ウルフテイスト!

軽く。動く髪へ。

 

#en
#小顔補正立体カット美容師
#ステップボーンカット認定スタイリスト
#ステップボーンカット認定サロン
#ステップボーンカット
#ステップボーンカット天王寺
#ステップボーンカット本町
#ステップボーンカット平野
#天王寺美容室
#本町美容室
#平野美容室
#ウルフ

このカットにしてから…

 

髪の量多く、かたい髪質&くせ毛のお客様。

髪がまとまらないので括るしかかなったのが、

このカットにしてから、
「本当に毎日が楽になった!」と喜んで頂いております!

髪をおろすことも視野に入れて今回は少し短めに。

#en
#小顔補正立体カット美容師
#ステップボーンカット認定スタイリスト
#ステップボーンカット認定サロン
#ステップボーンカット
#ステップボーンカット天王寺
#ステップボーンカット本町
#ステップボーンカット平野
#天王寺美容室
#本町美容室
#平野美容室
#くせ毛
#髪が多い
#ボブ
#ヘアカット

バランスって大事!

骨格からデザインを考える。

#en
#小顔補正立体カット美容師
#ステップボーンカット認定スタイリスト
#ステップボーンカット認定サロン
#ステップボーンカット
#ステップボーンカット天王寺
#ステップボーンカット本町
#ステップボーンカット平野
#天王寺美容室
#本町美容室
#平野美容室
#メンズ
#メンズカット
#メンズスタイル
#メンズショート
#ショートカット
#バランス

外人風ベリーショート!

外人風。

#en
#小顔補正立体カット美容師
#ステップボーンカット認定スタイリスト
#ステップボーンカット認定サロン
#ステップボーンカット
#ステップボーンカット天王寺
#ステップボーンカット本町
#ステップボーンカット平野
#天王寺美容室
#本町美容室
#平野美容室
#平野
#天王寺
#本町
#メンズ
#メンズカット
#メンズショート
#ベリーショート
#外人風
#外国人風
#外人風カット

カウンセリングで、いつも伝えること!

今ここが「今の最高到達点。」

その考え方が自分の中で深く定着してきました。

今この瞬間が最高の場所、
それが定着した時、起こってくる出来事を楽しめるようになり、求めることが少なくなります。

今ここが、最高なわけですから(笑)

病気になっている人でも、やっぱり今ここは最高なわけです。

性格、環境、病気でも
「短所を改めれば人は成長する!」
多くの人はこの考えが根強いのではないでしょうか?

少なくてもこれをバリバリ僕は持ってますけど(笑)

しかし、
短所とは何なのか?

人は、それぞれ特質を持っています。

その特質を生かしきれなかった時、
短所と呼ぶようです。

(逆に生かしきれたら長所)

よく長所と短所は表裏一体だと言われますが、

そもそも生かしきれてないだけなのですから、直すべきものなどないのです。

 

直すべきものなどない。

この感覚が定着した時、
変化が起こります。

 

変える必要がないと思う時、
変わりはじめ、

 

しなければならないことなどないと分かったとき、行動的になる。

 

 

そして、

感覚を抑えつければ、抑えつけるほど、
ますます感情は暴れだします。

 

起こってくる感情を味わっていると穏やかになってきます。

 

つまり、

今ここ、最高!!マジ完璧!

と思えたら、次のレベルへステップアップします。

 

反対に、

「まだまだダメだ。」と思うなら、
まだまだそこにいて学びたいということですから、そこに居続けるわけです。

で、今、

「ダメだ!」

も思うことは、

永遠に「ダメ!」です。本当に。

 

 

で、カウンセリングを終盤、

僕はいつもクライアントさんにかける言葉があります。

 

それは、

「今どんなあなたでも、
過去のあなたが一生懸命、頑張ってきた結果ですよ!だから、今までよく頑張ったって自分を認めてあげてくださいね!」

 

自分のこんなところが嫌い、
こんなところを直したい。そう思っておられる方が多いです。

 

でも、

直さなくてもいいんで。

どうぞ、そのままで!

 

人はもともと完全に自由!

こんにちは。

髪と心をキレイにする

美容師 / 心理カウンセラー

の圓本高士です。

 

今日も、カツ丼屋さんで、カツ丼の到着を待ちながらこのブログを書いています!

年末のだからか、ゲキ混みです!!

 

 

 

それはさておき、

 

今年も沢山の方に、カウンセリングでお話を聴かせて頂きました!

聴きながら僕も沢山の気づきを頂きました!

 

そんな中、新たに気づいたのは、

「悩んでいる人はもともといない」

ということ。

 

 

カウンセリングをしていると、
悩んでいて辛い人が、ほとんどです。
元気な人、調子の良い人はまず来ません(笑)

 

 

みんな、「悩んいて辛い(と自分で思っている)」からお話をするわけですが、

 

 

しかし、

 

悩んでいる人は、
もともといないのです。

 

 

「いやいや、今どうにもならない事があって辛いんだ!」

という人もいらっしゃるかもしれませんが、

 

 

お話を聴いて冷静に見ていると、

 

「悩んでいることが居心地が良く、
その場所に居続けたい人」と、
「その体験から何かを学ぼうとしている人」がいるだけ。

 

 

本当にその気になれば自分の回りのことは変えられます。

 

制限だと、考えるその事柄は実は固定概念であり、自分自身の認識です。

 

例えば、

他の人を見て、「辛そうだ」と見える時、それは自分自身が認識に「辛いもの」があるというだけ。

 

自分自身の他に、辛いと認識できるとこはありません。

 

つまり、自分自身がその人を「辛い」と
認識しているだけであり、
自分自身が「辛いだろうな」と想像しているわけです。

 

 

実は自分自身が選択する権利をすでに持っているのです。

 

だから、悩んでいる人はもともといないわけです。

 

 

悩みを選択している人、と、
その体験を選択して学ぶ人がいるだけです。

 

もともと、
生まれてから、死ぬまでのその時間、人は完全に自由です。

 

完全に自由な2019年、
何しますか?

 

それではまた。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

 

毎週火曜日、17時から配信の、

無料メルマガ「髪と心のトリートメント」はこちらから↓

http://enmoto.moo.jp/kami-kokoro-treatment/

自分の望む環境に変える方法!

 

小顔補正立体カット専門美容師・
不安を克服する心理カウンセラーの

圓本高士です。

 

 

今、お昼御飯がくるまでに、(オーダーしてからの時間)に最近気づいたことがあるのでこれ書いてます。

 

突然のですが、

自分をとりまく環境を変えられると思っているか?変えられないと思っているか?

どっちだと思います?

ちなみに僕は変えられる派です。

 

時間が足りない。
やりたいことができない。
嫌な人ばかりいる。
こんな仕事を嫌だ。
こんな家族が嫌だ。

こんな環境と嫌だ。

 

もし、あなたが今そう感じていて、
精神的、または時間、肉体的に自由がないと感じていて、

 

自分をとりまく環境と周りの人間は選べないから仕方ないと思っているのから、

 

ただの勘違いだと思います。
(あくまで僕の意見ですが)

 

 

僕のカウンセリングでは、
この悩みを抱えた方が結構多いです。

 

僕がフリーランスで自由に働いているように見えるからでしょうか(笑)
(見えるだけです…それも勘違いです(笑))

 

 

カウンセリングに来られた方に

 

「自分をとりまく環境と周りの人間は選べないから仕方ないと思っているのなら、ただの勘違いだと思います。」

 

と伝えても、

 

「でも、実際は選べないじゃないですか。職場も選べないし、部署だって選べないし、上司も周りの同僚も選べない。フリーランスで起業しても成功するか分からないし、生活もあるし…」

という方がほとんどの(というか100%に近い人)がこれを言われます。

 

 

気持ちはわかりますが
でも、やっぱり勘違いだと思います。

 

 

でも、本人は変わりたい。

ここではないどこかへと。

 

 

この場合、

まずは、

「自分が選んでいることを自覚しましょう。」

とか言っても何も変わりませんし、
もう色々人から言われていると思いますので、

まずは、色々リサーチしてみましょう!

 

 

自分のやりたいことについて(その分野について)、それを先にやっている人などまずそれを調べてみましょう。

 

そして、リサーチをして環境を変えた時のために備えをしていくことがとても大切だと思います。

 

(僕の場合は、突然の起業でしたのでリサーチしながら動いてましたが、でも時間があるならしっかりリサーチしたほうが良いと思います)

 

 

話を戻しますが、

 

自分をとりまく環境と周りの人間は選べないから仕方ないと思っている人は、

・自分のやりたいことがぼんやりとしている

・環境を変えたあとの自分が想像できていない

ということかもしれません。

 

 

やりたいことと、変わったあとの自分がイメージできないために、

今の環境しかないという選択肢がない状態であると思い込み、

今の環境しか選べないと感じるのかもしれません。

 

 

実際に、以前、

「未来をイメージするワークショップ」

というものをやらせて頂いていた時、

クライアントさんのお話を伺い、
やりたいことをお聞きして目標設定をして頂き、

 

3か月後、あなたこの目標を達成しています。

今あなたは何をしていますか?
どんな生活を送っていますか?
どんな気分ですか?
この達成を誰に伝えたいですか?

 

など想像して頂くワークをやっていました。

 

 

変わったあとの自分をイメージしてもらうんです。

 

そして、モチベーションを上げて、
「よし、やるぞ!」という気持ちになる。

でも、ここで止まる人と、達成できる人が出てくる。

 

 

この違いって、

このイメージの自分になるための方法をリサーチして行動に移したか移してないかの違いだと思うんですよね。

 

 

ということで、まず、

リサーチして、イメージすることが大切だと最近感じています。

 

最後まで、お読み頂きありがとうございます!

 

僕もしっかりイメージして行こうと思います!

自然のままに感情を感じる!

人は、
好きなことをやっていれば楽しいし疲れません。

反対に嫌いなこと、嫌なことをしていたら疲れます。

これと同じような感覚で感情も、
自然のままに感じることができれば疲れませんが、

何か抑圧したり、本当に感じている感情の逆のことをしたら疲れます。

 

 

では、
なぜ抑圧したり、逆のことをするのか?

なぜ自分の感じているように感じられないのか?

 

 

それは…

 

 

恐いから。

 

 

 

こういう人は、たとえば、
何かに辛いことがあったとき、辛いとか嬉しいなどの感情を感じる前に、「辛いとか感じてはいけない」という意識が働きます。

 

 

しかし、どんなに感じまいと頑張っても辛いものは辛い。実際には辛いわけです。

この状態は、自然に感じることを禁じられている状態ですが、人間は感じるように感じる以外感じられないそうです。

 

 

では、
なぜその感情を感じるのが恐いのか?

 

 

それは、小さい頃のあなたに重要だった人が深く関係しています。

重要な人というのは、その人物の保護を受けずに小さい自分は生きていけない、つまり、保護者というポジションの人。

 

その人の命令や期待を裏切って、嫌われたり、見捨てられたりすると小さい子供は自分一人では生きていけません。

 

だから、生きるために、その人から辛いと感じるなと命令されれば、辛いと感じなくなります。

 

 

でも、心の底では辛いわけです。

本当は辛いのに、辛くないと感じなければいけない。しかも、辛いと感じたら見捨てられるかもしれない。

もうかなり大変な状態です!

 

そこでこの大変な状態を子供はどうするか?

人はこの状態は脱出するために、
自分の自然な感情の感じ方を意志の力で無意識に追いやります。

この子供の頃の重要人物にとって許されない感じ方をしている自分の自然な感じ方を、意志の力で、許される感じ方、期待される感じ方を作りだすわけです。

これはさらに大変な状態です!

 

 

これをトイレに行くという例で例えてみましょう(笑)

尿意を感情としましょう。
自然に感じるものということで。

小さい子供が尿意を感じてトイレ行きたいというわけです。

 

でも、
保護者が「だめだ。トイレに行きたいわけがないだろう!トイレにいきたくないはずだ!」というわけです。
(尿意(感情)を感じるなということ)

 

で、子供は見捨てられたりする恐怖から
尿意を無意識に追いやり、尿意を感じない状態の自分を作り出す。

で、

「自分…トイレいきませんから…」

みたいな感じで高倉○健さんみたいに言うわけです。

もう、むちゃくちゃ心にも身体に悪そう(笑)

 

では、なぜこんな状態を作り出すのか?

それはそのほうが単純に恐くないから。

 

 

保護者がそう思っているか別として、

「生きるか死ぬかの権利は保護者が持ってる。」

この考えを子供は心の底で感じていますので、その保護者に嫌われたり見捨てられたりするのが恐いわけです。

 

もうね、生きるか死ぬかのレベルですので、かなり恐いわけです。

 

この自然な感情が感じられない状態、

本当は辛いことを、辛くないと感じていたり、

本当は面白くないことを、面白いと感じていて、

精神的に無理をしている状態を何年も何十年もしている人って以外と多いらしいです。

 

この人達は、小さい頃に感じた恐怖を未だに感じているのかもしれません。

 

あなたは、自然な感情を感じてられていますか?

 

もし、
自分があるがままに感情を感じれない、
何か不自然な感じがする時は、

カウンセリングなどでその無意識に追いやった感じ方を取り戻す必要があるということです。

偽物の罪悪感や道徳観を突破する!

 

何かに悩んでいる人は、本当の自分の感情を感じていないから。

 

たとえば、
劣等感に悩まされている人が、

「どや!どや~!!どや~!!!」

と、自分がすごいこと、優れていることを誇示することでは解消されません。

 

心の奥にある本物の感情を感じること、接することで解消していきます。

 

劣等感を持っている人が、本物の感情に接するのに障害になるのは罪悪感だと言われています。

 

 

例えば、普通、
親とか兄弟、家族を憎むというのは罪悪感を感じます。

 

そこで心の底では、

「なんじゃい!この野郎!!」

と思っているその敵意から無意識に逃げてしまう。

 

 

からかわれたり、笑い者にされたり、侮辱さたり、傷つけられているのに、

そんな相手を「良い人」と思おうと頑張るのは、憎むことに罪悪感を伴うからです。

 

 

しか~し!!

ちょっと、よく考えてみてください。

 

 

 

たとえば、親だから、友達だからという理由で、要求をつきつけられたとしましょう。

 

 

でも、自分の方は1度でも同じような要求(不当な要求)をつきつけたことがあったか?

 

それは、
親子だから、兄弟だから、友達だからというのを、相手は、自分を傷つけることを正当化する手段に使ってはいなかったか?

 

 

たとえば、
親子だから、お前の働いたお金はこちらの名義にしておくと言われたが、
親子だから、この財産はお前の名義にしておくと言われたことは1度もなかったのでは?

 

 

親子だから面倒を見ろと言われたが、
逆に親子だから世話をしてあげると言われたこと1度もなかったのではないか?

 

 

この場合は、親子だから、友達だからというのは、精神的、肉体的にあなたを搾取し、傷つけることを正当化するするための理論です。

 

 

カウンセリングをしているとそれでも、自分の周りの人を温かい人だったという人が多々おられます。

 

 

自分は辛い思いをしているのに、それでもまわりは温かい人はばかりだと言うわけです。

 

 

でも、それが本当だとしたら、
なぜあなたはここに来たんですか?という話になる。

 

 

こういった本当の自分の感情と接するのに時には邪魔なるひとつは、心の元気な人達の間違った妄想です(笑)

 

 

人って、病気の人、明らかに高熱でフラフラの人に、筋トレしてら良いんじゃない?とか、スイミングしたらスッキリするんじゃない?とか、走って汗ながした良いんじゃない?とか言いませんよね(笑)

 

 

しかし、
心が弱っている状態、辛い状態の人に対しては、この間違いをする人は大勢います。

 

 

うつ病の人にはげますなというのはこの典型的な例。

 

 

たとえば、

親を憎むなどということは、普通の家庭で育った人にとってはとんでもないことでしょう!!許せないことかもしれませんね!

 

 

親は絶対的な感謝の対象でなければいけないかもしれません。

 

 

しかし、健全な家庭環境で育った人達は、そうでない家庭環境の人達が家族からどのような侮辱、どのような傷を受けたかということは想像できません。

 

 

わかっているつもりになっているだけで、本当に理解することはできない。

 

 

そして、健全な家庭で育っている人のほうが数としては多いのです。

 

 

でも、心に傷をおっている人は、
この心の奥底にある本当の感情にふれないかぎりは解決しないんです。

 

 

だから、
偽物の罪悪感に負けてはいけません。
周りの人が何と言おうが!

 

 

良心とか道徳観の問題ではないんです。
それは事実の問題。

 

 

事実としてあなたは心の底に親でも、兄弟でも、友達でも、近い人間に敵意をもっているのならそれを認識することから問題の解決は始まるかもしれません。

 

これが大きな第一歩となります!

 

 

 

傷つけることを正当化するような卑怯な人は近い人間から搾取していくと言います。

 

偽物の道徳観に騙されず、
自分の本当の感情に触れましょう!

 

 

道徳は時として抵抗を封じる道具です。
その人達は、相手が自分勝手であることは許しませんが、自分の自分勝手は許すのです。

 

 

つまり、あなたは扱いやすい人だと思われているだけです。

 

 

それが嫌なら、自分自信で変えていきましょう!

カウンセリングはあくまでもきっかけですので、変えるのはやっぱり自分です!

繰り返される悩みを克服するには?

こんにちは!

小顔補正立体カット専門美容師/不安克服する心理カウンセラーの圓本高士です。

 

今日は

日本心カウンセリング協会公式メルマガ【心が強くなる本当の自分からのメッセージ】配信させて頂きました!

僕は毎週水曜日配信させて頂いてます!

 

このメルマガは日替わりで、日本心カウンセリング協会の公認カウンセラーの色々特徴の持ったメンバーが日替わりで配信しています!

僕も自分以外の時のメールを楽しみにしています!

ご登録はこちらから👇

https://resast.jp/subscribe/86310

今回もどんな感じでいているのかを知っていたためにこちらのブログに転記しました!宜しければ読んでみてください!

 

以下、メルマガ内容


 

 

 

あなたの中に傷ついた小さな子供がいて、あなたの大人としての行動ができない原因となる。

これを聞いたときどう思いますか?

「小さな子供がだいの大人の心の中にいるわけがない。」

「そんなアホな!」

と思われるかもしれません。

僕も最初これを聞いたとき、
「そんなわけないだろう。」
と思っていました。

しかし、
心理を学び、カウンセリングをしていると

「今こんな問題で悩んでいるんです。」と現在のお悩みで来られた方でも、よくお話を聴かせて頂き、その時の感情、思考を明らかにしていく。

そして、「前にもそんなことありませんでしたか?」と聴くと、やっぱりある場合が多いです。

悩みは何度もそれを体験して、強化されていきますので1回ではない場合は多々あります。

そして、カウンセリングを進めて行くうちに、「この感情は昔から味わっている…あれは確か子供の時に…」というように、

ほとんどの方がこの傷ついた子供時代の体験がでてきます。

子供の頃、辛く、傷ついた出来事をを経験することによって、子供が成長が抑えられ、感情、怒りなどの傷ついた感情が抑えられた時、

その人は、怒りを、傷ついた子供を抱えた大人になるのです。

この辛い経験をし、傷つき、無視され続けてきた子供こそ、人の悩みの原因になっていることがほとんどです。

この子(インナーチャイルド)を大人の自分が癒して、守ってあげないかぎり、大人としての行動ができない原因となります。

つまり、繰り返される悩みとなるんです。

⚫インナーチャイルドを癒して、守ってあげるために過去へ行く。

インナーチャイルドを癒して、守ってあげるためには、

過去のあなたの傷ついた感情を経験した出来事に立ち戻り、そこでやり残したことをやり遂げる必要があります。

まず、
過去の辛い体験へと立ち戻り、状況確認して再現していく。

自分が小さい子供だった過去ではどうしようもならなかった…

しかし、今のあなたならどうでしょう?
大人のあなたなら?

インナーチャイルドワークは、
この子供も時代の中に、今のあなたを送り込みます!

例えば、

1才くらいで、今立ち上がったばかりのあなたがいる。

ヨチヨチ歩きで何もできません。

そこの場面に今の大人のあなた、その赤ちゃんを助けることができるあなたを投入する。

なんか、助けられそうでしょ(笑)

 

あなたが子供頃に初めて辛い体験をしたあの時、今の大人になったあなたはそばにいませんでしたが、今は違うのです。

あなたのインナーチャイルドが失ったものを嘆く時、今の大人のあなたがいたわってあげることができるのです。

 

 

ということで、

心当たりのある方はカウンセリングを受けてみてくださいね!

「もしかしたら…、あれが原因がかも?」という方は、

【メンタルブロックを見つけ出す無料相談】へ!

悩みの原因を明らかにします!

悩みの克服したい方は、
【3STEP 心理カウンセリング】へ!

STEP1.現状の把握。
STEP2.心理カウンセリング
STEP3.インナーチャイルドワーク
という流れで悩みの原因を克服します!

このカウンセリングは、
インナーチャイルドワークが入ってますのでオススメです!

傷ついた子供の自分を、

「今まで良く頑張ったな!俺が来たから大丈夫!」みたいな感じのスーパーヒーローになったつもりで過去の自分を救いだすために過去に行く。

そんな感じで楽しんでやってくださいね(笑)

それでは今日も最後までお読み頂きありがとうございます!

それではまた!

 

メンタルブロック見つけ出す無料相談、

3STEP 心理カウンセリング

の詳細は👇

http://enmoto.moo.jp/fuan-ningenkankei/