 

 

では、

目を閉じて、
どこでもドアをイメージしてください。

 

そのドアを開けたら、
自分のよく知る場所、

例えば、
「自分の部屋」が拡がっています。

 

どうでしょう?

 

 

 

すぐイメージして
自分の部屋へ行けたのではないでしょうか?

 

 

でも、

今は自分の部屋とは違う場所にいる。

 

そうした場合、
移動する時間がかかり、
タイムラグが生じますよね!

 

頭の中ではすぐに実現できたとしても、
僕らは肉体を持っているので、
実現するまでにタイムラグが生じるのです!

 

でも、

タイムラグを、
僕らは待つのが苦手です。

 

 

せっかく思考の種子を蒔いたのに、
実がなる前に刈り取りたくなって、

すぐに種子を掘り返したり、
芽が出たらすぐ刈り取ってしまったり、

最悪の場合、
「この種子は芽が出るのか?」
と疑って掘り返したりします!

 

 

これでは、
立派な実をつけ、収穫ということにはなりません。

 

 

実は、

この「早く刈り取りたい」という、
思い、不安のエネルギーです。

冒頭で書いたように、
すべては自分で引き寄せてしまうのでした。

ということは、

「この種子を芽はでるのかな?」
「本当に大丈夫かな?」

という思いで、
早く刈り取りたくなる。

そして、

疑いや不安のエネルギーとなり、
やっぱり、芽が出ないという、

思い通りの現実を創ってしまうのです!

 

しかし、

れを防ぐ方法があります。

 

 

 

それは、

 

「のんびり待つ!」

 

 

つまり、

タイムラグはありますが、

「こんなことしたい!」
「あんなことしたい!」

種子を蒔いておけば、
勝手に育つので、
待っておけば良いのです。

 

 

時期が来たら、その願いが叶います。

 

 

 

すべてが、
自分で引き寄せているのであれは、
自分で変えられる。
自分で現実が変えられる。

 

ということは、

引き寄せ法則というものは、

起こったことは、

すべてを自分で責任を取るっていう生き方です。

 

「思っているだけで、待っているだけじゃ叶うか分からないじゃないか!!」

そう思った人もいるかもしれませんが、

 

 

でも、

 

思わないともっと叶いません。

 

こうなりたいと思わない限り、

叶わないのです。

 

 

それは、「思い」ではなく、

「想い」

 

 

 

そして、
引き寄せ法則の実践は、

武士道や武道のように
自分を見つめることなのかもしれません。

スタイルチェンジ!

 

気分も上がる!
とても、喜んで頂きました!

Cut × parm × designcoror  × treatment

27.000

 

(わずか20秒でリフトアップする小顔ミスト、好評です!4800+税)

#ステップボーンカット
#ステップボーンカット認定スタイリスト
#ステップボーンカット認定サロン
#幻の美容室
#あなただけのために出現する美容室
#小顔カット
#小顔補正立体カット
#痩せて見える
#顎ラインスッキリ

 

 

親が嫌いという思いに捕らわれない!

 

親の事が嫌い!

このテーマは、
カウンセリングをしていて本当に多いです。

(全部これなんじゃねーの?って思うくらい。

まぁ、当然、違うときもありますけどね!)

 

前に潜在意識の話を書いたときも出てきたかもしれませんが、

顕在意識は、
0歳~13歳までに作られると言われています。

 

 

ということは、
一番、一緒にいる時間の長いのは、
当然、親になるので、
当然、影響してきます。

 

 

そして、
子供はソフトの入っていないパソコンのような状態で生まれてきますから、(純粋な状態)

 

最初から親が嫌いなわけではありません。

 

むしろ、
子供は親の事が無条件に大好きです。

 

 

では、
なぜ親が嫌いなのか?

 

それは、
ほとんどの場合、

どんなに頑張っても、自分のことを決して認めてくれなかったからではないでしょうか?
(自分の思うようにしてもらえなかった)

 

 

大好きな親に認めてもらうため、
子供は一生懸命頑張ります。

 

 

でも、
頑張っても、頑張っても、
認めてくれない親。

 

 

「自分を認めてくれなかった人。」

いつしか子供は親を嫌うようになります。

 

 

しかし、
潜在意識に親の価値観が影響しているため似たような生き方をしてしまいます。

 

 

 

自分に、親の価値観が大きく影響していることを知って、

 

「あんな親じゃなかったら。」

と、さらに嫌気がさしてくる。

 

 

自分を認めてくれなかった嫌いな親。

それでも、
まだ親の価値観に影響され続けていく。

でも、
もう良いのではないのでしょうか?

 

 

 

本当は
好きでも嫌いでも、
もう親なんてどうでも良いのです。

 

 

大人になったあなたは、
十分一人で大丈夫!

 

 

そして、

親には親の事情があり、
あなたがどうしたって、
認めてくれません。

 

じゃあ、
もう認めてくれなくても良いのではないでしょうか?

 

 

どっちにしても、
認めてくれないのですから、
それにあなたが付き合う必要もないのです!

 

 

ほっておいて自分の人生を生きましょう!

 

 

認めてくれない親を責め続け、
その価値観で生きている自分を責め続けるのをやめる。

 

 

まずは、
誰がなんと言おうと自分自身が自分の価値を認めるところから始めましょう!

 

それができるようになった時、

「人には人の事情があるし、
親には親の事情があったんだろう…

まぁ、いいか!

大変だった中、ありがとう!」

と思えるようにかもしれません。

 

カウンセリングのご予約は👇

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/