思い込みを見つけるポイント!

 

「こうあるべきだ!」など、

自分の思い通りにならない裏側には必ずしも思い込みが存在します。

これに気づいたしめたもの!!

たとえば、

好かれなければいけないと、
思った瞬間に、

僕らはありのままの自分を否定しています。

明るくならないといけないと思った瞬間、暗い自分を否定しています。
暗い自分が10だったとしたら、

その暗い自分を否定するのに、

11の余分な力が働いているようです。

「ねばならない」

「こうあるべき」

「こうすべき」

「正しい」

「間違っている」

などの概念がある人は、

かなり余分な力を使っているようです。

でも、本当に皆から好かれなければならないのか?

嫌われてはいけないのか?

明るくなくてはならないのか?

本当にそうでしょうか?

思い込みは自分にとっては当たり前のため、普段なかなか気づけません。


思い込みを見つけるチャンス!


嫌な感情の奥には、

「余分な思い込み」が必ずあります。

たとえば、

友達が遅刻してきたときにイライラしたら、「遅刻してはいけない」という思いがあるからです。

しかし、

「遅刻してはいけない」というものは実は全世界共通ではありません。

 

海外などは以外と遅刻にルーズなようですし、日本でも沖縄のウチナータイムというものがあります。

 


気づくことが大事


この場合なら、

「自分は遅刻してはいけないと思っているからイライラするんだな」

と気づいているだけで良いようです。

そこに、良い悪いの判断基準をすることなく。

あの人が許せないと思うのであれば、

「本当はこうしてほしかった」

「こうあるべきだ」

という思い込みが、

人前で過度な緊張をするというのであれば、

「恥をかいてはいけない」

「人によく思われなければいけない」

などの思い込みがあります。

 

そして、

この思い込みから感情が生まれます。

ということは、

感情を感じることで、

どんな思い込みが自分を自由にさせず縛っているかを見極めることができます。

これを見極めることができたら、

そこから自由になれます。

 


思い込みから自由になったら?


自由にはなれますが、

その後は一切嫌な感情が湧いてこないのか?と言ったらそうでもないようです。

人の感情は天気のようなもの。
雨でも、晴れでも、

本当はどんな天気でも、

行きたいところへ行けます。

 

「今日は何で雨でもなんだ!!」

と文句を言っても変わりません。

 

でも、

ほっといても天気は一瞬一瞬変わっていくので、ありのままを受け入れて、その時々で、やりたいこと、やれることをたんたんとやっていけば良いかもしれません。

もともと解決すべき問題など何もなく、まず、ただ気づけば良いだけかもしれません。

ものの見方の力!

僕たちは、
人生においてうまくいっていることはそのまま続いて欲しいと願っている。

でも、

変わってほしいと思う部分もあるでしょう。

物事を変えるには、

その現実をそのまま眺めて捉えるのではなく、

自分の望むように解釈するとうまくいくようです!

 

 


現実を変えようとするのではなく、解釈を変える。


 

普通、

あなたの関心や思考は、

目の前の現実に向けられています。

それに、

あなたは周囲の他人の目も気にしてる かもしれません。

 

何となく目の前の現実に関心を向けているという姿勢である限り、

変化は起きないか、起きたとしてもゆっくりです。

 

あなたの人生には、

入れ替わり立ち代わり、

いろんな人が現れているでしょうが、

あなたが経験する本質やテーマはそれほど変わらないでしょう。

つまり、

いつも繰り返し同じようなことで悩んでいる可能性があります。

 

あなたの経験により良い変化を起こすためには、

現状と他人の目を無視して、

こうあってほしいということを関心を向ける必要があります。

 

他人には、

ありのままを認めたほうが良いですが、

現状を変えるには、

今起こっている出来事を認めながら、自分の本当に求めているものに意識を向ける必要があります。

 

意識すればあなたは関心の向け方を変えることができるし、

関心を向けることを変えれば、現実を変わります。

 

病気を健康に、

貧しさを豊かさに、

問題のある人間関係を良好な人間関係に、

イライラする心を平穏な心に、

などに変えることができます。

 

目の前の現実をただ眺めるのではなく、思考を意図的に方向づける。

 

そうすれば、

あなたのものの見方は変わり、 引き寄せられてくる現実も変わります。

 

そして、

今考えているよりずっと楽にこれまでの人生とは違う人生を歩めるようになり、もう他人に振り回されることはありません 。

 

あなたは自分の人生を力強く意図的に引き寄せることができます。

 

あなたの現実が今どんな状態であろうと思う作り変えることができます 。

もし自分の体が健康でなくても、

容姿が気にならなくても、

毎日が楽しくなくても、

かっこよくない服を着なくてはいけなくても、

つまらない人たちと顔を合わせないといけないとしても、

それがあなたの現実だったとしても、

これからもそうである必要はないということです。

 

今のあなたの現実は、

その時点でのあなたのあなた自身に対する感じ方が現れているだけです。

 

本当は、

変えようと思えば変えられるのです。

 

カウンセリングのご予約は👇

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

たるをしる。

「たりないものはないもない」

この言葉を聞いて、

どのように、感じますか?

 

最初、僕は意味がわかりませんでした。

 

 

「嘘つけ!このヤロー、
たりないからこうなってんじゃねぇか!

バカヤロー!!
そんなこと考えたら、

もっとたりなくなるじゃねぇか!

このヤロー!バカヤロー!」

と、ビートた⭕けしのモノマネをしながら考えていたのでした…

でも、それは違うようです!

 

 


 

「たりない」

と認識するとき、

お金や土地も健康も成功も、

「限りある」という

考えをしていると場合があります。

「限りある」という考え方は、

「いずれはたりなくなるだろう。」

と予測できる考え方です。

 

限られているという思い。
たりないという思い。

 

「たりない」という思いが、

常に

「たりない現実」

を作り出します。

 

 

お金も土地も健康も、

「今は十分でない」

という認識を元にしているから、

それらを

「守らなければいけない」

という思い、

または、

「獲得しなければならない」

と言う思いに駆られます。

 

 

でも、

それは本当にたりてないのでしょうか?

限りあるものなのでしょうか?

 

すべては溢れるほど豊かにあるとしたら?

 

あらゆるものがすべての人にとって十分にあるとわかったら?

 

そんな問題どうでもよくなってくるのではないでしょうか?

 

 

あなたは、

限りあるものを狙う侵略者がいて

自分から全てを奪おうとする。

 

 

または、

「限りあるものだから獲得しなけれならない。」

と思っているかもしれません。

 

しかし、 誰もあなたから奪うことはできません。

 

十分な人にいきわたるほどたくさんある。

 

つまり、

「たりないものはなにもない」

そう認識できれば、

「十分にありあまる資源がある」

と認識できます。  

 

 

そうすることにより、

あなたの思考は、

「たりない、限りあるもの」

を元にした

「守る、獲得する」

から、

 

「十分にありあまる」

を元とした

「生み出す、創造する」

へと変わっていきます。

 

すべては今、

どんな状態であろうと

今、僕たちは完全です。

 

今、

たりないものなどなにもない、完全であるあなたは、
何を創造しますか?

 

 

カウンセリングご予約は👇

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

自己中心で良い!


誰かが自分を否定してきた、

または、

認めようとしない時、

自分が悪いと感じる人もいます。

 

でも、それは

自分が悪いわけではありません。
相手が悪いんです。

 


相手に問題があるんです。


その人は、
あなたの「ありのままに受け入れること」が出来ていません。

そのため、

否定的な気持ちになっている。

この場合は、
あなたが悪いわけではありません。

 

 

それは、例えば、
絵を見た感想と同じ。

何かの絵を見て、

あなたは気に入らなかったとします。

でも、それはその絵が悪いのではなく、

あなたの問題です。

 

そんなことは気にせず、

うれしいこと、楽しいことに目を向けて見る。そう決めれば、そうしたものが目に入るようになり、どんな経験も楽しめるようになります。

良い感情を感じるほうに、

自分が思考を方向づけることができるようになります。

 

こういう言い方すると、

悪い意味で自己中心的だと言う人もいるでしょう。

 

僕たちは

人のことも考えなさい。」

と育てられてきた人が多くいますから。

 

 


自分と他人のために自己中心的になる?


しかし、

自分が望むものを手に入れることを受け入れていない人は、

誰か望みを実現することも受け入れられないことも多いです。

自分の良いところを認められる人は、

他人の良いところを認められます。

(逆もしかり)

 

 

そして、

相手がどう感じているかより、

自分がどう感じているかを、

しっかりと感じて大事にする。

 

何に喜びを感じて、

何にネガティブな感情を感じているのか?

どうしてその感情感じるのか?

 

つまり、

自己中心的であって、はじめて、

感情のナビゲーションシステムは作動します。

 

だから、

良い意味で自己中心的になり、

自分のことを受け入れ、認める。

その状態で物事を評価することが

他人に対しても同じようにするための第一歩のようです。

 

自己中心的になることが、後に人のためになることもあるのかもしれません!

【我慢とありのままを受け入れるは違う!】


あなたは成功してる人、

うまくいってる人を見て、

「チックショー!!!」

(小梅太夫なみに)

と思うことありませんか?

「あれさえなければ…」

「相手が変わってくれさえすれば…」

「俺、私だって…」

そんな思いを抱いているかもしません。

(その気持ち、わかります)

でも、それは気にする必要はありません。

本当は、
あなたを脅かす人、
あなたを脅かす出来事は、
何もないということです。

あなたの人生での経験。

それは、あなただけのもの。

それをコントロールしているのはあなた自身。

 

「ありのままを受け入れること」

 

つまり、

私は私以外の全ての人が、あるがままでいることを受け入れるということは、あなたに完璧な自由をもたします。

 

 

 


望まない経験をしないという、本当の意味。


 

それは、
あなたが気に入らないことにネガティブな感情を抱かない反応しないということ。

例えば、

難病や病気になんて誰もなりたくい。

でも、それと同時にそれを経験したからこそ得られたことがそこにあるということです。

しかし、

「受け入れるものになろう!]

と言うと、

「受け入れること」

それは、我慢することだと誤解する人も多いかもしれません。

難病になってしまったのだから、

しょうがないじゃないか…

みたいな。

 

そこから、頑張らなければしょうがないじゃないか?

みたいな。

でも、それは違います。

 

 

あなたはあなたで、

あなたの基準で生きているんです。

 

 

「我慢」と、「ありのまま」

を勘違いしている人は、

他の人については、もし,

あなたが気に入らないことを、

他人がしたとしても、

その人がしたいようにさせる。

 

でも、

そうするとあなたは嫌な気持ちになり、

かわいそうに思ったり、腹が立ったりして、

自分が脅かされていると感じたりする。

(出来事もしかり)

 

それでもその人は、そのままでいることを受け入れようと思う。

 

 

しかし、
これでは我慢しているだけではありませんか?

 

我慢とありのままを受け入れることは全く別物です。

 

我慢する時、

あなたは辛さや不快感など、嫌な感情を感じます。

 

ネガティブな感情を感じていると、ネガティブなことを引き寄せます。

 

ありのままを受け入れるときは、ネガティブな感情を感じない。

 

 

これはとても重要です。

 

でも、

「そんなの無理だ!」

「あいつが、あの出来事が悪いんだ!」

という思い。

 

それはとても分かります。

 

それでも、

人は受け入れる側にまわることができます。

 

 

そして、あなたが

「ありのままを受け入れる者」になれば、
あなたの人生の中から嫌なことはなくなり喜びと自由になります。

 

心理カウンセリングのご予約は⇩

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

今までの人生って捨ててみても良いことがある!!

 

僕は、

難病になって、回復した経歴から、

「メンタル強いね!」 「前向きなだね!」

とか、言って頂けることがよくあります。

 

でも、
メンタルが強いわけでもなく、
前向きなわけではありません。

むしろ、
人生の多くを捨ててきました。

 

 

 


捨てて良いものもある。


僕は難病から、とりあえずは、

仕事にできる、

っていうか、

めっちゃ普通になるくらい

立ち直っています。

 

 

でも、

それはメンタルが強いわけでも、

前向きだった訳でもなく、

ただ受け入れただけです。

 

 


むしろ、今までを捨てた。


今まで、やって来たことで
こういう結果だったのだから、

すべてを捨てて、身を任せよう。
流れに身を任せてみようと。

そういう考えだったのです。

 

もちろん、今までやってきた今までの、

信条、生き方を捨ててみよう。

身を任せてみようというのは怖いこと。

 

 

でも、そうなることで、

今、自分の必要なことが分かるんです。

 

頑張るだけが、

人生ではないと思います。

 

 

僕たちは、

頑張るために生まれてきたわけではありません。

 

幸せになるために生まれてきたんです。

 

 

頑張ることを目的としないことは、

とても重要です。

 

頑張ったらOK!

 

では幸せになれないから。

 

 

 

僕は運よく回復しましたが、

寝たきりになる確率が少なからずありました。

 

その時、考えたのは、
「こんなことになるのなら、

もっと楽しいことしておけばよかった。」

 

もっと、頑張っておけばよかったとは、
微塵も思いませんでした。

 

 

 


頑張らないの意味!


たまに、
頑張らないことを

認めない人がいますが、

それは頑張ることが目的な人です。

 

その人たちは、

幸せになるためでも、

成功するためでもなく、

頑張ること事態が目的なのです。

頑張ってる人は○、

頑張ってない人×、

みたいな…

 

ちなみに、

病気になる前の僕は間違えなく、

頑張ること目的としていましたね(笑)

 

 

でも、

頑張ったから、

僕は病気が、回復したのでしょうか?

 

 

そうではないと思うのです。

 

 

たぶん、

僕は頑張っても、

頑張らなくても、

回復してるんです。

 

 

そんなことにこだわるよりも、
今、この瞬間を楽しんだほうが人生は楽しい!!

 

 

大事なのは、

僕らは、
頑張るために生まれてきたわけではない、
幸せになるために生まれてきたんです。

 

 

そして、
頑張らなくても、頑張ってもどっちでも良いと思ったとき人は自由に動けるようになるようです。

不安の原因!

落ち込んだり、不安を感じていることは誰にでもあると思います。

 

 

しかし、

それが長く続くことや、

頻繁にそのような感情を感じる、

ということであれば取り除いたほうが良いかもしれません!

 

その原因は、

「偏った考え方のクセ」である可能性が高いです。

 


まずは落ち着く!


このブログのページを読んでいるあなたは、今、暗い気持ちでこれからのことを不安に感じているかもしれません。

でも、

自分の周りをゆっくり見回してみてください。

 

あなたは今、

このブログを読んでいると思いますが、 このことを非難したり否定したりする、また怒ったりする人はいないでしょう。

今あなたは、
苦しい思いをするかもしれない未来のあなたでも、

上司に責められたり、

電車の中で具合が悪くなったり、

嫌悪感やモヤモヤした気持ちに駆られてたり、

落ち込こんだ過去のあなたでもなく、

今この場でただブログを読んでいるだけです。

 

あなたは今この瞬間、

何かを怖がる不安に思う必要のない安心で安全な場所にいるのです。

そのことをまず心に留め味わってみてください。

 


今の時間とあなた自身を大切に!


今ここにいる時間を大切にすることは自分自身を大切にすることにつながります。

日常と切り離されたこの瞬間、

自分の存在だけに気持ちを集中し、

ひとまず心配事を考えるのをやめてみましょう。

 

しばらく我慢しているうちに、

心を占領していた不安や恐れは頭の中で自分自身が作り出していたものだということに気づくのではないでしょうか?

 

 


安心して、今はただここにいる自分の存在を感じてみる!


安全と安心の中、

ゆっくりと落ち着いてから、

あなたは今、

「どんなことに不安を感じ 苦しみ何を悩んでいるのでしょうか?」

悩みを言葉にするのは辛いかもしれません。

 

でも、悩みを言葉で言い表すことで、

その原因の正体が少しずつ見えてきます。

 

 

「辛いことは何ですか?

今どんな辛さを抱えていますか?

その辛さはどこから来ていますか?

そこから抜け出したらどんなことがしたいですか?」

 

この答えを 自分自身で自覚することがとても大切なのです。

 


何が自分を落ち込ませているのか?


その考えや思いが離れないのか考えてみましょう。
何かが起こった時、

あなたがする一連の反応を、

 

1「出来事をどう考えたか?」

それによって、

2「どんな気分だったか?」

3「その結果何をしたか?」

に分けて考えます。

 

 

認知とは、

そもそも出来事や耳を通して知覚し認識するところから始まります。

 

カウンセリングでは、出来事に関する、

知覚情報や言語やイメージとして解釈されて、考え、思考になったものを重視し、それを認知と呼んでいます。

 

その認知、思考の中で特に重要なのが理性が働き出す前に

「とっさに浮かぶ考え」。

 

これを掘り下げる必要があります。

落ち込んでいる人や不安を感じている人にとって、

「とっさに浮かぶ考え」は、

落ち込んだり、不安を感じている悪循環を引き起こすスイッチのようなものだからです。

 

 


悪循環を起こしている根本原因を探っていく!


たとえば、

自分はダメな人間だ、

何をやってもうまくいかないなどなど


自分を否定する考えの堂々巡りは、
ますますあなたを落ち込ませることでしょう。

また、

先のことを心配して不安になってしまうなど、

性格のせいだから諦めるしかないのでしょうか?

 

悪循環が起こる原因が何のか?

心の底にある偏った考え方の癖について考えましょう。

「とっさに浮かぶ考え」の他に、 「偏った考え方のクセ」に注目します。

 

それは、

「とっさに浮かぶ考え」はあなたの心の底にある

「偏った考え方のクセ」を見える形で表したものだからです。

 

 

つまり、

悪循環の根本的原因は、
「偏った考え方のクセ」なのです。

 

もちろん、

「考え方のクセ」自体は誰にでもあり、
その人の信条信念とも言えます。

「考え方」そのものが問題ではなく、
その「偏り」が問題なのです。

 

 


偏った考え方の癖を見直していく!


「とっさに浮かぶ考え方のクセ」
を無理やり否定しても、

また同じような悩みが沸き起こってくる場合があります。

それは、考え方が偏ったままだからです。

 

そこを変えないと悪循環はなくなりません。

 

 

だからといって、

あなたの考え方のクセを全否定して新しく作り直しましょう。

と言っているわけではありません。

 

 

大切なのは、

本来のあなたを活かす形で、

「考え方の偏り」の不健康な部分を飲み 修正することです。

 

 

世の中には少しネガティブぐらいの方が穏やかで楽に生きていけるという人もいます 。

でも、今のあなたは自己否定的なマイナス思考のせいで心が悲鳴をあげています。

 

そこで、

苦しい状況へとあなたを誘導している
「偏った考え方のクセ」

を見直して修正し、バランスの良い考え方をしましょう!

 

これを行っていくのが、心のカウンセリングです。

 

カウンセリングのご予約⇩

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/