平野・天王寺・本町 ステップボーンカット(小顔補正立体カット)専門店 en 心理カウンセリング

自己中心で良い!

 
この記事を書いている人 - WRITER -


誰かが自分を否定してきた、

または、

認めようとしない時、

自分が悪いと感じる人もいます。

 

でも、それは

自分が悪いわけではありません。
相手が悪いんです。

 


相手に問題があるんです。


その人は、
あなたの「ありのままに受け入れること」が出来ていません。

そのため、

否定的な気持ちになっている。

この場合は、
あなたが悪いわけではありません。

 

 

それは、例えば、
絵を見た感想と同じ。

何かの絵を見て、

あなたは気に入らなかったとします。

でも、それはその絵が悪いのではなく、

あなたの問題です。

 

そんなことは気にせず、

うれしいこと、楽しいことに目を向けて見る。そう決めれば、そうしたものが目に入るようになり、どんな経験も楽しめるようになります。

良い感情を感じるほうに、

自分が思考を方向づけることができるようになります。

 

こういう言い方すると、

悪い意味で自己中心的だと言う人もいるでしょう。

 

僕たちは

人のことも考えなさい。」

と育てられてきた人が多くいますから。

 

 


自分と他人のために自己中心的になる?


しかし、

自分が望むものを手に入れることを受け入れていない人は、

誰か望みを実現することも受け入れられないことも多いです。

自分の良いところを認められる人は、

他人の良いところを認められます。

(逆もしかり)

 

 

そして、

相手がどう感じているかより、

自分がどう感じているかを、

しっかりと感じて大事にする。

 

何に喜びを感じて、

何にネガティブな感情を感じているのか?

どうしてその感情感じるのか?

 

つまり、

自己中心的であって、はじめて、

感情のナビゲーションシステムは作動します。

 

だから、

良い意味で自己中心的になり、

自分のことを受け入れ、認める。

その状態で物事を評価することが

他人に対しても同じようにするための第一歩のようです。

 

自己中心的になることが、後に人のためになることもあるのかもしれません!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA