自分を変えるために自分を信頼する!

カウンセラーとして活動して約1年が経ちました。

おかげさまでたくさんの方のお話を聴かせて頂きました!ありがとうございます!!

で、ブログです!

 

「自分を変えたい」「相手を変えたい」「環境を変えたい」「何かやりたい」などなど、

「今の状況から変わりたい」という時、

その前にやることがあるようです。

 

すぐにでも変わりたい気持ちはわかりますが、

カウンセリングもヒプノセラピーも魔法ではありませんので、

 

テレビの催眠術ショーみたいに、魔法がかかったようにすぐに変わったら良いかもしれれませんが、残念ながら、

突然ガラリとは変わらないのです。

 

 

 

 

 

 

今の自分をすぐに変えたい?

 

テレビの催眠術の番組を見たことがあると思いますが、

 

例えば、

高所恐怖症のお笑い芸人が催眠術によってバンジージャンプが飛べるようになったり、

水を飲んで酔っ払ったり、

自分がハトだと思ってハトみたいな歩き方をしたり…

そんなシーンがテレビでやっているのを見たことがあると思います。

 

 

何か魔法にもかけられたような不思議な光景に見えます。

あんなふうに、すぐなりたい自分に変えれたら…

 

しかし、
催眠術とはすごく簡単に言えば一種の混乱状態を作り出すことによって、

非日常的な振る舞いをさせるという技法らしいのです。

 

 

 

 

催眠術でもいきなり人を変えることはできない。

 

催眠術師のよくわからないあの仕草、
そしてド派手な衣装、
テレビカメラや証明、
会場の盛り上がり、
そして怪しげなBGMなど、

全て混乱状態を作り出すための演出。

 

 

もちろん全ての人が入る混乱になるわけではないそうです。

 

 

もともと暗示反応性の高い人だけを選んで催眠ショーは行われるらしいです。

 

 

暗示反応性の高い人というのは、
催眠術師の暗示をすぐに反応するタイプの人です。

 

 

簡単に言えば混乱しやすい人だということ。

 

例えば10人の人がいたら確率としてそのうちの一人ぐらいは極めて暗示反応性の高い人がいるようです。

 

 

ということは

100人いれば、
10人いるわけです 。

 

これだけかかりやすい人がいれば、

立派なショーになるはず。

 

 

これが催眠ショーの
カラクリらしいです。

 

 

つまり、
催眠術師がすごいパワーを持っているわけではなく、
元々暗示に極端にかかりやすい人たちを見つけ出す技術を持っているだけ。

 

 

どんなに魔法のように見えても、ただの混乱状態。

 

 

催眠ショーが終われば元の自分に戻ってしまいます。

 

 

やっぱり高いところが怖いし、水は水、
人間だからハトではないわけです。

 

 

だから、

催眠術によってその人の性格や人格は変えることはできません。

 

 

好き嫌いとかちょっとした癖を直すことすら本当はできません。

 

催眠術というのはあくまでエンターテイメント、ショーです。

 

 

 

 

 

暗示反応性が強い人はプラスにもマイナスにも変わりやすい?

 

でも、
暗示反応性の高い人って
暗示がすぐに効いていいな!と思うかもしれません。

 

 

「自信がある!」と暗示を入れてもらえば、パッと自信がでる。

簡単でいい!!

 

自分もそうなりたいと思う人もいるかもしれません。

 

 

でも冷静に考えたら、
暗示性の高いということは、
要するに他人に影響されやすいのです。

 

 

プラスにも反応しますけど、
マイナスにも反応してしまうわけです。

 

 

 

そういう人は催眠術師に「君は素晴らしい人間だ!」と暗示を入れてもらえば、すぐに効果が出て自信満々になりますよね!

 

でも、
次の日、会社で上司に、
「お前ははダメだ!」と言われたら、
またその一言に同じように影響されてしまうということです。

 

 

やっぱり俺ははダメなんだ…
と落ち込んでしまうでしょう。

 

 

 

結局、
催眠術で自分を変えることはできないのです。

 

 

 

 

別人のようにと願っても変われない?

 

だから、
「これさえやれば、別人のようになれます」という、うたい文句に騙されてはいけません(笑)

 

 

しかし、
カウンセリングやヒプノセラピーは催眠療法はテレビの催眠術とは全く異なるものです。

 

 

 

 

初めて、カウンセリング、ヒプノセラピー(催眠療法)を受けた人は

「これだけなの?」

とがっかりしてしまうことも多いかもしれません。

 

 

「別人のような自分になると思った」
「劇的に変わると思ったのに」

というわけです。

 

 

 

「都合の悪い今の自分を全部取りかえて、別人になれたらどんなに楽だろう…」と あなたは思うかもしれません。

 

 

でも、
そうはいかないし、
そうは問屋が卸しません(笑)

 

 

 

つまり、
どんなにダメで嫌な自分であっても、
その自分からスタートしなくてはならないのです。

 

 

 

どんなにダメでもそこからスタート!

 

僕はギランバレー症候群という日本では難病指定のものにかかって、
歩けなくなってしまったことがあるのですが、どんなに願おうがどんなに薬を使おうが明日からいきなり歩けるようになるわけではなかったのです。

 

歩けない自分からスタートです。

そこからじみちにトレーニングです。

 

つまり、今、どんな状態でも

そんな自分を信頼して踏み出していくということ。

これが、自分を変える前にやるべきことだと思います。

 

 

 

 

今ある自分からスタートしなければ潜在意識は動かない。

 

全く別の自分に全部を変えてしまおうと夢見ても、それはできません。

 

自分が自分として生まれてきたからには、 最後まで自分は自分として生きていかなくてはならない。

これがまぎれもない事実です。

 

 

だから、
全く別人になんてなれません。

 

 

「何もしなくてもただこれだけで別人のようになります。」

 

「これをするだけだ、欲しいものを手に入れられます。」

 

などのキャッチコピーは甘い罠です(笑)

 

 

この言葉を釣られてしまうのは、
今の自分を信用していないからです。

 

 

自分を信頼してくれない誰かのために頑張る人なんでいないと思いませんか?

 

 

自分自身も同じですよね!

 

 

別人のようになりたいということは、
今の自分を信用していないということ。

 

それでは、自分自身も自分のために頑張ってくれないと思いませんか?

 

 

 

 

今の自分を信頼する!

 

そもそも別人のようになんか
ならなくても良いでしょう。

 

自分は自分は良いのです。

 

カウンセリングやヒプノセラピーはそういうスタンスでさせて頂いております。

 

 

別物になんかならなくても良い、

それより、
今の自分が楽しんで輝けるようにする。

 

それが自分自身を信頼することだと思います!

 

 

カウンセリングやヒプノセラピーは、別人のようになるためのものではなく、

本来の自分を見つけ出し、今の自分を信頼して踏み出していくためのツールです。

 

 

新しいチャレンジ!

 

話は変わりますが、

今、僕は美容室を2店舗お借りしているんですが、もう1店舗増やそうと思っていて、新しいチャレンジをしようと思っています!!

 

いつだって、今の自分からスタートです!

潜在意識を書き換える方法!

 

前回、

脳の構造や心の仕組みについて書きました。
そして、過去の記憶が与えている影響のことを書きました。

http://enmoto.moo.jp/counseling/kata/

 

では、
今回はそれをどうやって書き換えればいいのか?

 

過去の記憶、
それは潜在意識の中にあります。

 

 

 

 

 

人間の意識は大きく分けて2つ!

 

人の意識は2つあると言われていて、

1つは顕在意識、

もう1つが潜在意識です。

 

顕在意識は見て聞いて判断する意識で、
簡単に言うと頭で考える意識です。

 

では、

潜在意識ってなんでしょう?

 

 

それは、
無意識こと。

 

 

顕在意識と顕在意識の割合は、

 

およそ、

顕在意識が5~10%

残りが潜在意識です。95~90%

 

ということは、

人はほとんど無意識で行動していると
いうことになります。

 

 

人は無意識で生きている?

人は無意識で生きている、生活している

というのはおかしな話ですが、

 

 

今、自分の姿勢を確認して見ましょう。

 

 

足を組んでたり、肘をついてたり、
色々な人がいると思いますが、

 

それって無意識ではないですか?

 

つまり、潜在意識(記憶)に自分の楽なクセが入っているんです。

歩き方のクセなども人それぞれ、それも無意識です。

 

 

 

 

潜在意識はいつから作られる?

 

では、
この無意識ではいつから作られているのか?

 

それは、お母さんのお腹の中から…

 

勝手に動く心臓や呼吸器、
これも無意識で動いています。

赤ちゃんは、お母さんのお腹の中で無意識を作っているんです。

 

 

そして、
人間はまっさらな状態で生まれて来ます。

何も入っていない真新しいパソコンのように。

 

潜在意識は3歳までに75%でき上がると言われています。

 

そこから、
人は3歳~13歳までに、
親や兄弟、学校の先生、友達など影響され、
色々な価値観を書き込んでいきます。

そして、潜在意識は3歳までに約75%ができあがり、約13歳までには完成すると言われています。

 

そこからは、クリティカルファカルティーという膜が出来て、それからは潜在意識の書き込みはできなくなると言われています。

 

 

つまり、小さな子供が作った潜在意識。間違ったものが入っていてもおかしくはありませんよね。

 

 

潜在意識の書き換える方法!

 

基本的に書き換えができないと言われている潜在意識ですが、

 

大人になってからでも潜在意識の書き込みができる方法があります。

 

 

1つめは、
アクシデント(事故、病気、天災)
などに巻き込まれる。

地震以降、
物音がするとビクッとなるなど精神的に強いショックを受けた場合、
クリティカルファカルティを突き破って潜在意識を書き換えると言われています。

 

 

 

2つめは、
繰り返す

自転車なども、最初は乗れなかったのに練習することにより、無意識に乗れるようになれます。

 

つまり、
繰り返し反復練習することによって、潜在意識に落とし込み書き換えが可能になると言われています。アファメーションなども同様です。

カウンセリングでも、繰り返しカウンセリングを受け、偏った思考などを矯正していく方法も有効です。

 

 

3つめは、
催眠状態(ヒプノセラピー)

朝起きたての状態、
ちなみに夢は潜在意識意識の中を見ていると言われています。

また、

何か作業に没頭している状態、
集中して映画やドラマを見ている時が
これにあたります。

つまり、催眠状態とは、
リラックスして集中している状態。

人間は1日平均、十数回この状態に入っていると言われています。

この時、
クリティカルファカルティが薄くなり潜在意識の書き換えが可能になると言われています。

 

脳波でいうと、

アルファ波 12~8Hz
(リラックス、集中、瞑想)

と、

シータ波 8~4Hz
(深いリラックス、浅い眠り)

の間、7.8Hz
あたりが寝起きの状態。

ちなみに、
朝起きたてと、寝る前はマイナスのことを考えないほうが良いようです。

 

 

意識ははっきりとしているが深いリラックスしていて、副交感神経が優位、
また、大脳新皮質より大脳辺縁が優位になるので、顕在意識(頭で考える意識)が薄くなるので潜在意識にとどきやすくなります。

 

ヒプノセラピーは、
この状態でカウンセリングを行っていくので書き換えが早くなります。

 

 

身体の緊張がほぐれ、意識が一点に集中し、集中力が高まり、イメージが湧きやすくなります。

その集中力を潜在意識の内側に向けさせることによって、クライアント自らの力で問題解決へと導いていきます。

 

 

頭でわかっているけど、ついついやってしまうことがある方は、

カウンセリングはこちら!

ヒプノセラピーはこちら!

 

まずは、ショートカウンセリングを受けてみる?

捉え方を変えたら、現実が変わる!

 

なぜ、あの人はそう考えるのだろう?
そう思ったことありませんか?

 

また、自分でも、後で考えたら、
なぜそう考えたのか分からない…

 

たとえば、自信がない自分を変えられない…

何か問題になるような思い込みをしている時、

それは、
脳の中にある記憶が関係しています。

 

 

 

 

心は脳の中にある

 

現在脳科学では、

心は脳が紡ぎ出すものと捉えられています。

別の言い方をすれば、

心は脳の内的現象とも言えます。

 

 

ここで言う心には広い意味での
精神活動、

つまり、

思考、感情、記憶、学習などが含まれます。

 

 

 

脳の誕生の進化

 

46億年前に地球ができ、
38億年前に初めて生命が誕生しました。

 

 

それから長い年月を過ぎ、

約5億4200万年前から約4億8830万年前までとされるカンブリア紀に、

脊柱動物の先祖 プランクトンが神経管を創り出しました。

 

 

そして、
さらに59億年の歳月をかけ巨大脳が出来上がったのだそうです。

 

 

爬虫類までは、
嗅覚からの情報を処理して行動に反映させることに重点が置かれていましたが、

喜怒哀楽を感じる中枢である大脳辺縁系はありますが未発達でした。

 

 

 

それが、
哺乳類になると、
大脳新皮質が大きく発達し、
嗅覚以外に視覚など、素早い行動を取るために必要な情報は脳に取り込まれるようになりました。

 

 

 

特に人間は大脳新皮質が、
著しく発達しています。

 

 

大脳新皮質では、
喜怒哀楽の感情が出現し、
記憶する機能も発達していきました。

猿からヒトに至る進化の中で、
人の大脳新皮質は進化の歴史の中でも例を見ないスピードで拡大したようです。

 

 

 

 

脳の構造

 

犬や猫などの動物、
人間以外の動物も持っている進化的に古い脳、大脳辺縁系は、

 

記憶を司る「海馬」のほかに、
喜怒哀楽の感情、楽しい、楽しくないを判断する「扁桃体」。
やる気にかかわる「側坐核」。
意欲に関わる「帯状回」。
生命を維持している「脳幹」。
運動やバランス感覚を司る「小脳」なと
様々な部位があります。

 

 

 

大脳新皮質は、
知性や人間らしい行動を司る進化的には最後にできた新しい脳です。

 

 

思考を分析したり感情をコントロールする働き、また、計算、言語、分析をしたりする働きがあります。

 

 

また新しい脳の30%を占める
「人を人たらしめる脳」
と言われる前頭連合野という部分があり、
20歳ぐらいまでにかけて成熟します。

 

 

前頭連合野は、

身の回りにおきた出来事や体の状態、(現在)

思い出や学んだこと、
(過去)

先々のスケジュール、
(未来)

などにアクセスし、
そして、すごい量の情報の中から自分にとって意味のある情報だけを選んで、

その情報をもとに思考を生み出し、
行動や環境を適切にコントロールします。

 

 

 

これは普段なら誰でも無意識に行なっていることなのですが、

心の病気によって前頭前連合野が正常に機能しなくなることが分かってるようです。

 

 

また前頭連合野を損傷すると、
人格が崩壊し理性を保つことができなくなります。

覚醒剤や麻薬脱法ハーブなど多くはこの部分に影響を与えて人格を破壊させてしまいます。

 

 

 

 

心の仕組み

 

では、
なぜ人は何か身のまわりに起きた時、
怒ったり、泣いたり、笑ったり、
また思考が生まれたりするのでしょうか?

 

その仕組みを見ていきましょう!

 

 

 

①大脳新皮質は、環境から得た、見たこと聞いことなどの「感覚情報」を、大脳辺縁系に伝えます。

 

 

②大脳辺縁系にある感情を司る部位の扁桃体が、大脳新皮質からの「感覚情報」と海馬からの「記憶情報」を基に感情を決定します。

(喜び、怒り、悲しみ、怖れ、人間の本当の感情は4つと言われていて、あとは偽物だと言われています)

 

 

③感情は、身体や行動に影響を及ぼしながら、再び大脳新皮質に送られます。

 

④大脳新皮質は、環境からの外部情報と、感情、記憶、身体、行動からの内部情報を統合、分析して、思考を生み出します。

 

 

⑤大脳新皮質で生まれたその思考が、さらに大脳新皮質に送られ、感情や記憶を強化しながら、脳内ループが起こる。(強化)

 

という仕組みで、人は感情や思考を生み出します。

 

 

情報を受け取ったら、
その情報と海馬の記憶情報を基に、
感情を作り出す。

 

そして、それを分析さて思考が生まれているわけですから、思考は一番最後にできます。

 

 

その前に感情によって思考が決定されるわけですが、その感情を作っている基となっているのが、

 

「外部情報」と「記憶情報」でした。

 

 

つまり、
いかに海馬に保存されている記憶が重要かということです。

 

 

 

人は過去の記憶のフィルターを通して、
色眼鏡で現実を見ているということです。

 

 

 

 

記憶のフィルターが違えば現実が変わる。

 

ひとつの同じ出来事でも、
その人そのひとの記憶によって現実は変わります。

 

 

たとえば、

「友達と目があっても挨拶されなかった」という一つの出来事があったとしましょう。

そんな現実を見たAさん。

 

 

Aさんは

「幼少期、友達とケンカして無視された」という記憶があったとしましょう。

 

そうすると、
「外部情報」と「記憶情報」を基に、扁桃体は「悲しみ」を決定します。

そしてまた、それを基に
泣く、引きこもるなどの行動が決定され、身体の反応も頭痛、胸が苦しいなどが引き起こされます。

そして、またその情報を大脳新皮質が分析し、「嫌われた」という思考ができ上がります。

 

 

 

では、別の記憶を持ったBさんだとどうなるのでしょう?

 

 

Aさんと同じように
「友達と目があっても挨拶されなかった」という一つの出来事があった
Bさん。

 

Bさんは

「母親が起こるときはいつも無視される」という記憶があったとしましょう。

そうすると、
「外部情報」と「記憶情報」を基に、扁桃体は「怖い」を決定します。

そしてまた、それを基に
近づけない、避けるの行動が決定され、身体の反応も動悸がするなどが引き起こされます。

そして、またその情報を大脳新皮質が分析し、「怒ってるかも」という思考ができ上がります。

 

 

 

最後にもうひとつCさんの例を見ていきましょう。

 

Aさん、Bさんと同じように
「友達と目があっても挨拶されなかった」という一つの出来事があった
Cさん。

 

 

Cさんは

「挨拶ができないと父から叩かれていた」という記憶があったとしましょう。

そうすると、
「外部情報」と「記憶情報」を基に、扁桃体は「怒り」を決定します。

そしてまた、それを基に
攻撃的、人にあたるなどの行動が決定され、身体の反応も筋肉の緊張などが引き起こされます。

そして、またその情報を大脳新皮質が分析し、「ひどい人だ!」という思考ができ上がります。

 

 

 

同じことが起きているのに、
様々な過去の記憶の影響、記憶のフィルターを通すことよって、感情、身体反応、思考がこんなに変わってしまいます。

 

 

そして、
この心の仕組みは無意識に行われているため、

 

Aさんは嫌われたと思って悲しくなる現実を繰り返します。

Bさんの現実では怒っている人が多くなり、怖い思いをしなければなりませんし、

Cさんは、挨拶をしないひどい人がたくさんいる現実になります。

 

 

でも本当は、
その友達は何か他のことを考えていて
気づかなかっただけかもしれません。

 

 

つまり、
記憶フィルターを書き換えれば現実すら変えてしまうことになるのです。

 

現実を変えたい方は、

カウンセリングへ!

こちら!

 

 

 

 

ステップボーンカットショートスタイル

 

スッキリするし
ドライヤーで乾かすのも早いし
スタイリングも簡単、
生活するのが楽になったと喜んで頂いてます!!

 

 

 

 

#髪と心をキレイにする美容室#

enmoto

#完全予約制

#ステップボーンカット
#ステップボーンカット認定スタイリスト
#ステップボーンカット認定サロン
#ショートヘア
#ショートスタイル

カウンセリングのやり方。

 

毎日を楽しみたいのに、
たまにはモヤっとする時もありますよね!

「どうしてうまくできないんだ!」
「どうせ、自分なんて…」

それが頭から離れなくなった時、
うまい対処方があります!

 

それは、

写真家のように、
それを感じた「瞬間」を切りとること。

それを感じた「瞬間」があるんです。

それを写真のようにパシャッと切りとってみましょう!

 

 

 

その瞬間を切りとる?

 

いつも不安なんです。
いつも自信がないんです。

とカウンセリングでは、

「いつも」

という
言葉が出てくることがよくあります。

 

それは
繰り返しているということ。

 

 

 

「いつもそうなんです!」はいつもじゃない?

 

でも、それって実は「いつも」考えている感じているわけではないんです。

 

つまり、

メチャメチャ美味しい料理、
食べながら、美味しいと思いながら、
自信がないなぁと感じる。

 

メチャメチャ面白いお笑い番組を見ながら、ワハハっと笑いながら、
不安だなぁと感じる。

 

そういうわけではないと思います!

 

 

皆、そうは言っても、
楽しいこともやっているわけです。

 

 

その中に、ふと出てくる感情。

 

それを写真のようにパシャッと切り取ってみる。

 

 

 

瞬間の切りとり方。

 

 

切り取り方は以下の通り。

 

いつそれを感じたのか?

どんな場所で?

何をしている時?

などなど…

 

具体的にしていきます。

 

 

あの日、あの時、あ~の場所で♪

まるで、東京でラブするストーリーのようです……

 

 

そして、
それを感じた
その瞬間を切りとります。

 

 

その時、何を考えていたのか?

そして、
ここからが大切なところ。

 

これを感じたとき、
あなたは何を考えていましたか?

つまり、
不安だとか、自信がないと思った瞬間を
あなたは何を考えたのでしょう。

 

 

そして、
その考えはいつも似たような状況に出くわした時にふと考えていませんか?

 

 

切り取った写真(感情を感じた瞬間)
ながめてたら、過去にも似たようなことありませんでしたか?

 

 

当たり前のように考えていること、
実は違うかもしれません。

 

 

 

最近スッキリしない方は、

心のブレーキを見つける、ショートカウンセリングは(10月末まで無料)がおすすめです。詳しくはこちらをクリック!

自分でカウンセリングが出来たら!

 

 

 

悩みを本当に解決するために、

そして、

いち早く本当に自分の悩みの原因を見つけるため、

心理カウンセリングを受けて頂いたクライアントさん自分自身でも、カウンセリングができるようになってもらえたら…

最近そんなことを考えています!

 

 

 

自分でカウンセリングをしてもらいたい!

悩みやモヤモヤ、色々な問題、
これまでたくさんの方のお話を聴かせて頂きました。

 

 

しかし、
カウンセリングというものは、
なかなか一回では変わらないと思います。

そりゃ~
何十年も当たり前のように続けてきた思考ですから…

しかし、
手法にもよると思います。
僕はやっぱりヒプノセラピーが好きですけど!

(ヒプノセラピーは、簡単に言うと、クリティカルファカルティという意識が反発する膜を薄くする効果があるため、潜在意識にアクセスしやすくなり、書き替えるを早めます。)

 

とまぁ、

話を戻しまして、

 

 

僕は色々な方をカウンセリングさせて頂いてあることに気付きます。

 

 

「自分自身でもカウンセリングをやってもらったほうが悩みの解決は早い」と。

まぁ、当たり前ですけど(笑)

 

つまり、
悩みを本当に解決するために、
人と自分をカウンセリングできるようになったほうが早い。

 

 

 

カウンセリングをすると自分が癒される!

僕自信もそうだったんですが、
まず難病で入院した時に
自分で自分をカウンセリングして、
人にカウンセリングして、
そうすることで自分を見直すことが出来て、結果、自分自身が癒されるんです。

 

 

 

そして、
最近よくこんなご相談を受けます。

 

1.心理カウンセリングに興味があるけど、

自分の悩みを相談するのが恥ずかしい…

2.人に悩みを相談されるけど、
どうして良いかわからない…
聴くだけしかできないし、
終わったあとグッタリと疲れる…

というもの。

 

この2つを解決して、
自分と身近な人にカウンセリングができるように、

心理カウンセリングと自分でカウンセリングが出来るようになるスキルがセットみたいなやつ。(できるかどうか知らんけど(笑)

 

 

カウンセリングって型がある?

 

実は、

カウンセリングには型があり、
それを知っているだけで悩みの相談をされた時の聴き方はまったく変わりますし、

 

それに、自分自身が辛くなったとき、
客観的に自分が見れるようになります。

 

 

お客様、友人はもちろん、
ご家族のお悩みを聴くときにも役に立ちます。

 

 

相談された時、こんなことしてませんか?

人に悩みを相談した時、された時、

「自分はこうだったから!」
と自分の経験を押しつけたり、

「心が弱いからだ!とにかく行動だ!」
と根性論で通したり、

「それはあなたが悪いんじゃないの?」
と批判してみたり、

「うん、うん。分かるよ。」
とただただ聴いたり、

そういう経験をしたり、されたりしていませんか?

 

でも、
それって本人が1番分かってるんです。

それでは、その時は良くても解決はしませんよね!

 

 

それ以外で、
しっかり本人に悩みの原因を見せてたげるスキルがあるのです。

 

 

しかし、

生きている間は、
悩みが完全になくなるということはないと思いますが、

 

何か問題が起きた時、
モヤモヤする時、

知っていたら役立つスキルだと思います。

 

 

原因が分からないから…

 

人は悩みの原因が分からないから、
モヤモヤするのです。

それは、どうして良いかわからないから。

原因が分かれば7割~8割は
解決したも同然。

僕は難病の経験から、
このことは真実だと思います。

 

 

明らかに、
毎日急激に落ちていく体力、痺れ、
毎日病院に通い続けましたが、
原因はわかりませんでした。

(一週間毎日毎日通い続けました。
わからないからと追い返される日もありました。そんな中、原因がはっきりした時、難病ではあったものの、スッキリした気持ちだったのを覚えています。
これで原因がわかった。
解決策を考えれば良いだけになったということ。)

 

 

カウンセリングの仕組みを理解する!

 

そして、
潜在意識の中の悩みの理解するのに
必要なのが脳の仕組みだと思います。

 

 

大脳新皮質、大脳辺縁体、
そして、海馬や扁桃体、
この当たり前がどうやって、
思考を作り出し、どうやって思い込みを作っているのか?

 

 

心理カウンセリングは、今、現在悩んでいるのに、よく過去に戻すのですが、

その脳の仕組みを理解していないと、

今の問題なのになぜ過去に戻るのか?

そんな疑問が沸いてくるでしょう。

 

(潜在意識の悩みは本当は過去に戻さないと悩みのが解決しないんです。そこには脳の仕組みが関係しています。)

 

僕自身、
カウンセリングをたくさん受けましたが、僕自身がそれを先にこれを知っておいたら、もっと効果があっただろうと思います。

 

そして、

自分自身をカウンセリングするスキルがあれば、抱えている問題の原因に早くぶつかると思います。

 

そんなこんなで、
今色々作ってます。

 

作ってる最中だから全然詳しいこと書けませんが、お楽しみに!

悩みの原因を特定する最初の1歩!

悩みを原因が特定できない限り、

どんな悩みを解決する技術を使っても、

それがどんなに良い技術だとしても、

失敗に終わります。

 

 

 

そして、

深い悩みとなるものは繰り返しているもの。

 

辛いのに繰り返し、繰り返し、

起きているもの。

 

悩みの特定には、秘訣があるんです!

 

 

 

まず、

今ある現状の状況を把握する。

 

 

そして、

冷静に映像化してみる。

 

何日の何時頃、

どの場所で、誰と一緒にいて、

何が起こって、何を考えていたのか?

 

しっかりと思い出す。

 

 

そして、

何かが起きて、あなたはその瞬間、

何かを考えたか?(感じたか?)

 

これがとても重要です。

 

 

つまり、

その瞬間、

あなたが何を考えたか捉えること。

 

 

それがまず最初にやるべきことです。

 

あなたが特定の事柄について、

どのような解釈をしているのか?

 

 

それを見つけ出し、

そこから思考のパターンを探ります。

 

 

今日のブログはとても短いですが、

これはとても大切なことです!

 

時間がある時に、ぜひ、

やってみてくださいね!

 

 

 

 

人から悩みを相談された時!

 

お客様や、友人から悩みを相談されるけど、

話を聴くことができるけれど…
どうして良いかわからない…

だから、ただ聴くだけになってしまう。

 

 

そして、悩みを聞いたあと、
自分がグッタリと疲れてしまう…

 

そんなご相談を最近よくお聴きします。

美容師やマッサージの仕事など対面でお仕事される方に多いかもしれません。

 

 

そして、
そんな悩みを解消するために、
色々考えていています!

 

 

また、
心理カウンセリングに興味はあるし、
受けてみたいけど、
自分の悩みを話すのが恥ずかしい…
そんな方もおられました。

 

 

僕も前は、そんな感じでしたが、

 

 

 

今では、

心理カウンセリングを学び、
美容師と心理カウンセラーという仕事をさせて頂き、

お客様とも良い人間関係を結び、
お悩みを相談されても、
自分が疲れてしまうこともなく、
楽しく働かせて頂いております!

 

 

 

 

心理カウンセリングには型がある?

 

よく心理カウンセラーって、人の悩みばかり聴いて疲れませんか?

 

そう訊かれることがあるのですが、
はっきり言って
そんなにグッタリするぐらいは疲れません(笑)

普通の仕事と同じです!

 

 

また、

どんな人が来るかわからない、
人の悩みは十人十色、大変じゃないですか?

と、

よく訊かれます。

 

 

 

たしかに、

カウンセリングに来られる方もおられるのでは人は、

年齢も育った環境、性格、性別、
現在の状況、考え方も違うので、
悩みは十人十色。

 

(これは美容室でも同じですが)

 

 

 

しかし、

心理カウンセラーは、
十人十色の悩みに、1人ひとりに個別でまったく違う答えを用意しなくても良いのです。

 

 

 

それは、悩みにはパターンがあり、

心理カウンセリングには型があるから。

 

 

 

 

この型を
知っているか、知らないか、

これで大きく変わります。

 

 

 

 

 

話すのが下手でもできるカウンセリング?

 

 

心理カウンセリングに興味がある。
でも、自分にはできない…

 

人と話す仕事なのに、
自分は、
人前で話すことが苦手だし…

このお悩みもよくお聞きします。

 

でも、大丈夫です。

 

 

 

何を隠そう、

この僕が超口下手だからです(笑)

 

 

 

学生時代から僕を知る友人は、

「あの圓本が心理カウンセラーだとぉ!?」

「あのラグビーをしていて、声を出さないからという理由で監督によく怒られていた圓本が心理カウンセラーだとぉ!?…」

(とピッコロ○大魔王並みに驚いています)

 

 

 

そして、美容師になって就職して、
僕をよく知る美容師の先輩方は、

「あのお客様とまったく話さないから、
先輩たちに心配されていた圓本が心理カウンセラーだとぉ!?」
(ベジータ○並みに驚きを隠せないでしょう)

 

 

 

「こ、この俺が心理カウンセラーだとぉ!?」
(実は、自分でも驚きを隠せません)

 

 

 

しかし、
そんな僕でも、心理カウンセラーと

今はお客様とたくさんお話しさせて頂いて、

自分自身もまったく疲れずに楽しくお仕事をさせて頂き、良い人間関係を過ごさせて頂いております。

 

 

僕の口下手度合いは、

本当にヒドいもんだったんです(笑)

 

だから、あなたにも必ずできます!

 

 

 

 

 

話すのが苦手なほどカウンセラーに向いている!

 

何を訊いていいか分からない…
こんなこと訊いていいのか…
会話が続かない…

ただ聴くことしかできない…

そう思われている方が少なからずおられるのですが、

 

 

実は、
カウンセリングの型を学べば、
自分から無理矢理、話さなくても良くなります。

 

 

 

話すのが苦手でも、聴くことが得意という方もおられるのではないでしょうか?

 

 

 

そして、この型を使えば、
ご相談されている方がどんどんお話しして教えてくれます。

 

 

 

悩みをご相談をされている人が、
鏡を見るように、自分自身が何を考えているかが見えるため、自分でも見えなかったところに気づけるんです。

 

 

つまり、相手の鏡になるんですね。

 

 

 

そうすることで、
僕は、サロンを出るお客様に、

 

「お話を聴いてもらってよかった!」
「ありがとう!」

と言ってもらえるようになりました!

 

 

 

そして、
この型を使うことにより、
友達やお客様だけではなく、

自分自身も
カウンセリングができるようになります。

 

 

 

今後、
そんなカウンセリングの型を、
共有できるようなワークショップもやってみたいと思います。

 

 

天王寺のホテルのロビーのカフェで、
パソコン持ってコーヒー飲みながら…

ウッシッシ!!

 

 

 

イメージだけはもうできています(笑)

 

お楽しみに!

前世療法をなぜ学ぼうと思ったのか?

 

ついに今日の夜に、
前世セラピーワークショップ、
やらせて頂きます!!

 

 

 

前世セラピーワークショップ、
という名前から、

 

 

前世をみるもの?
占い的なもの?

 

そんな想像があると思います。

 

 

 

 

前世が見たい方は、
それでも良いと思いますが、

 

 

正直、
前世療法の目的は、
前世を見ることではありません。

 

目的は、
普通の心理カウンセリングと同じように、

繰り返される悩みを解消するため、
より良い人生をおくるため。

 

 

 

と、

いうことで、

なぜ、見たもの、自分で体験したことしか信じなかった超ドライだと言われていた僕。

 

その頃には死んだ魚の目をしていると言われていた僕(笑)

 

なのに、何でこれを学んだのか?

 

 

今日はそれは書いていきたいと思います。

 

 

 

 

 

きっかけは心理カウンセリングを進めていく中で…

 

それは、

心理カウンセリングをしていく中で気付いたことが基盤になっています。

 

 

そもそも、
心理カウンセリングというものは、

悩みを解消するためのものですが、

 

 

 

その手法は、

現在起きている問題ではなく、

繰り返されている思考パターン。

 

 

 

 

そこに、
アプローチしていくものだと思います。

 

 

その思考パターンは、
幼少時に作られることが多いため
いつその思考が作られたのか?

 

 

 

それを探っていくことになるんですが…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去を辛過ぎて振り返れない!

 

 

しかし、

カウンセリング進めていくと、

 

 

原因は、明らかなのに、
辛過ぎてそこを振り返れない。

 

そんなクライアントさんもおられます。

 

 

 

それだけ深く辛い思いをされ、
傷ついている方です。

 

 

 

 

そして、そんな方に限って、

「でも、あの時があったから…」

「あの時があったから
今の自分があるんです…」

 

 

そんな、
解釈で必死に過去を肯定しようとしておられます。

 

 

 

 

 

自分は辛いのに、
その自分を押し込めて
その出来事を肯定しようとする。

 

 

 

本当に優しいかたが多いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

でも、やっぱり解決はしない…

 

 

それは、
それで良いかも知れませんが、
解決はしません。

 

 

自分の過去を振り返れない。

そんな方が何と多いことか…

 

 

僕は、そんな方に、

「ゆっくりで良いですよ。向き合いたい時に、準備ができた時、向き合えば良いんです。」

そうお声がけしてきました。

 

 

でも、それでは解決しないんです。

 

 

 

 

 

 

 

過去と向き合え!簡単に言うけれど…

 

 

カウンセラーさんや、
セラピストさんの中には、

 

「逃げてはダメだ!
向き合わないと解決しない!」

そうやって説得しにかかる人もいます。

 

 

 

でも、僕は思います。

 

 

 

人の経験した来たことは、
そんな簡単なことじゃねぇんだよ…と。

 

向き合わないと解決しないなんて、
そんなことは本人が一番分かっているんです。

 

それで、うまくいくんなら、
みんな解決してるはず。

 

 

でも、向き合えないから困ってんだよ…と。

 

 

 

カウンセラーさんや、セラピストさん側の力になりたいという気持ちもわかります。

 

 

 

 

 

それを解消するために、
僕は前世療法を学んだんです。

 

 

 

 

 

辛い過去を振り返りたくないのは当たり前!

 

 

これは、
僕のイメージですが、

過去の体験で受けたトラウマの
の戻ってそれを思い出すというのは、
言わば麻酔なしでやる手術みたいものでむちゃくちゃ痛い(笑)

 

 

 

どうでしょう?

 

僕は体験したことがあるんですが、

僕は学生時代ラグビーをしていて、
手の生爪が剥がれました。

そこに土が入っているということで、
当然、麻酔なしで消毒。
そして土の除去。

 

 

痛い、痛い!

もうできることならやりたくない!

 

 

当たり前ですよね(笑)

 

 

 

 

 

なるべく楽に振り返るために!

 

だから、

辛い過去に向き合いたくないのは
当然です(笑)

 

 

 

でも、前世療法は、
イメージをして前世という枠の中で、
それを行います。

 

 

いわば、自分ではないので、
色んなことが浮かんできます。

 

 

 

でも、
それはあなた自身が考えたイメージ。

つまり、
すべて自分へのメッセージなんです。

 

 

(僕が学んだ
ブライアン・L ・ワイス博士の前世療法は、あなたの前世はこれだ!
とこちらが決めるのではなく、
カウンセラーの質問の中からクライアントさんが作り上げていきます。)

 

 

これも、僕のイメージですが、

 

 

前世療法は言わば、

麻酔ありの手術みたいなもの。

 

 

歴史から見て、
昔はみんな、麻酔なしで手術をしていました。

 

 

でも、麻酔があったら…

個人的には、僕は麻酔ありのほうが良いです…

痛いの嫌いなんです(笑)

 

 

(最近、スピ系が人気あるのって、本人の一番痛いところに、麻酔が効くからなのでは?と思ったり思わなかったり…

まぁ、問題はそこではなく、
解決したら手法は何でも良いのだと思います!)

 

 

 

出てきたものは自分へのメッセージ!

 

 

いう感じで

前世療法は、
自分ではないし、前世ということを前提になりますので、まさにファンタジーのような世界。

 

 

しかし、
そこに出てきたイメージは、
自分自身の記憶、体験から出てきているものですから、すべて自分へのメッセージとなります。

 

楽しいけど、奥の深い世界なんです。

 

 

そして、

この前世セラピーワークショップは、
そんな前世療法を体験できるワークショップです。

 

 

(まだ、
ホームページができてないんですが…)
近々、
本格的に募集します!

お楽しみに!

自分の自由を奪っている思い込みに気付く簡単な方法!

 

嫌われてはいけない、

そう思った時には、

もう、
ありのままの自分を否定しています。

 

明るくなくてはいけないと思った瞬間に、暗い自分を否定します。

暗い自分が50パーセントなら、

51パーセントの力を使って、
明るい自分を作りださなければなりません。

 

 

僕らは、

こうあるべきだ!

こうあらねばならない!

などなど、

余分な力を入れて日々頑張っています。

でも、

そのねばならない。

こうあるべき。は本当でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

普通だと思っていることを疑ってみる?

 

 

 

 

嫌われてはいけない?

仕事をしなくてはいけない?

忙しくなければいけない?

休んではいけない?

完璧でなければいけない?

あの人と一緒にいなくてはいけない?

 

人はたくさんの、その人なりの常識を持っていますが、

本当にそうでしょうか?

 

 

 

思い込みというのは、
自分にとって当たり前すぎて、
分からなくなってしまっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

物事に対してどういう解釈をしているか?

 

 

 

僕がお話させて頂いた方の中に、

「何でも知っていないといけない」

と思い込んでいる方がおられました。

 

確かに、何でも知っているというのは、良いことのように思います。

 

ご本人は、

自分の知らないことを、相手にたずねられるのが恐いというのです。

 

 

しかし、

「なぜそう思うのか?」を訊いていくと、

知らないことは恥ずかしい、
バカにされる。

そんな、思い、解釈を持っておられました。

 

でも、本当にそうでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

その思い、解釈はどこからきたのか?

 

 

 

知らないことは、

「それ、知らんわ!」

って言って、以上ですよね(笑)

 

ここで一つの疑問が浮かび上がります。

どこから出てきたん?
その考え。

っていう疑問。

 

 

梅干をみて、酸っぱいと思うのは、
当然、梅干を食べて酸っぱい経験を過去にしているからであり、

梅干食べたことないと、
この思考はでてこない。

 

 

つまり、

この方は、
何か知らないことで、
バカにされたり、恥ずかしい経験を過去にしたり、学んだりしたことがあるということになります。

 

というふうに、

冷静に見ると、

 

 

知らない=

恥ずかしい、バカにされる

 

という思いでも、

 

知らない=

新しいことが学べる、成長する!

 

でも、良いわけです。

 

 

 

このように、

人の思いは
よくよく聞いたら、

え?それ本当?

っていう思い込みにあふれています!

 

 

 

 

 

 

 

 

気付くことが大事!

 

 

 

この場合は、
これに気付いていくことが大切です。

 

あ!知らないということを恥ずかしいという思い込みがある自分にはあるんだな。

 

ということに先ずは気付いていく。

 

 

思い込みから、
感情は作られ、自由が奪われます。

 

 

だから、
嫌な感情を感じた時、
この事柄について自分はどういう解釈をしているのか?

 

 

それを見極めることが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

同じ問題が繰り返されていたらチャンス!

 

 

 

カウンセリングの中では、

 

「そんなことを
いつから思っているですか?」

と訊いていくと、

 

 

「昔からかな?」

という答えが返ってくることが、
多いです。

 

 

この場合だと、

何か知らないことがあると、
恥ずかしい、バカにされるという自分がずっと昔からいる。

 

当然、本人だって頭では分かっています。

知らないことは恥ずかしくないと…

その場は何とかのりきって。

でも、気づいたらまた…

その思考を繰り返してしまう。

 

 

 

 

 

 

 

過去に傷ついた自分がいるということ。

 

 

これを解決するには、

 

この考え方を自分が、
受け入れた時に戻り、
しっかりと検証して解釈を変えていく。

 

大抵の場合は、
その出来事で傷ついた自分がいます。

 

だから、
傷ついた自分を癒していく。

 

もう、大丈夫やで。と…

 

 

つまり、この場合だと、

 

(何かを)知らないことで、

バカにされ、恥ずかしい思いをして

傷ついた自分自信が、

 

「もうなんな思い味わいたくない!!」

 

と、無意識に拒否ってるわけです!

 

 

 

でも、それはもう昔のこと、
別に拒否らなくても大丈夫なんです。

 

 

大人の自分には、
もう解決するチカラが十分に備わっていますから!

 

 

しかし、
これは無意識にレベルで起こっているので自分ではなかなか気が付けないものなんです。

 

 

 

もし、
あなたに繰り返している問題があれば、
ぜひワークショップにチャレンジしてください!

 

いつも起こる問題の原因がわかります!

 

 

心のブレーキを見つけ出し、未来の自分をイメージするワークショップ👇

http://enmoto.moo.jp/kokoro-mirai/