平野・天王寺・本町 ステップボーンカット(小顔補正立体カット)専門店 en 心理カウンセリング

ずっとポジティブに生きていくのってキツくないですか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

最近はそんなこと考えています。

私ごとですが、

難病により、体力が低下しているのは自覚しているのでゆっくりと暮らしています。

が、

最近は

結構元気になっていたので、

調子にのってしまい
娘と遊ぶときに結構動いてしまいました。

すぐに、体はこれに反応して、
ふらつき、疲労感を引き起こしてしまいました。

結局家に帰って、
4時間ほど睡眠をとって回復しました!

この時、僕は、

「まだ影響があるのか…」
(2017年にギランバレー症候群にかかっています)

「てっいうか、そもそも、自分が根性がないだけじゃないのか…」

などなど、
様々な思考が沸いてきます。

で、

結局、

「そんなこと言っててもしかない。
やらなきゃ…」

となるのですが、

一件、最後、
ポジティブに移行したかのように見えますが、これって結構不安ですよね!

やったらまた、ふらふらになるかもしれないから。

ふらふらや疲労感が来るかもしれないと言う状況の中でやる。
(もう座ってるのもしんどいレベルです)

これって、
ポジティブじゃなくないですか?

(クライアントさんとお話ししていてもこういう考え方は結構多いです)

 

ここに隠れているのは、
「自分は、体力があって元気じゃなければならない」
そういう価値観です。

その価値観が、苦しくしているんですね。

 

つまり、

自分がどういう価値観を持っているかで捉え方が変わるんです。

 

で、今回やったのは

「ふらふらになっても良いじゃないか、その時は、思いきり休んだら良い。」

そう思ったのです。

 

こっちのほうが、
逆にポジティブじゃないですか?

しかも、

心おきなく動ける!

心おきなく休める!

良いことだらけですよね!!

 

 

 

何が言いたいかというと、

この世界は、
光と陰がセットのような関係でできています。

「求めない」と

決めたとき

「求めるものが手に入る」

「動かない」と

決めたとき

「行動的になる」

 

 

つまりは、

自分を責めても

環境を責めても

他人を責めても

何も変わらないんです。

 

 

物事を『正しい・悪い』を

決めているのは、

すべて自分の価値観です。

 

自分がどういう価値観を持っているのか?

なぜそれを受け入れられないのか?

すべての悩みはこの問い中にあります。

 

そして、

自分の価値観をチェックし、
今の自分と、今の自分の現状を
受け入れることからはじまります。

 

ポジティブはもう必要ないのかもしれません。

 

 

自分の価値観をメンテナンスされたい方は👇

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA