潜在意識を書き換える、インナーチャイルドワーク!

こんばんは、

髪と心をキレイにする

カウンセラー&美容師

圓本高士です。

 

 

セッションを沢山させて頂くようになって効果を感じているのはインナーチャイルドワークという心理療法のワーク。

今日は、これについて書こうと思います。

 

 

というか、

インナーチャイルドワークって

聞いたことありますか?

 

 

心理カウンセリングを受けたことがある方、

または、勉強したことがある方は聞いたことがあるかもしれません。

 

 

人は行動した結果として、

今の現実というものがあります。

 

 

つまり、

行動が、形になって現れているのがこの現実。

 

でも、その行動のほとんどは無意識のうちに行われています。

 

つまり、あなたの無意識(潜在意識)に書き込まれたプログラムが今のあなたの現状を作っているのです。

 

人間の無意識(潜在意識)は、

3歳までに約80%が作られると言われています。

 

 

生まれたての赤ちゃんの頃って何もできないし、一人では生きていくことができません。

大人の手助けがあってはじめて大きくなれるのです。

 

いろんなことを教えられ、少しずつできることが増えてくる。

 

そうやって、いろんなことを身につけてきたからこそ、僕らは今こうして生きていることができるのです。

 

 

でも、

この幼いころに自分の中に取り込んだいろんなものは、すべてが正しいこととは限りません。

 

 

トラウマと呼ばれるような、

必要がないと思われるルールもたくさんあなたの中には入っているのです。

また幼い子供が作ったため、

間違ったものもたくさん入っています。

 

 

幼い頃、

頑張った自分、

我慢した自分、

傷ついた自分。

そんな経験から、

無意識(潜在意識)にネガティブなプログラムを取り込み、今もその影響を大きく受けているんです。

 

 

インナーチャイルドワークとは、

心の奥底(潜在意識)にあるトラウマを解消するための心理療法。

 

 

つまり、

その潜在意識のプログラムを書き換える方法が「インナーチャイルドワーク」なんです。

 

 

 

僕のカウンセリングでは、

心理療法の中でも非常に効果の高いと言われるヒプノセラピー。

このヒプノセラピーで

「インナーチャイルドワーク」を行い、

傷ついた幼いころの自分を癒すためのツールとして提供しています。

 

 

 

リラックスした状態になり、幼いころの傷ついた自分を見つけ、今の自分で癒していく。

 

クライアントさんの中には、自分でも忘れていた記憶を思い出す。そんなことも少なくありません。

 

そして、その事実としっかりと向き合い多角的に冷静に見れた時、

ハッとする気づきがあります。

 

その気づきが潜在意識は書き換えていくのです。

 

やはり、

幼い頃のトラウマ、傷ついた部分を見いくため、少々痛み(辛いことを思い出したり)を伴うことあるかもしれません。

 

 

しかし、ここに向き合うことにより、

変わった人を大勢見てきました。

 

 

これができた時、

人は大きく変わることができるのです。

 

興味ある方はぜひ、

カウンセリングにチャレンジしてみてくださいね!

 

今日も最後までお読み頂き、

ありがとうございます!

 

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

 

カウンセリング・セッションを受ける前にやるたった1つの大切なこと。

こんにちは、

 

カウンセラー&美容師

圓本高士です!

 

今日は、

「カウンセリング・セッション受ける前にやるたった1つの大切なこと。」というテーマで宜しくお願い致します!

 

 

カウンセリングや、セッションに来られる方は、今の現実世界になんらかの不都合、

または、

思い通りでないことを持っておられることが多いです。

 

影響を受ける側に立っている方。

影響を受ける側から原因を考え道を切り開く側に移行したい方が多いかもしれません。

 

と、

まず、影響をサイドと原因について書かせて頂きます。

 

 

影響サイドと原因サイド。

 

人の立ち位置は、大きく分けて2つあると言われているようです。

 

影響サイドにいる人は、

何かの不都合、あるいは自分の思い通りにいかなくなった時、外側の世界に原因があると考えます。

「うまくいかないのは部下のせい。」

「お客様が来ないのは雨のせい。」

「仲が悪いのは主人のせい。」など

これは外側に原因があるという考え方。

 

だから、

人を変えようという考え方。

 

余談ですが、

僕はカウンセリングや心理学を勉強する以前は、

相手に伝えたりするなど、自分の行動やアドバイスすることが原因サイドであると考えていました。

かなり行動を重視していました。自分に原因があるから行動を変えようと。

 

しかし、これはまだ、

自分の行動によって相手を変えようとしている立場です。

これは一見すると原因サイドに見えますが、

実は影響サイド。

 

(行動だけを繰り返しても変わらない現実というものがあります。これがカウンセリングで扱う領域だと感じています。)

 

 

もう一つの

原因サイドは、

「コロナでも、自分で生きていける。」

「背が低くても、それを武器にする。」

「学歴がないけど、成功できる。」など

という、視点から、

さらに原因を考え道を切り開いていきます。

 

そんな時点で見ていくと、

自分の中に考え方の癖や、潜在意識の中に抑圧された感情があったりと、それらを解決することで前に進めることも多いものです。

 

 

つまり、

影響サイドであっても、

原因サイドであっても、

自分の周りに不都合や、

思い通りにならないことがある方、

 

 

簡単に言えば、

今より良くなりたい方

がセッションに来られます。

 

 

 

心は「思ったところに行く」性質がある?

 

最初は皆さん、

職場のこと、夫婦のこと、子供のこと、

将来、または過去のこと。

「なぜ、そうなってしまうのか?」

に意識が向いている状態です。

 

 

心は、

「思ったところに行く」

という性質があります。

 

望んだところに行くんです。

 

 

今日はラーメン食べに行こうと、

思うからラーメンが食べられるように。

 

カウンセリングや、セッションに来た方は、

今の現実世界に不都合がある、

思い通りにならない、

今より良くしたい、

と思いが特定のところに向いている場合が多いです。

 

それであれば心の性質上、

望まない現実、完璧じゃない現実にばかり行ってしまうと思いませんか?

 

 

自分はどうなりたいか?

 

でも、カウンセリングやセッションで、

「どうなりたいですか?」

という質問には、

「うーん

「自分が変わるところが見つかれば

「スッキリしたい

ほとんどの方が明確には答えられません。

 

それほど自分で自分を見ることは難しい作業なんです。

 

本当は、

「このセッションを終えて、〇〇な自分になります!」

でも良いんですけど。

 

 

思い通りではない、望まない現実があって、

自分がどうなりたいかは曖昧。

これは心がどんよりします。

 

これは、意外に難病で似ています。

 

僕もギランバレーという難病を経験していて、体調が悪くなったり良くなったり、

を繰り返していますが、

難病でなので、これと言った対処方が曖昧なんです。

 

 

でも、

「どんな自分になりたいのか?」

これは自由に選べます。

ここを曖昧にする必要はありません。

 

 

ここを明確にすることによって、

望まない、思い通りにならない現実や、

本当の自分を変える、

モチベーションになります。

 

ということで、

 

カウンセリング・セッションを受ける前に、

なりたい自分を明確にしてみましょう!

 

 

自分のどこのどこを変えれば良いのか?

なりたい自分が曖昧な方は、こちら👇

人生全般を底上げできるMaster keyを見つけるセッション!

 

潜在意識を書き換える、個人セッションは

こちら👇

personal Session!(個人セッション)

 

無料メルマガはこちら👇

メルマガ『髪と心のメールカウンセリング』

 

 

それでは今日も最後までお読み頂きありがとうございます!

 

 

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

【第4話】「日時・接客業に使えるカウンセリング講座」体験!

【第4話】

 

こんにちは、

髪と心をキレイにする

カウンセラー美容師

圓本高士です。

 

 

コロナの影響で家にいる時間が増えている人が多いのでは?

もれなく僕もその1人です(笑)

でも、ゆっくりした時間を過ごすことで心に余裕ができるというメリットもありますよね!

 

お家の時間も楽しんでいきたいところです!

 

 

そこで、

僕に何かできることを考えた結果、

僕がやっている講座のエッセンスをブログに書いて期間限定公開しようというもの。

(楽しんで頂けたらと思います)

期間限定ですので、お見逃しなく!

僕は美容師とカウンセラーをしていますが、今の時代、2つやっていて本当に良かったと思っています。

 

心理カウンセリングは、オンラインでも対応可能なお仕事。

コロナが猛威の中でもお仕事させて頂くことができ、不安を感じている方の役に立つことができます!

 

それではよろしくお願い致します!

 

 

 

今回は「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」のエッセンスを書いていきます!

 

 

今回書くのは、

「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」

のエッセンスをまとめたもの。

 

 

5月に開催するオンライン講座を開催致しますのでぜひご参加くださいね。

きっと色々な気づきぐありますよ!

 

 

第9回 オンライン
日常・接客業に使えるカウンセリング講座

 

 

この講座は、

僕がギランバレー症候群という難病体験をきっかけに、何も心理カウンセリングを知らない状態から学び、

カウンセラー同士で練習を重ね、無料カウンセリングの人数をこなし、

美容の接客や、有料カウンセリングでも実践して積み上げてきたノウハウです。

 

受講生さんの中には、

このカウンセリング技法でクライアントを獲得された方もいらっしゃいます!

また、

オンライン対応もできるため、

これからの時代に適していると思います!

 

 

・心理カウンセリングに興味がある方!

・自分で自分の心をメンテナンスしたい方!

・行動的になりたい!

・自分を変えたい!

・自分を好きになりたい!

・講座を受けて頂いた方は復習にぜひ!

などなどの方々にオススメです。

 

0〜4話に渡り、

講座でもお伝えさせて頂いている

Lesson1〜4までの、エッセンスをお伝えしていきますのでお楽しみに!

 

バックナンバーは、こちら↓

【第0話】「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」体験!

(全体像の把握)

【第1話】「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」体験!

(カウンセリングをする時の心構えとは?)

【第2話】日常・接客業に使えるカウンセリング講座、体験!

(脳の仕組み、思考や感情はどのように生まれるのか?)

【第3話】「日常・接客業に使えるカウンセリング」体験!

(潜在意識 と 悩みの関係!)

 

 

ということで、今日の【第4話】では、

Lesson 4

カウンセリング、3つのStepと、その秘訣!

 

あっと、言うまに、最終話ですね!

 

体験版では、

エッセンスを書いていこうと思います。

宜しくお願い致します!

 

 

 

カウンセリングには3つのStepがある!

 

【第1話】「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」体験!

で書きましたが、

 

心理カウンセリングはたくさんの種類がありますが、

僕の学んだ心理カウンセリングは、

 

「心理学的に、ああで、こうです。」

とか、

「あなたはこんなところがあるから、こうした方が良いですよ。」

 

とかそういう方法でなく、

 

ただ単純にクライアントさんがお話しされたことを具体的に明確にしていくという方法です。

 

人はアドバイスではなく

「自分ってこう考えていたのか?」という、

自分自身の気づきにより変わることができます。

 

 

そして、

人が変わるのには、3つのStepがあるの考えています。

 

まず、Step1、

悩みの原因がを明確にするStep。

これが分からなければ、自分のどこを変えたら良いのか分からない、

非常に重要なStepです。

 

そして、Step2、

潜在意識の書き換えを行うStep。

思い込みに気づき、

感情、行動などを冷静に多角的に自分を見つめ、

潜在意識の書き換えを行うStep。

 

最後に、Step3、

思いを表現するために、行動して現実を変えていくStep。

 

今回は特にStep1焦点をあて、見ていきましょう。

 

 

Step1.悩みの原因を見つける。

 

最初のStepですが、ここでしっかり悩みの原因を見つけることが出来れば、カウンセリングは8割は成功します!

非常に重要なStepです。

 

しかし、

自分の悩みの原因って、

自分でわかるんじゃないか?

そう思いませんか?

 

実はここが落とし穴です。

残念ながら、僕のカウンセリングに来られた方はほとんどの方が原因をわかっておられません。

当たり前ですが、分かっていたら解決できるはずです。

 

だから、ここはしっかりとクライアントさんのお話を聞く必要があります。

 

 

ポイントは、

・話を深める。

・承認する。

・現状をしっかり把握する

この3つです。

 

クライアントさんのその時(瞬間)イメージする感じ。このカウンセリングって、イメージが大切です。

 

 

 

イメージが大切!

 

イメージするとは、

例えば、クライアントさんが

「朝ごはんを食べた」と言ったとしましょう。

これをイメージしていきましょう。

 

「朝ごはんを食べた」これだと、まだまだ把握できてませんよね。

 

具体的に瞬間を捉えていくと、

「8時に、子供を送り出したあと、静かなリビングで、1人、心地良い朝日を浴びながら、半熟の目玉焼きをのせた美味しいトーストとコーヒーを楽しんだ。」

 

いかがでしょうか?

これならば、さっきよりイメージできますよね!

頭に映像が浮かびませんか?

僕なんか書いていてお腹すいてきました(笑)

 

僕のカウンセリングは、

しっかりイメージすることがとても大切なんです。

 

だから、

クライアントさんとカウンセラーがイメージの共有ができるような、聴く方が大切です。

 

 

 

 

現状をしっかり把握しよう!

 

この場合の現状とは、「今」という意味ではなく、クライアントさんの心が動いたその時、

その瞬間の現状です。(過去)

そこをしっかり把握していきましょう。

 

また、カウンセリングですから、

例えば、

「最近イライラする!」という相談を受けた時、

友達ならば、

 

「楽しいこと考えようよ!」とか、

「気晴らしに運動したら?」とか、

「あなたこんなところあるから、こうした方が良いよ!」とか、

「私も前にね…」など、

 

そんな会話になりそうですが、

 

カウンセリングですので、友達との会話ではいけませんよね!

 

 

そこで、現状をしっかりと把握することがポイントになります。

 

瞬間を捉えた時、そこに何らかの原因で心が動いたクライアントさんが必ずいます。

 

少しこれだと分かりにくいので、具体的な事例で見ていきましょう!

(ご本人に許可を取っています)

 

あなたのもとにクライアントさんが来られたとしましょう。

 

 

実際のカウンセリング!

 

●私は美容師をしているんですが、自分に自信が持てません。恥ずかしいのですがコミュニケーションが苦手なんです。

だから、お客様の前で必要以上に緊張してしまいます。そして、孤独感を感じます。

このようにご相談されました。

 

 

あなたならどうするでしょう?

 

話し方を教える?

自分の経験を話す?

励ます?

 

前にも書きましたが、

 

クライアントさんは、

カウンセリングを受ける前に

気のおける仲間や尊敬する人に相談したり、

アドバイスを受けているはずです。

そして、

アドバイスや経験則で人は変わりません。

 

【第2話】日常・接客業に使えるカウンセリング講座、体験!

また、2話に書いたら通り、

行動や思考を変えたら良いのですが、脳の構造上、思考や行動の前には、

記憶と感情、そこからホンモンの分泌などにより身体反応を引き起こしますので、

そこを飛ばして思考と行動を変えようとしてもうまくいかないのです。

 

クライアントさんは、

自分で考え、行動し、それでも変わらなかったから、カウンセリングに来られているわけです。

それを踏まえながら聴いていきましょう。

 

そして、

Step1の目的は、

悩みの原因を見つけ出すことでした。

 

 

僕のカウンセリングは、

「あなたのここが原因ですよ。」と、

アドバイスすることもありません。

 

すべてクライアントさんから引き出していきます。

 

 

あなたなら、このクライアントさんからどうやって悩みの原因を引き出しますか?

 

 

 

 

「私にはわかりません!」とい

 

この続きは、メルマガ会員様のみとなります。

具体的な事例をもとに、

講座でもお伝えしている内容をお伝えしております。また、心理カウンセリングは、普段の会話とは異なりますので、それを知るだけでも気づきが起こります!

メルマガでこの続きが見られるブログのパスワードを配信致します。

続きが気になる方はすぐに登録くださいね!

(登録無料!)

https://form.os7.biz/f/6dd2c315/

 

 

カウンセリングでの気づき!

 

カウンセリングをさせて頂き、改めて思うことは、

問題はクライアントさんの中にあるということ。

 

そして、お話を聴く時は、

判断しないということの大切さ。

 

人は誰かの話を聴く時は、

「正しいか、正しくないか」という視点で聴きがちです。

 

でも、人って他人からあまり判断されたくありません。

 

僕は今のアドバイスをしない、クライアントさんから「引き出す」というカウンセリングがとても好きでやっていて楽しいです!

 

 

 

そのまま良い悪い関係なく受け入れる。

 

良い悪いは考えませんよ!っと口に出して言うわけではないけれど、そんな心構えで聴く。

 

そうすると色んなことをお話ししてくれます。

 

難病の経験で、良い悪いと言うのは、長い目で見てみないと分からない。そんな考え方が少しつ身についたように思います。

 

良い悪いの判断をせずに受け入れる。

それが人にできるようになった時、自分にもできるようになっています。

 

それができた時、人は本当のことを話してくれるようになります。

 

 

それでは、

【最終話】

までお読み頂きありがとうございます!

 

カウンセリングは、普通の聴き方とはまったく異なりますのでそれだけで色んなことに気づきますよ!

続きを、メルマガにご登録頂き、

ぜひ続きを読んで頂ければと思います!

https://form.os7.biz/f/6dd2c315/

 

また、宜しくお願い致します!

 

カウンセラー & 美容師

圓本 高士

【第1話】「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」体験!

【第1話】

 

こんにちは、

髪と心をキレイにする

カウンセラー美容師

圓本高士です。

 

 

コロナの影響で家にいる時間が増えている人が多いのでは?

もれなく僕もその1人です(笑)

でも、ゆっくりした時間を過ごすことで心に余裕ができるというメリットもありますよね!

 

お家の時間も楽しんでいきたいところです!

 

 

そこで、

僕に何かできることを考えた結果、

僕がやっている講座のエッセンスをブログに書いて期間限定公開しようというもの。

(楽しんで頂けたらと思います)

期間限定ですので、お見逃しなく!

僕は美容師とカウンセラーをしていますが、今の時代、2つやっていて本当に良かったと思っています。

 

心理カウンセリングは、オンラインでも対応可能なお仕事。

コロナが猛威の中でもお仕事させて頂くことができ、不安を感じている方の役に立つことができます!

 

それではよろしくお願い致します!

 

 

 

今回は「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」のエッセンスを書いていきます!

 

 

今回書くのは、

「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」

のエッセンスをまとめたもの。

 

この講座は、

僕がギランバレー症候群という難病体験をきっかけに、何も心理カウンセリングを知らない状態から学び、

カウンセラー同士で練習を重ね、無料カウンセリングの人数をこなし、

美容の接客や、有料カウンセリングでも実践して積み上げてきたノウハウです。

 

受講生さんの中には、

このカウンセリング技法でクライアントを獲得された方もいらっしゃいます!

また、

オンライン対応もできるため、

これからの時代に適していると思います!

 

 

・心理カウンセリングに興味がある方!

・自分で自分の心をメンテナンスしたい方!

・行動的になりたい!

・自分を変えたい!

・自分を好きになりたい!

・講座を受けて頂いた方は復習にぜひ!

などなどの方々にオススメです。

 

0〜4話に渡り、

講座でもお伝えさせて頂いている

Lesson1〜4までの、エッセンスをお伝えしていきますのでお楽しみに!

 

バックナンバーは、こちら↓

【第0話】「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」体験!

(全体像の把握)

 

本当の講座では、

講座が始まる前にテキストを送らせて頂いております。

講座を始めた頃は、

パソコンと専用のカウンセリングシートを使い、

ホテルのラウンジなどて行っていたこともあり、テキストはなくても問題ないのですが、やはり実際に読んだり書き込んでだりしてアウトプットとして頂けたらと思い、ご活用頂けたらと思っています。

 

オンライン講座では、

このテキストとパワーポイントや補足説明、学びのシェアや質疑応答、実際に相モデルでカウンセリングを行ったりして進めていきます。

 

それでは、今日は

【第1話】

カウンセリングする時の心構えとは?

この体験版では、

講座のエッセンスを書いていきます。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

この講座のカウンセリングをザックリ言えば?

 

心理カウンセリングはたくさんの種類がありますが、僕の学んだ心理カウンセリングは、

 

「心理学的に、ああで、こうです。」

とか、

「あなたはこんなところがあるから、こうした方が良いですよ。」

 

とかそういう方法でなく、

 

ただ単純にクライアントさんがお話しされたことを具体的に明確にしていくという方法です。

 

なぜこの方法を学んだかというと、ギランバレー症候群という体験がもとになっています。

ギランバレーは、全身が痺れる病気なのですが、また筋肉の低下により疲れやすくなる病気です。

しかし、外側は元気な人と変わらないため、その日常の苦労や苦悩をなかなか分かってもらえなかったという経験があります。

 

そんな時、この方法を知り、自分の思いを明確にしていきました。

 

人はアドバイスではなく

「自分ってこう考えていたのか?」という、

自分自身の気づきにより変わることができます。

 

クライアントさんの思いを明確にしていく。

 

ただそれだけで、

クライアントさんや、自分など、色々なところに使えし、喜んで頂けます。

 

簡単な方法ですので、

楽しんで頂けたらと思います!

 

 

 

 

カウンセリングが出来たら?

 

カウンセリングが出来るようになったら、

自分自身を客観的に見つめる事が出来るようになります。

人の心のメンテナンスだけでなく自分自身の心のメンテナンスが出来るようになりますので気分良く過ごせます。

 

生きていると色んなことが、起こります。

 

僕は難病でカウンセリングに出会いましたが、

その前はすごく元気でした。

空手も32歳の時にはじめて、3年で黒帯を取得したり。

それが35歳の時、まったく身体が動かなくなってしまったんですよね。

最初は動けない自分を責めていました。

でも、頑張りたくても頑張らない。

そんな状況でした。

 

そして、病院で自己カウンセリングをして、状況を受け入れ「このまま生きていこう!」と思えるようになったんです。

 

そうやって冷静に病院の中を見てみると、

手や足が動かないお年寄りが沢山いるわけです。

 

人って、歳をとればできる事ができなくなることって当たり前なんです。

そうやって色々経験して受け入れて、

心を磨いているんだなと思ったんです。

 

カウンセリングをしていると、

物事には良い面と悪い面がが必ずあります。

 

それを決めているのはその人の「思い」なんです。

 

カウンセリングが出来るようになると「思い」変え、気分良く過ごすことができるようになります。

 

自分を愛し、自分を許し、自分を認める、

それが出来た時、自分の中にあるパワーに気づくことができます。

 

 

 

心理カウンセリングってどういうもの?

 

カウンセリングは簡単です。

人ってアドバイスや経験則では変わらないし、悩みも解決できません。

ということは、

10人クライアントさんがいたら、

その1人ひとりにあった解決法を10個用意する必要はないんです。

 

すべての悩みはその人の心の中にある、

カウンセラーはただそれを引き出すだけでいい。

 

自分の中にある悩みの原因が見つかった時、大きな変化があるんです。

 

その方法は、思いを明確にするひとつのパターンを繰り返すことで、クライアントさんの悩みの原因が浮き彫りになってくる、

僕の学んだカウンセリングはそんな方法です。

 

 

心理カウンセリングをする時の心構え

 

これはカウンセリングを始めた時から、今も僕が大切にしているカウンセリングをする時の基本姿勢、心構えです。

カウンセラーは、クライアントの存在をこのように見ているということです。

カウンセリングの回数を重ねていくと、

この心構えだけ良いのでは?

本当は心理療法なんていらないのでは?と

思えてくるくらい重要です。

 

その心構えとは、

TA(交流分析)の「TAの哲学」から学びましょう!

 

TAとは1957年、精神科医エリックバーンが創設したパーソナリティ理論。現在は心理療法やカウンセリングの場だけはなく、職場、学校、病院など人間関係をスムーズに行うことを目的としています。

 

それでは体験版ではTAの哲学の1つ

「人は誰でもOKである」

を見ていきましょう。

 

ここでいうOKとは「良い」「悪い」という個人的な判断とは関係なく、

人間本来の価値にOKを出すということです。存在するだけで価値があるということは、それだけの理由によるもので人種、信条、経済的地位、外観、知性、その他の属性によるものではないのです。

それは、「人間はすべて生まれながらに備わった価値と尊厳を持った存在であり、ひとりひとりがOKである、尊厳に値する」という考え方です。

いかがでしょうか?

 

では、

カウンセラーがもし、

「すべての人がOKではない」という考えを持っていたらどうでしょう?

 

例えば、カウンセラーが、

「頑張っている人は OK。

頑張れない人は not OK。」

という価値観を持っていたとしましょう。

 

そんなカウンセラーのところへ、

「頑張りたいけど頑張れない…」

そんな相談を持ち込んだクライアントさんがいたとしましょう。

 

その場合、このカウンセラーは、

「頑張れない人は net OK。」なわけですから、

この頑張れないクライアントさんを責めてしまうかもしれませんし、説教をはじめてしまうかもしれませんし、自分の経験則から頑張れるようにアドバイスをするかもしれません。

 

繰り返しになりますが、

人って、アドバイスや正論、他の人経験則や説教では変わらないんです。

 

そもそもこれは、、

カウンセリングではありませんよね。

 

 

クライアントさんとお話を聴いている時にカウンセラーが何か感じたら、

それは自分の問題であり、責任なんです。

 

 

また、

カウンセリングを受けるということは、

少なくとも、

クライアントさんは、周りの気のおける仲間、尊敬する先輩、色々な人に相談したはずです。

 

その人達は、共感したり、アドバイスしたり、

励ましたり、自分の経験則を話したはずです。

 

クライアントさん、ご本人も色んなこと試し、色々考え、行動を起こしたことでしょう。

 

「頑張れない自分の責任」ということなんて十分に分かっていると思うんです。

 

それでも変わらない。

 

だからこそカウンセリングに来ているのに

カウンセラーが、

みんなと同じような対応をしていたら…

 

それはもうカウンセリングではありませんよね。

 

 

だから、カウンセリングする前に、

カウンセラーの心構えというのが重要です。

 

この「人は誰でもOKである」という心構え。

それをもとにお話を聴くだけでも、

お話しする人が安心すると思いませんか?

 

ぜひ、日常・接客業で実践してみましょう!

 

 

ということで、

今日は、

Lesson1

心理カウンセリングをする時の心構えとは?

のエッセンスを書かせて頂きました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

 

と、ここでお知らせです。

5月に開催するオンライン講座を開催致しますのでぜひご参加くださいね。

きっと色々な気づきぐありますよ!

 

 

第9回 オンライン
日常・接客業に使えるカウンセリング講座

 

 

詳しくはこちらから↓

日常・接客業に使えるカウンセリング講座

 

 

次回は、

【第2話】

Lesson2

脳の仕組み、思考や感情はどのようにして生まれるのか?

をついて。

 

脳の仕組みを理解することで、色々な気づきがあります。

結果だけにフォーカスして悩んでしまう人は多いですが、脳のメカニズムを知るとアプローチの悩みに対してのアプローチの方法や、

心理カウンセリングがどのように作用して現実が変わっていくのか?がわかると思いますので、

お楽しみに!

 

無料でメルマガはこちら↓

メルマガ『髪と心のメールカウンセリング』

 

それでは、

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

 

カウンセラー & 美容師

圓本 高士

いつでもお手軽に心理カウンセリングで不安やストレスを軽減する具体的な方法!

こんにちは、

髪と心をキレイする

カウンセラー & 美容師

圓本高士です!

 

コロナが長引いてますね、

まだまだ、長引くかもしれない今の状況では、

未来の不安や、自粛疲れでストレスを溜めてしまう方、

コロナや暗いニュースを見てモヤモヤしてしまう方も多いのでは?

 

人は持続的な強いストレスを受けると、

脳からストレスに反応してステロイドホルモンや神経伝達物質が分泌され、

白血球中のリンパ球や細胞の働きを低下させ、免疫力が下がるそうです。

 

長期戦なので、メンタル管理は大切です、

 

運動や食事という手もありますが、

お手軽に自己カウンセリングをして、

反対思考をぶつけるという方法もあります!

 

 

 

簡単自己カウンセリングの具体的な方法!

 

やり方は、

①テーマを決めましょう!

②その気持ちを感じた瞬間は?

③感情と思考を明確にしよう!

④その思考の反対の事実を見つけよう!

 

 

紙と鉛筆を用意しても良いですが、

スマホのメモを使うとさらに手軽にすぐできます。

そして、スマホのマイク機能を使うと、

さらにさらに手軽にできます!

 

 

 

①テーマを決めましょう!

 

まず①ですが、

「今、モヤモヤしていることは何ですか?」

この問い答えてみてください。

 

例、

・自粛で思うように動けない。

・コロナの影響で仕事に影響が出た。

SNSなど暗いニュースで不安になる。

などなど

(この時点ではザックリで構いません)

 

 

②その気持ちを感じた瞬間は?

そして、②は、

・どこで、

・誰と、

・どんな出来事があった?

などなど答えていくと分かり易いと思います。

 

 

イメージはテレビドラマの刑事の聞き込みです。

どこにいて、何を話して、など、

メモを取りながら刑事が聞き込みをしているシーンがよくありますよね、アレです!

 

 

ドラマでも聞き込みをしている最中に、

聞かれている人が「そう言えば」見たいな話していて自分から気づいていくシーンがあります。

現場を鮮明にイメージすることで、

本人も気づきもしなかったとこが思い出せたりします。

 

 

例えば、

テレビで暗いニュースを見て、

何となくモヤモヤする人がいたとします。

 

これを鮮明ににイメージすると、

コーヒー飲みながら、

1人でテレビでニュース番組を見ていて、

〇〇市、コロナ感染者18人とテレビにテロップがでた瞬間にモヤモヤした。

というふうになります。

 

 

 

 

③感情と思考を明確にしよう!

 

そして、③へと進みます。

そのモヤモヤを感じた瞬間に、

腹が立ったのか、

怖いのか、

悲しいのか、

どれでしょう?

 

 

2つある場合には、強く感じている方を選びます。

 

 

そして、この感情を感じた時、

あなたは何を考えていたのか?

また大勢の人が亡くなった。

家族がかかったらどうしよう。

いつ収束するのだろう。

などなど。

 

人って瞬間に頭で色々考えているんです。

 

 

 

④その思考の反対の事実を見つけよう!

 

そして、④、

1番モヤモヤして感情を感じる思考を選び出し、

反対思考をぶつけていきます。

 

 

「また大勢の人が亡くなった。」

という思考だったしたら、

反対ですので、

「大勢の人が亡くなってはいない。」

という思考をして、

その事実を探していきましょう。

 

ここでは、思い込みや憶測ではなく、

事実を見つけることが大切です。

 

 

でも、

ここで価値観を強く握りすぎている人は反対の思考を見ることはできません、

例えば、

「実際に大勢の人が亡くなっているんだ!」

と反対思考を受け入れない思考、感情が湧いてくれば、それは偏っている可能性が高いです。

 

 

その場合は、反対思考を受け入れにくくなっていますので、

当然、日常で反対の情報などを目にするとモヤモヤします。

 

ですので、

しっかりと緩めていきましょう!!!

 

反対思考に立つことは、

そういう状態の自分に気づくことにも有効な方法です。

 

 

話を戻しまして、

「大勢の人が亡くなっていない」の事実は、

例えば、

・テレビで見たのは感染者の人数であり、

亡くなった人の人数ではない。

・回復して亡くなっていない人もいる。

などなど。

 

物事には必ず反対の事実が存在します。

 

見ているのはあなたの捉え方です。

こう言った反対の事実を確認することで、

偏っていたネガティブな感情を減らすことができます。

 

 

だからと言って病気は怖いものですし、

不要不急の外出などを行なって良いわけでもありませんが、

 

冒頭書いた通り、

ストレスは免疫力を低下させます。

 

 

せっかく自粛していたのに、

ストレスで免疫を下げ、病気になっていたら元も子をありませんよね!

 

 

ちょっとストレスを感じてきたなと思ったら、自己カウンセリングを行い、

反対思考をぶつけてバランスを取るのも良いかもしれませんよ!!!

 

 

ずーっとネガティブな情報に触れているのってしんどいです、少なくても僕は(笑)

 

 

それよりも、

ただ、うがい、手洗い、人混みを避けるほうが大切です!

 

 

先は長そうですので、

楽しんでいきましょう!

 

 

それでは、

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

人が悩む原因は1つだけ。

 

こんにちは、

今日は自宅でブログ書いたり、

講座をオンラインでできるように準備を進めてみたり、

カウンセリングや講座は、前からオンラインでもちょこちょこやってました。

でも、アフターコロナの世界では、もっともっとオンライン化が加速しますよね!

 

とまぁ、そろそろ本題です。

 

 

最近、

心理カウンセリングを受けたい方だけでなく、やりたい人も増えてきたように思います!

でも、

心理カウンセリングって

どうなったら成功なのか?

 

 

今回はそれを書いてみました!

 

 

 

人の悩みは十人十色。

だから、カウンセラーは経験が必要。

あんな場合は、こんな場合はと、

色々なケースを学んでも、その学んだ内容がそのまま使えることなどほぼありえません。

 

 

その考え方だと、

人は十人十色なので、

いくらケースを学んでもうまくいきませんよね。

 

 

カウンセラーは、

 

1人ひとり違うクライアントさんの悩みに対して有効な解決策を提案したり、

解決できるように導いたりして、

クライアントの悩みを解決していくと思われている方がおられますが、

 

これは勘違いです。

 

 

カウンセリングは、

アドバイスや解決策を出すようなものではないんです。

 

 

だから、10人のクライアントさんがいたとしたら、10個の解決策を準備するということもありせん。

 

 

経験がないと分からないものではないんです、

心理カウンセリングは簡単なんです。

 

 

僕は、講座の中でよく、

心理カウンセリングって聞いてどう思いますか?という質問をします。

 

すると大半の人が

「なんか難しそう

そう答えます。

 

 

では何が難しいのでしょう?

 

そもそもどうなったら

カウンセリングは

成功なのでしょうか?

 

 

実は、

心理カウンセリングは、

ケースバイケースではないんです。

 

繰り返しになりますが、

経験がないと分からないものではないんです、

心理カウンセリングは思っているより簡単です。

 

 

実は、

やり方があるんです。

 

 

まず、人はなぜ悩むのか?

僕が教えて頂いた心理カウンセリングの考え方では、その答えは

 

ひとつだけです。

 

 

それは、

「思い通りか?思い通りでないか?」

 

 

難病になっても悩む人と、

悩まない人がいるんです。

 

難病になったのが、

思い通りでないから悩んでいる。

 

でも、寝たきりなっても悩まない人もいます。

それは自分の思った通りだから、

つまり想定内だから。

 

 

僕も難病を経験していますが、

当時はものすごく悩みました。

全然思い通りではなかったから。

 

でも、

この経験を期に心理カウンセラーになりました。この経験を意味あるものに変えたかったので。だから今は悩みません。

思い通りだから。

 

 

人は自分の思っていたことを超えて、

思い通りにならない時、悩み始めるんです。

 

 

未来の不安、人間関係、病気、お金、

すべては思い通りか、思い通りでないか、

ただそれだけなんです。

 

 

ということは、

クライアントさん本人のが持っている思いによって悩むか悩まないか決まっていくということです。

 

 

だから、

カウンセラーはクライアントの思いを明確にする必要があるんです。

 

逆を言うと、

カウンセラーがどんなに変えようとしたり、

導いたりしてもクライアントを治すことはできないんです。

 

クライアントさんの思いが現実を決定しているから。

 

 

だから、カウンセラーは、

クライアントさんの悩みやお話を聞いて、

個別にアドバイスや解決策出していくわけではなく、

その思い通りでない、「思い」を明確にしていくんです。

 

 

 

そして、その思いは無意識の中、

自分では「当たり前」の思考、行動であるため、なかなか自分では気づけないのです。

 

 

カウンセリングで、

無意識を意識できるところまで上げてくる。

 

意識できると深い気づきがおこり、

変わることができるんです。

 

 

それでは最後までお読み頂きありがとうございます!

 

 

カウンセラー美容師

ステップボーンカットマスター認定スタイリスト
にほんこころカウンセリング協会公認カウンセラー

圓本高士