ギランバレー症候群、予後、出来ることをやる!

最近ちょこちょこ頂くお問い合わせ。

 

カット、カウンセリングお問い合わせなど

色々ありますが、

 

そして、もう1つが、
ギランバレー症候群の予後のお問い合わせです。

 

 

「家族がギランバレーになったのですが…」

とか…

「どれくらい回復しましたか?」

などなど。

 

 

ギランバレーは、ネットで調べても予後の情報がなかなか上がって来ません。

 

そもそも10万人に対して1.5人の発症率で、しかも個人差ありまくりの病気なので情報が少ないのです。

 

 

僕も入院中は調べまくってましたが、
なかなか出てこない。

 

 

不安になる…そんな感じでした。

 

 

ということで、
1年が経とうとしている今の状態を少し書こうと思います!

 

 

とはいえ、

個人差がかなりある病気なので、それぞれ違う状態だと思いますが、

 

 

僕は、

発症して動けなくなって入院、

ギランバレーのグレード4、
歩行器を使っても5メートルの歩行が不可能でしたが、

ベッドと車いすの生活からスタートして
3ヶ月で退院できました!

 

僕の場合は、
幸い、かなり治りは早いのでないかと思います!

 

そして、

1年後どうなってるかというと…

 

 

僕は、1年以内に空手に復帰しようとしてたんですが、まだ出来ていません。

 

グズグズして、退院して1年が過ぎようとしています!(8月31日丸1年経過…これは僕がグズグズしていたからでもありますけど(笑)

 

 

僕の場合は病気で、
腱反射が減退ないし消失しているのですが、その影響か、片足立ちとか、目を瞑って真っ直ぐ立つとかやると前よりフラフラします。

 

まぁ、
普段はそんなに激しいことや、
普通に生活していれば片足で動くことも、目を瞑ってまっすぐ立つとか、
まぁ、やりませんよね(笑)

 

だから、日常では生活ではまったく支障ありません!!

 

(ちなみに足は反応はなくても、腕とか手はあります!)

 

 

しかし、腱反射は外部からの反発を受けた時は無意識に反応する反射ですので、スポーツには支障がありそうです。だからフラフラするのか?詳しいことは分かりません。

 

 

スポーツになると色々な体勢にになりますし、神経を使うことが多くなるので、病気の爪痕みたいなものを感じます。

 

 

もしかしたら、腱反射は
戻ってくるかもとか思ってましたが、
やっぱりあなたは戻ってこない…
(今調べたら高確率で戻って来ないらしい(笑)

あと、身体は疲れやすさは感じます。

 

 

 

しかし、自分でコントロールできるものではないので、

こんな時は、
必殺技の
「だからどうした?」
を使いたいと思います。

 

この必殺技は、良くも悪くもすべてのものを無効にしてしまうミラクルな屁理屈と気合いのワード(笑)

 

と、まぁ屁理屈と気合いで押しきることも出来そうですが、ちょっと理屈もあります。

 

 

 

選択理論心理学!

 

 

とあるセミナーで、
選択理論心理学と言うものを習いました!

 

 

それによると、

出来事、物事には、
コントロールできる領域とできない領域があり、コントロールできる領域に焦点を当てて生きていこうというものです。

 

 

そのコントロールの領域には5つの種類があります。

 

 

コントロールの5つの領域!

 

1.自分でコントロールできると思っていて、実際にコントロールできない領域。

他人の行動や考え。
(過去と他人は変えられない)

達成不可能な領域に設定した目標など。
(1年以内に太陽を食べるとか(笑))

 

 

2.自分でコントロールできると思っていて、実際はコントロールしていない領域。

時間管理
健康管理
金銭管理
意識管理

 

 

3.自分ではコントロールできると思っていて、実際にはコントロールできる領域。

現在コントロールしていること。

 

 

4.自分ではコントロールできないと思っていて、実際はコントロールできる領域。

未来に起こる出来事。
(目標達成など)
一見不可能に見えても事前対応で可能になることや、人の力を借りて実現すること。(起業や売上の増大)
生活習慣病などの予防など。
(良い生活習慣を身につけてカバー)

 

 

5.自分ではコントロールできないと思っていて、実際はコントロールできない領域

達成不可能な領域に設定した目標。
(身長50mになるとか(笑))

寿命のコントロール。
(700歳まで生きるとか)

自然界に起きる出来事
(地震や大雨)

ボイントは、
2と4を、3の領域にいれること。

 

つまりは、できることを一生懸命するということです。

 

 

 

自分にコントロール出来ることをやる!

 

難病は、
良くわかってないことも多いです。

 

 

ギランバレーは、
予後は良いようですが、
焦りは禁物。

 

 

僕は、以前焦って動きすぎて、
逆に体力と筋力が低下するという経験もしています。
(病状が安定してなかった時)

 

 

 

つまりは、長期戦だと思います。

焦らずゆっくり。

 

 

 

そして、コントロールできない領域に焦点を当てないことも重要だと思います。

 

 

 

最初のほうは痺れもあって気持ち悪いです。24時間痺れてる状態ですので。

 

 

 

でも、
痺れのコントロールは、
病院が薬でやってくれて、
自分でコントロール出来ることと言えばリハビリ。

 

 

なので、
最初は仕事にいつ復帰できるかなどの期限もまったくコントロールできませんから不安でしょうが、出来ることをやっていたら自分で出来ることも増えてきます。

 

 

 

 

後遺症が残るかどうかなどもコントロールができませんので色々考えると思いますが、そこも、とりあえずスルーできればスルーしたいところです(笑)

 

 

 

 

僕の場合も、1年経ちましたが、
腱反射のことは自分ではコントロールできませんので、

とりあえず、筋トレや反復してトレーニングという出来ることに焦点を当ててます。

 

 

変えられないものに焦点を当てると辛くなりますので、

出来ることに焦点を当てて明るくやって、この貴重な経験をどんどんプラスに変えていきたいと思います!

 

誰でも体感できるわけではないので、

かなりある意味ラッキーです(笑)

 

 

これからも自分自身が
さらに元気になって、

ギランバレーになった方などがホームページを見たときに、

「あっ、全然大丈夫やん!」

みたいに思ってもらえたらと思います!

 

 

話を聞く、秘訣!

 

今僕は、

ヒプノセラピー(前世療法)いうものを学んでいるのですが、

(合計8回のコースで次で最後)

 

とても、
面白いことに気づけたのでシェアしたいと思います!

 

あることを意識するとコミニュケーションや会話がより深くなるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

前世療法はカウンセリングの基礎がつまっている!

 

 

前世療法とは、
ブライアン・L ・ワイス博士という精神科医の方が作り出した心理療法。

 

正直、
前世があるかどうかは分かりませんが、
前世があるという前提でイメージして問題解決のヒントをもらうと言うやり方です。

 

 

スクールの先生は、
前世療法にはカウンセリングの基礎がたくさんつまっている、
そう仰られていました。

 

 

学んでいたらなるほど、
とても深い。

 

 

 

 

 

前世はもう終わってる人生。

 

前世療法は、
前世があると仮定した中で、
前世のイメージの人物に入り、
その人の一生を見ていきます。

 

 

しかし、

このイメージ、はやり自分の脳の記憶が関係していますから、自分で気づいていない問題が引き出されやすいのです。

 

 

それはさておき、

 

僕らは前世療法を行うとき、
前世はあると仮定しています。

 

ということは、もうすでに死んでしまって終わってしまった人生です。

 

 

前世ですから。

今生きてたら、かなりややこしくなりますよね(笑)

 

 

 

 

 

講義の中で聞いたお話!

 

これは講義の中で聞いた
先生のお話ですが、前世療法で、

学校の校庭にいるというイメージをしたクライアントさんがいるそうです。

 

 

で、
先生は学校の中がどうなっているか見たくなってしまい、

「学校だったら下駄箱がありますよね。
その下駄箱から学校の中の教室に入ってみよう。」

そんな誘導をしてしまったそうです。

 

 

 

 

でも、前世療法は前世なので終わって人生、先は決まっているのでした。

 

この誘導、おかしくないですか?

 

 

 

 

過去を勝手に書き換えない!

 

前世はもう終わっているということは、
もう先が決まっている。

 

ということは、

学校の校庭にいる。
でも、学校の中に入るかは分からない。

そのまま、家に帰るかもしれない。
 

つまり、
それはクライアントさんの前世のイメージではなく、カウンセラー側の都合。

 

それをやると、
もうクライアントさんのイメージの前世ではなく、作り話のようになってややこしいことになってきますよね(笑)

 

 

 

こうならないために、
しっかり前世を再現していく訊き方をしていきます。

 

 

つまり、
もともとあるものを再現していく。

 

 

 

 

もともとあるものを再現?

 

講義でこれを聞いた時、
ハッとしました。

 

これはカウンセリングでも、
とても重要です。

 

 

クライアントさんは、
その人自身がもっている思いがあります。

 

 

それをカウンセラー側の都合で、
自分の体験や思考で「こうしたほうが良いよ!」というやり方は、

 

前世療法でカウンセラー側の都合で過去を書き換えるのと同じで、

クライアントさんの思いを勝手に換えるのと同じかもしれません。

 

 

 

で、終わったあとシックリ来ない。

 

 

それはそうでしょう。
自分の本意ではないのですから。

 

 

 

 

 

もともとあるものを引き出す!

 

 

あらためて、カウンセラーは、

クライアントさんは、
自分で解決することができる。
自分で決断することができる。
ということをしっかり理解し、

 

カウンセラーは、
もともとクライアントさんの中にある思いと解決策を引き出せばいいんだと意識するようになりました。

 

 

 

 

心のブレーキを見つけ出し、
未来の自分をイメージするワークショップでは、(名前が長い(笑)

様々なワークを使い、
ブレーキを特定し、

本当にやりたいのとを見つけていきます。

 

 

 

そして、
これも前世療法と同じで、

ブレーキも本当にやりたいことも、
当たり前ですが、

すでにクライアントさんの中にもともと存在しているもの。

 

 

本当は、もうワークショップをする前からあるんです。
(ちょっと見えにくくなってるだけ)

 

 

あるものを再現し明確にして
そこから自分再確認して、自分というものが見えてきます。

 

そうすると、皆さん自分で前に進んでいかれます。

 

 

 

話はそれましたが、

 

 

普段でも、

人は良いものは言いたくなり、
アドバイスしたくなります。

 

 

しかし、

この「相手の中にもともとあるものを再現していく」という意識があれば、
コミュニケーションも円滑に進むかもしれません。

 

 

 

只今、メルマガにご登録頂いた方、限定で、

【問題の原因を明確にするワーク】が一回無料のキャンペーン中!

(ズーム、LINEにて60分程度)

 

無料メルマガ【髪と心のトリートメント】👇

http://enmoto.moo.jp/kami-kokoro-treatment%e3%80%8f/


 

 

 

ヘアスタイルで髪と心をスッキリ👇

http://enmoto.moo.jp/step-bone-cut/


 

 

大好評のワークショップ👇

http://enmoto.moo.jp/kokoro-mirai/

 

制限をあぶり出し、チャンスを作る!

 

自分のないものではなく、

あるものを確認してみましょう!

 

 

制限は、ひらめきを発射台に打ち上げる。

制限は使い方次第です。

 

 

仕事や人間関係などで、
備わった今出来るアイデアに目を向けることにより、

大きな視野を得て、

未来の豊かさに変換していけるようになります。

 

 

 

 

嫌なことから育つこともある?

 

僕の場合は、仕事と人間関係とは少し違うかもしれませんが、

 

以前、ギランバレー症候群を患った時、
仕事に復帰できるかどうか分からないという状況に追い込まれました。

 

 

手足は自由に動かない状況でしたが、スマホは使える。

 

そして、今不自由だけど、
もし、本当に動けなくなったとしても、
仕事して生活していけるという未来に対する備えをしていきました!

 

 

 

その結果、
この体験と口が動くのだから、
カウンセラーになろうと思いました。

 

当時の僕は、迷ったり怖いと思ったりしている暇はありませんでした。

 

子供もいますので、
絶対に仕事をしたかったのです。

 

結果、僕は治って、美容師もカウンセラーもやってます。

 

 

 

制限から始めても良い!

 

僕が体験した病気は沢山の、
制限をもたらしていました。

手足が動かない。歩けない。
物が食べられない。その他、色々。

 

でも、制限はチャンスを与えます!
病気を体験してなかったら、
僕はカウンセラーになっていないでしょう。

 

 

でも、
やっぱり病気なんてできればなりたくなかったと思います。

 

誰でも嫌だと思います。

 

 

でも、
過去のどうしようもない思い、
それを解放する方法は色々なあります。

 

 

僕の一つの考えは、その超嫌な体験を活かして何かやること。

そして、それが成功すれば、
それに感謝することになります。
自然と…

今、僕はこの病気のこと、
をとても感謝しています。

それは、
この病気のおかげでカウンセラーになって、沢山の方にお世話になりました。

制限があったから、
育つことあるのです。

でも、
その嫌だった出来事に対して本当に受け入れるには、やっぱりその嫌な事を使って何かを成し遂げることが良いと思います。

 

つまりは、

嫌だったことを最高のチャンスに変えるのです。

そう思えば、

辛ければ、辛いことほど大きなチャンスになると思いませんか?

 

 

辛いのは事実でしょう。

その思いを無理にどうしようとしなくても良いと思います。

 

 

辛かったら辛い、悲しければ悲しい、
怒ってもで良い。

 

 

でも、辛くても、悲しくても、怒っても、前に進めたら全然良いんじゃないかと思います!

 

 

希望に焦点を当てる!

 

調子が良い人は、
ポジティブな部分を見つけ出す
コツを知っています。

 

その人達はポジティブを探し出し、
チャンスになる部分を見つけ出す。

 

生きていれば色んなことがありますが、
良い部分を収穫し、悪い部分は残しておいて肥やしにします。

 

希望に焦点を当てて、進んでいく。

 

 

 

どこに焦点を当てるのか自分で決める!

 

希望は選択することができます。

 

僕らは朝起きて、

今日は良い日になる?
悪い日になる?

と問いかけて、
自分で決めることができます。

 

今持ってるものを使い、行動して、
前向きに楽観的にできれば、

受け身でなく自分で1日を作っていけます!

 

 

あなたは、

1日を自分で作っていますか?

それとも、
受け身で悪い日々を受け入れますか?

 

 

 

 

凹む時こそ希望を選択する!

 

しかし、いつもポジティブでいられる清々しい朝が毎日来るとは限りません。

 

 

僕らは辛いことがあれば凹むし、

事故や病気で大切な人をなくさても凹みます。

 

 

日々の辛いことは、
僕たちが、楽観的であることをぶち壊します。

 

 

しかし、

積極的に希望を選択するなら話は変わります!!

 

 

1日を意図する!

 

1日を元気で最高の日にするには、
自分からそうしようと意図しなければなりません。

 

 

 

朝、今日もどうせ良いことない…
とウジウジして、

夜になったら、
今日、めっちゃ良い日や!

うっひょっひょ~!!!

とかいう状態はかなりムズいということ。

(またにあるかも)

 

 

慌ただしい朝でも、
少し時間をとって、
今日をどんな日にするか考える。

 

 

そして、良いことを探す。

 

 

ちょっとした行動、
何かの良さを認めること、
身体の調子が良いこと、

何でも良いんです。

 

 

こうやっていると、
ポジティブな部分を収穫するトレーニングになるようです。

 

 

朝目覚めて、つらいことではなくこれからの成功や展望、ひたすら思い描く。

 

 

失敗や、損失もあるかもしれません。

でも、暗くて重々しい部分の自分は、
肥やしとして捨てましょう!

 

 

毎日、元気で自分の思い描いた1日を実現するすることに集中しましょう!

 

 

新しい1日は、今から新しい選択ができます。

 

 

過去は記憶でしかなく、
未来は望むことしかできません。

 

 

やっぱり、今日が一番重要なんです!

 

 

たしかに、
予定が詰まりまくったり、色々か日はあるのですが、

そんな時でも少しだけで、
自分の求めている1日にするということを意図して、可能性に目を向けてみる。

そうすることで、流されず、しっかり1日を作っていけるはずです!

 

 

只今、メルマガにご登録頂いた方、限定で、

【問題の原因を明確にするワーク】が一回無料のキャンペーン中!

(ズーム、LINEにて60分程度)

 

無料メルマガ【髪と心のトリートメント】👇

http://enmoto.moo.jp/kami-kokoro-treatment%e3%80%8f/


 

 

 

ヘアスタイルで髪と心をスッキリ👇

http://enmoto.moo.jp/step-bone-cut/


 

 

大好評のワークショップ👇

http://enmoto.moo.jp/kokoro-mirai/

 

小さな勝利を祝って、安心して進む!

やりたいこと、実現したいことを追っている時は、

うまくいかないこと、がっかりすることも
起こりますが、それも一つの過程でしょう。

 

 

 

 

 

今ここでうまくいっていることを見つける!

 

 

そんなときでも、
うまくいっていること、良いことに意識を集中させると、

さらに気分も良くなりさらに良い流れを作ることができます。

 

 

小さな勝利に見つけ出し、
祝うことはお金もかかりません。

 

 

 

たとえば、

勝利のお祝いとして散歩したり、
いつもより少しだけ家で家族と過ごしたりを増やしたり、

 

小さな勝利を祝うことは、
日頃うまくいっていることを見つけて、
自分を認める行為でもあります。

 

 

 

 

人はもともと素晴らしいアイデアを持っいる!でも…

 

 

人は、もともと、

「あんなことしたい!」

「こんなことしたら、うまくいくんじゃないか?」とか、

 

普段から素晴らしいアイデアをたくさん持っています。

 

 

そんなことを考えながらワクワクします。

 

 

 

 

そのアイデア、持続出来てますか?

 

 

しかーし!!!

 

次の日に起きたら、

「やっぱり難しいかな…」

「今の状態では無理だ…」とか、

昨日のワクワクする感じはどこへやら…

 

 

 

そして、

「自分にはやっぱり無理だ…」いう思いに屈してしまう。

 

 

このやりたいこと、実現したいことを実現する過程でよく出会う、
夢から醒めるような感覚。

 

 

よくあるのではないでしょうか?

 

 

舞い降りてきた素晴らしいアイデアを現実のものとして実現させるには、
少し工夫が必要かもしれません。

 

 

 

 

大局観でのり越える!

 

ほんとにやろうとしたら色々なありますよね(笑)

 

 

現実には、

 

「あなたには無理だ。」
という反対者が出現したり、

 

「忙しくてできない。」
という状況だったり、

色々な抵抗にもあいます。

 

 

やりたいこと、現実させたいことに集中しながら、それを実現する過程を楽しみつつ進んで行くには、強さも必要です。

 

 

この抵抗を乗り越えるには、
大局観を持つこと。

 

 

大局観を持つことで視野は大きく広がります。

 

 

どのくらいかと言うと、

 

針の穴くらい視野から、
360度のパノラマアプリくらい広がります!(あくまで、イメージ(笑)

 

 

今、直面している現実を突破して、
もっと良い現実を築きあげていくときには、困難に直面していることも多々あります。

 

 

大局観はその時の助けになります。

 

 

 

 

大局観で物事を見るワーク

 

 

たとえば、

1つのワークをしてみましょう。

 

 

①問題となる状況を分析する

どこで、誰と、どんな状況?

 

 

②そのどんな気持ちを感じましたか?

その時、どんな気持ちでしたか?
怒り?恐れ?それとも悲しみ?

 

 

③その感情が起こった瞬間、あなたは何を考えていましたか?

頭で考えていたこと、思考を特定して見ましょう。

 

 

④その特定した思考の反対の思考を作ってみましょう。

 

例、

無視されてた→
無視されていない

自信がないからできない→
自信がなくてもできる

(単純に反対にすれば良いです)

 

 

 

④その反対を持って、①の現実から反対思考の事実はないか確認していきましょう。

 

例、

無視された→
無視されていない事実を見つけ出す

自信がないからできない→
自信がなくてもできる事実を見つけ出す

 

 

 

いかがでしょうか?

何か見えてくることがないでしょうか?

 

 

現実はこちらの見方でどうにでもなるということが(笑)

達人は、何が何でも、もう妄想してでも大局観から物事をみようとします(笑)

 

現実は、だまし絵のようなもので、
どう見るか自分で決めているんです。

 

 

そして、
その見方に正しいとか、間違っているなどもありません。

 

 

 

全部正しいんです。

 

 

そのうえで、どういう見方をするのか?

自分でものの見方を決めているんだったら、
安心して自分の見たい現実を見てみよう!!

 

 


只今、メルマガにご登録頂いた方、限定で、

【問題の原因を明確にするワーク】が一回無料のキャンペーン中!

(ズーム、LINEにて60分程度)

 

無料メルマガ【髪と心のトリートメント】👇

http://enmoto.moo.jp/kami-kokoro-treatment%e3%80%8f/


 

 

 

ヘアスタイルで髪と心をスッキリ👇

http://enmoto.moo.jp/step-bone-cut/


 

 

大好評のワークショップ👇

http://enmoto.moo.jp/kokoro-mirai/

 

初心者であれ!

 

色々なことを楽しむ好奇心があれば、

可能性を信じて、壁も味方にしてどんどん成長していけます。

 

好奇心があり、色々なことに興味があって楽しめる人は幸せです。

もうそれだけでも不安はなくなり、
楽しそうです(笑)

 

 

 

子供の頃はもっと好奇心を旺盛ではなかったですか?

 

 

人間は小さいな子供の頃、
「なんで?なんで?」と何でも興味を持ち、好奇心旺盛です。

 

 

でも、

色々な経験をして大人になっていくうちに好奇心だけで行っていたことに、恐れという感情が入るようになり、危険などに目を向けるようになります。

 

 

すると、
好きでやっていたこと、純粋に叶えたい夢を諦め、安全圏(コンフォートゾーン)に止まってしまうこともあります。

 

 

行動がパターン化して、
それが癖になります。

 

 

そして、
これが成長を止めてしまうかもしれないということをみんな知っています。

 

プレッシャーやストレス、
また責任のある仕事を与えられると、
答えをすべて知って、
結果をコントロールしたいという思いが湧いてくるでしょう。

 

しかし、ビジネス的に、
TODOリストなどでサッとすませてしまうと、もっと重要なものを見落としてしまうかも知れません。

 

 

 

 

好奇心を維持するために初心者であれ!

 

初心者というつもりで、
行動しながら学んで行くというのは、
結構怖いですよね!

 

追究したい気持ちに駆られて、ものたりなさを感じてしまうかもしれません。

しかし、

本、セミナーでどうしたら、
無防備で好奇心を維持していくかと教えてくれるものは少ないと思います。

 

少なくても、
僕は病気になる前、
成功や達成など自己実現ばかり求めていたため出会えませんでした。

 

「成功したい!」そんな思いが強かったため、成功者というものは成功するための答えをすべて知っていると思っていました。

 

でも、
今はそうでなくても良いと思ってます。

 

何でも知っていることは、物事を先に対処できるという良いともありますが、
それと同時にまだ起こってもいないことを勝手に予測してしまい間違った判断をするということもあると思うからです。

 

そして、
病気は今までの考えをブッ壊し、

「何でも知ってる大人でいるより、
何でも無邪気に何でも興味を持つというふうな柔軟性である状態でいられるようにしよう!」
という新たな考えを与えてくれました。

 

新しい発想は以外にも、
八方塞がりでどうしようもないという、

初めて体験する未知の状態で、
「もうどうにでもなれ!なるようになる!」と開き直ることで恐れがなくなり変わったのです。

 

これはスポーツに似ているかもしれませんね!

勝とう勝とうと意気込んで力が入り、
カッチカチになったのかも。
強い人はやはり力が抜けて、力が抜けているからこそ自由に動ける。

 

求める過ぎると遠ざかり、
こだわらなくなると向こうからやってくるという不思議…

 

まぁ、話しは戻しまして、

しんどい状況でも長い目で見たら、
「あの出来事、今思えば、なかなかよかったな!」みたいな体験は誰にでもあると思います。

 

もしかすると、
人生は自分が思っているより良いもので、深いものかもしれません。

(まだ36年しか生きてないから知らんけど(笑)

 

そう考えると、
次は何が起こるだろうとワクワクしますね!!

 

何歳になっても、初心者精神で
好奇心を持って楽しみ、
チャレンジする大人でいたいものです!

 

 


只今、メルマガにご登録頂いた方、限定で、

【問題の原因を明確にするワーク】が一回無料のキャンペーン中!

(ズーム、LINEにて60分程度)

メルマガのご登録は👇

http://enmoto.moo.jp/kami-kokoro-treatment%e3%80%8f/


 

 

大好評、心のブレーキを見つけ出し、未来の自分をイメージするワークショップ👇

http://enmoto.moo.jp/kokoro-mirai/


 

 

ヘアカットでスッキリする👇

http://enmoto.moo.jp/step-bone-cut/


 

 

心理カウンセリングは👇

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

イメージで不安からの脱出する方法!

 

未來の不安。

まだ起こってもないことを心配してしまう。

その先どうしよう…

あんなひどい事になるんじゃないか…

 

 

そんなこと考えてもしかないがないとは頭では分かってるけど、不安が頭から離れない。

 

そんなこともあるかも知れません。

 

 

その場合、
「今を生きること(集中すること」
が解決策の1つだと思います。

 

(プロフィールにも書いてますが)http://enmoto.moo.jp/profile/

今に集中することが出来ればかなり楽しいですよね!

 

 

そもそも不安は、
そんなに悪い感情ではありません。

 

未来に起こる問題を解決するための感情ですよね!

 

でも、あまりに不安が強すぎると辛い。

 

 

 

 

イメージを使ってみる?

 

僕はと言うと人生で一番不安を感じた時は、

 

やはり、ギランバレーになって病院に運ばれて手足の痺れの後遺症が残るかも知れない。

もう立てないかもしれない。
と知らさせた時。

(でも、この時から治る可能性もあるんですけどね、今治ってるし!)

 

「どうしよう、どうやって家族を養っていこう…」

色々グルグルして、不安でした。

 

 

 

でも、毎朝必ずやってた事があります。

それはイメージングです。

 

 

 

毎朝、自分のなるたい姿をイメージする!

 

毎朝、
自分が退院した時の姿を思い描く。

もちろん、最初はうまくいきません。

 

 

現実に具合悪いし、寝たきりだし、手足の感覚だってない。

いつ退院できるかわからない。

 

 

めちゃくちゃイメージしにくい(笑)

 

 

これは、今、何か問題を抱えておられる方にも当てはまると思います。

 

現実に辛い状況にある場合、良いイメージができにくくなっています。

 

でも、やってる間に出来てきます。
不思議と…

 

 

 

 

最初は妄想でも何でも良い!

 

 

で、イメージしてると色々思うわけです。

 

 

いつ退院できるかわからないけど、
時間だけ決めておこう!とか(笑)

 

14時ぐらいとか適当に(笑)

 

14時ぐらいに、

 

病院の廊下を歩いて、
手に荷物持って、

嫁と子供と一緒に、先生に見送られて、
正面玄関を出る、

 

太陽の光が眩しい、

みたいな。

 

もう、イメージというか、妄想(笑)

 

でも、それで良いんです!

 

 

最初のうちは、うまくイメージ出来なくても、そのうち、

どんな服着て帰ろうとか…
イメージはふくらんでいきます!

 

 

 

 

イメージを先取りする!

 

あとは、ある程度良くなってきた時、

職業復帰訓練が始まるのですが、
最初は髪ではなく、工作ハサミで紙を切るだけ。

 

 

でも、その時、

僕は嫁に頼んで私服を持ってきてもらって、職業訓練の時間だけは実際にサロンワークでも来ている服を着てリハビリを行っていました。

 

 

みんなジャージとかパジャマとかで、やってますので、かなり浮いてましたけど(笑)

 

 

すると、
やっぱり美容師に立ち戻れるわけです。

 

イメージもどんどんしやすくなります。

 

 

みんな、パジャマなどの中で、普通に私服。

「何か、俺、この病院の中で一番元気かもしれない!」

 

そんなイメージも浮かんできます(笑)

 

今考えるとこれがかなりよかったのかも知れません。

 

イメージの中の未来の自分がやっていることをちょっとやってみるということ。

 

そんなこんなで、
妄想していると不安な気持ちどんどん薄れてきます。

 

 

 

イメージが鮮明になると自信がつく!

 

そして、
イメージのほうが勝ってくると、
「絶対大丈夫!」と心から思えるようになります。

 

 

で、また、大丈夫じゃないことも起きて、試練がある。それは仕方がない(笑)

 

 

 

イメージが本当かどうかは関係ない!

 

正直、僕がここまで回復したのは、
イメージのせいではなく、運かもしれないし要因がわかりません。

 

 

同じ病気でも、
寝たきりになったり、
何か道具を使わないと歩けない方もいらっしゃいますし。

 

 

でも、
「不安だ、不安だ」と毎日殻に閉じこもってるよりは大きく前に踏み出せるはずです。

 

 

正確な未来なんて誰にも分からないと思います。

 

分からないのなら、
やってみよう!!今を出来ることをやって、今を生きてみる!

 

 

まずは、自分自身がどうしたいかが大切です!

 

 

一生懸命やった結果はもう仕方がない(笑)

ダメだったらその時はもうドンマイ(笑)

 

 

そして、
続けるか、やめるか決めれば良い。

 

 

そういう感じでやったら楽じゃないですか?

 

 

「泣いても喚いても病気は治らないし、できることやろう!
無理だったら障害者手帳もらって生きていこう!」

あの時、僕は本気でそう考えてました。

 

 

今もそんな感じですけど、

とりあえず、治ったけど、
面白そうだから
美容師とカウンセラーやってみよう!
やらないで後悔するよりやったほうが良い!みたいな!

 

 

心理カウンセリングで、
不安になっている思考のパターンを探りブロックを外すことも大事なことかもしれませんが、

とりあえず、
不安にイメージをぶつけて、
テトリスみたいに消すことことも出来るかもしれません。

↑これもイメージをです(笑)

 

 

大好評のワークショップ、👇

http://enmoto.moo.jp/kokoro-mirai/

 

メルマガ登録は、👇

http://enmoto.moo.jp/kami-kokoro-treatment%e3%80%8f/

 

髪型を変えて、気分もスッキリ!👇

http://enmoto.moo.jp/step-bone-cut/

記憶からイメージへ!

記憶には、制限ありますが、

イメージには制限がありません。

 

「あの時、ああすれば…」(後悔)

「毎回こうなるから、またこうなるのでは…」(不安)

この思いは記憶からくるもの。

記憶は継続を作り出すようです。

 

しかし、

僕らはこの記憶の隙間の時間に、自分で選択できるという自由も持っています!

 

量子力学では、「僕らは無限の可能性の中に生きている」ということらしいです。

 

 

無限の可能性の中にいる?

 

突然ですが、

今までの人生はどのようなものだったでしょうか?

金持ちか、それとも貧乏か?

幸せを感じているか、悲しみを感じているか?

健康か、かそれとも病弱な体に悩まされているか?

自分の選んだ人生を送ってるか、
それとも与えられた人生を生きているのか?

恐怖に怯えているのか、
それとも愛に満ちているか?

毎日ストレスを感じているのか、
それとも平安を味わっているのか?

「しなければならないこと」をいつもやっているのか、それとも「したい」と思うことをやっているのか?

人生は葛藤に満ちているか、
それとも夢は実現されているのか?

人によって、良い分野と悪い分野もあり、

事情も色々あると思いますが、

量子力学によれば僕らは、
無限の可能性の中で生活しているらしいです。

 

僕らは瞬間瞬間に、無限の選択肢が用意されていて、それを選択していくという選択の連続。

つまりは、
人生は自分自身では選べるということ。

これが僕らの生活の実現ということ。

無限の可能性の中で生活しているので、いつでも自分自身で作り出すことができます。

 

世界はエネルギー振動で出来ている?

 

原子構成要素のレベルでは、
世界のレベルがエネルギーの振動によって出来上がっていると言われています。

音も振動、光も振動、物質をまた振動。

世界は振動するエネルギーと情報でできているらしく、

現代物理学の最終的結論は、
物的世界は物的なものではないというもの。

アインシュタインが証明した、
光の最小単位は1フォトン(光子)、
または1量子ということであり、

電球の中の作用を検証すれば解りやすいようです。

 

電球の検証。

 

エネルギーが蓄積され1量子の値になると光として放たれる。

さらに次のエネルギーが溜まってきて、またその次の量子が放たれる。

そして矢継ぎ早に、
このプロセスが 繰り返される。

 

この光の粒子が目の網膜に感知され、
そこで電気信号に変換される。

 

そして、
情報が神経を経由して脳に伝えられる。

 

その信号を受けて脳がひとつのイメージまたは映像を作り上げる。

 

光は1量子ずつしか伝わらないので、
僕らの見ているイメージは、
全てその光の周波数に合わせて点滅しているということになります。

 

僕らにとってそれが継続して光っているように見えていても。

(たまにテレビ番組などで、スーパースロー再生した時などに蛍光灯などが点滅して写っていますね)

 

この同じ原則は、映画を見るときに作用しているようです。

映画の場合、
1秒前に24コマの静止画がスクリーンに映し出されています。

 

しかし、

僕らにとって、
それは動いている動画に見えてしまいます。

では、
なぜこの断続的な情報が、
ひとつの継続してつながったイメージに見えるのでしょう?

 

その答えは記憶だそうです。

 

 

 

記憶は継続を作り出す!

 

記憶は、

次の情報が届くまでは、前の情報を覚えていて、

光、音、感触などについても、
この原理は働いているそうです。

 

つまり、

記憶を使って断続的な情報という状況から、継続的な世界を作り出しているというわけです。

 

ということで、
記憶は継続を作り出すと言えます。

 

では、次の情報が届くまでは?

しかし、
そこで疑問が湧いてきませんか?

「世界が断続的な情報で出来ているのなら、その隙間の中に何が起きているのだろうか?」

答えは、
無限の可能性がそこに存在しているということ。

そして、
その無限にある選択肢の中から、
どれかの可能性を選択することによって 次の一瞬における現実を決定づけることになっているらしいです。

 

この無限の選択肢(可能性)は、
過去と連続した世界を作り出そうとする記憶のベールによって隠されていて、分かりにくくなってはいますが、

可能性はいつでもそこにあります。

 

ということで、

あなたの将来はあなたの過去の延長線上にある必要はありません。

 

自分の世界は、
自分で作り出せるということ。

記憶からイメージへと移行すれば、
可能性は広がります!!

 

記憶からイメージへと移行されたい方は

こちら、心ブレーキを見つけ出し、未来の自分をイメージするワークショップ

詳細は👇

http://enmoto.moo.jp/kokoro-mirai/

 

 

悩みの原因を特定する具体的な方法!

 

今回は、色々な土地でカットしたり、
カウンセリングしたりと、
かなり貴重な経験をさせて頂き、
とても成長できる盆休み。

ありがとうございます!

 

 

さて、
ワークショップやカウンセリングで
色々な方とお話しして、
やはり出てくるのは色々な悩み。

 

例えば、多くの場合、

人と話すのが苦手。
人に認められたい。
未来に不安を感じる。
自信がない。
すぐにイライラしてしまう。
1歩前に踏み出せない。

などなど…色々な悩みがあります。

 

「なぜか、そうなってしまう…
頭では分かっているのに…」

みなさん、おっしゃいます。

 

でも、この状態だと、

何が原因なのか?
自分のどこを改善すれば良いか?

分からない状態なので、
手のつけようがありません。

 

そんな感じで、お困りの方と沢山のお話させて頂きましたので、少しでもお役に立てればこの記事を書きました!

 

手のつけようがなければ、この先も問題は起こるし受け流していくしかありません。

 

だから、
悩みの原因(心のブレーキ)を見つけ出すのはとても重要です。

 

そして、
その鍵を握るのが思考の癖です。

 

 

 

思考の癖を見つけ出す?

 

ワークショップなど、カウンセリングでその思考を特定して、

「いつからですか?」

と訊ねると、みなさん、

 

「えーと…ずっと昔からかな?」

 

こんな答えが返ってきます。

 

 

昔から繰り返しているが、
頭ではわかっている。

しかし、
なかなか変えられないという悩み。

 

では、この悩みには対する思考。

この思考は自然に湧いてきたものなのでしょうか?

 

否、

違います。

 

 

その思考は過去に体験しているもの?

思考の癖になっているようなものは、
必ずと言って良いほど、
過去にその体験をされています。

 

たとえば、

梅干の写真を見て、
僕らは「酸っぱそう…」という思考が
無意識に沸いてきて、
唾液がでてきます。

 

しかし、それは、
自然に湧いてきた思考ではないはずです。

 

この思考が浮かぶ人は、
梅干を食べたことがある人だけ…

つまり、過去に体験しているんです。

 

梅干を食べたこと、
見たいこともない人はこの思考は沸いてきません。

 

思考も同じで、
その思考が浮かんでくるということは、
過去にその体験をしているということです。

 

 

そして、

その体験は、
幼少期によるものが多いようです。

 

そして、
「三つ子の魂100まで」
と言われるようにその体験は意識にしっかりと書き込まれ思考の癖になってしまいます。

 

 

つまり、

梅干しが見て、無意識に過去の体験ですっぱいと感じ、唾液がでるように。

ある特定の出来事に遭遇すると、無意識に過去の体験の思考が湧き出てきて、感情を感じてしまうということです。

 

心理学を勉強する前の自分はこのことはあまりピンと来ない感じで、

「俺は今の問題を解決したいんだ!
仕事のとこや、今の悩みに過去のことなどは関係ない!」

そんなふうに思っていました。

しかし、
心理学を勉強し、
カウンセリングを重ね、
沢山の方とお話していく中で、
悩みの原因が過去にあった、
本人も忘れていた記憶が思い出された。
そんなことを、自分の耳で聞き、目にしてきましたので、腑に落ちるようになりました。

では、
どうやってその悩みを解決する思考を特定していくのか?

 

悩みのもとになっている思考の特定方法!

 

たとえば、

人と話すのが苦手。
人に認められたい。
未来に不安を感じる。
自信がない。
すぐにイライラしてしまう。

というような悩み。

 

それは、
どんな時にそうなるのか?

いつ、場所、その時にいた人など、
詳しく、どんな状況か確認していくんです。

 

何が起きて、どんな時に、
その思考や感情が起こっているのか?

 

そして、大抵の場合、
頭では分かっていて繰り返しているものですから、一回や二回のことではありません。

そして、
以前の事例も検証していきます。

すると、必ずこの人のパターンが炙り出されてきます。

そして、
しっかりと思考や感情、パターンが確認していくことを繰り返すことで、
その原因となる体験を特定できます。

 

この思考の癖が
特定できただけでも、
自分と向き合うきっかけとなり、
自分の思考の癖に気づき、
自分の課題が見えてきます。

 

 

 

しかし、
この思考の癖というのは、本人にして見れば、潜在意識(無意識)の領域にあり、自分自身では気づけません。

 

実際、
僕のワークショップや、
カウンセリングを受けられた方は、

ご自身で見立てていた悩みの原因からは、違うところから原因が見つかり驚かれます。

 

ということで、

昔から繰り返している悩み、

頭ではわかっていているのに変えられない悩み、

がある方は

ぜひ、

 

心のブレーキを見つけ出し、
未来の自分をイメージする
ワークショップを受けてみてくださいね!

 

気軽に受けられる内容になっております!

 

詳細は👇

http://enmoto.moo.jp/kokoro-mirai/