人間関係を良くするの3つのstep!!

 

人間関係を良くするには、
3つのSTEPがあります。

 

 

1.原因を明確にする
(無意識の中にある思考を意識できるとこまで引き上げる)

2.思考を書き換える
(全体像を把握し、信じるに値する事実をみつけていく)

3現実を変える
(実際に行動する)

 

 

この3つがうまくいった時、
人間関係が良くなります!

 

では、具体的に見ていきましょう!

 

 

 

 

STEP1 原因を明確にする

 

うまくいかない人間関係を良くするには、自分だけの力や努力、愛情でどうにかなると考えるところから離れてみるとこがまず第一歩です。

 

家族、恋人、友人でも、年齢も性別も仕事も、何も関係ない視点から、
その人を冷静にみる。

 

そういった訓練をしないとなかなか現状を把握し原因を見ることはできません。

 

 

つまり、
自分はこの人のことを何もわからないという姿勢をとること。
(どんなに親い仲でも)

 

そこから、うまくいかない人間関係を冷静に見ていきます。

 

 

人間関係を考える時、
多くの人は「自分」の枠の中だけで捉えます。

そして、「記憶」と闘います。

 

たとえば、
よく話や状況もしっかりと聴かずに
自分がこうだったからたぶんこうだろうというふうに…

 

 

しかし、
それは当然ながら自分の記憶であり、
相手には関係がありません。

 

そして、
どんどんよく分からない方向へ(笑)

 

 

そうならないようにするには、

「人は世界に一人しかいない」
ということを肝に命じておくこと。

 

似たような経験、年齢、また同じ性別であろうが、自分が似ていると思っているだけでまったく違う人生であるということ。

 

 

 

そして、もう1つは、
相手の言葉を鵜呑みにしないこと。

言葉の裏に隠れている本当の気持ちに注意することです。

 

そして、ネガティブな感情を感じた時、
自分がどんな思考をしていたのか、
(無意識にしていた思考、自分の捉え方) これを特定することも重要です。

 

 

つまりは
相手の立場に立ってみるのですが
怒っている時、悲しい時など、感情が動いている時はなかなか難しいものです。

 

 

 

 

STEP2 思考を書き換える

 

そこで、
ヒプノセラピーでは、スイッチング(人格交代)と言って、イメージの中でその人になりきったつもりで物事を考えてみるということをします。

 

 

今まで自分で考えてもわからないことも、

このスイッチングを行うことで今まで思っても見なかった事実が浮かび上がることがあります。

 

 

ヒプノセラピーではこれをゆっくりとリラックスし、集中できる状態でこれを行っていきます。

 

 

大きく深呼吸をして、
ゆっくりと気持ちを落ち着けて、
しっかりとネガティブな思いをした瞬間を感じていきます。

(この時、出来るだけ静かなところがおすすめです。)

 

「今から3つ数えると
目の前に○○さんが現れます。
1.2.3はい、すーっと。」

こんな具合に。また、

「その人はどんな表情してますか?」

などイメージを具体化させ、

その人の中に入っていき、その人になりきったつもりで物事を見ていきます。 

 

その問題に複数の人がいたら他の人の立場にも立ってみるのも有効です。

すると全体像が見えてきます。

 

そして、
全体像が見たうえで、
自分がどう感じているのか?
これを感じていきましょう。

 

 

 

 

STEP3 現実を変える

 

 

STEP2で見た全体像、自分の考えをふまえて、

すぐに何ができることはあるか?
を考えていきます。

 

最低10個は書き出してみましょう。

その中から1つ良いものを選んでやってみましょう!

 

 

以上の3つのSTEPを行っていくのですが、

1.原因を明確にする。
(無意識の中にある思考を意識できるとこまで引き上げる)

2.思考を書き換える
(全体像を把握し、信じるに値する事実をみつけていく)

3現実を変える
(実際に行動する)

 

の中で1番重要なのが、

 

STEP1 原因を明確にする
です。

 

ここを間違えるとまったく効果がなくなるので、7~8割はここにかかっています。

(調子が悪くなって病院へ行った、本当は腕に原因があるのに、足ばかり治療していたみたいなことになります。)

 

 

STEP1にはしっかり時間をかけることをおすすめします。

 

 

カウンセリング・講座はこちら!

人と過去に許せないことがある人へ。

 

人は、
自分が許せていること受け入れていることで悩みません。

 

たとえば、
理不尽なことを言われたりされたり、
されたりしたとします。

 

その時、行為や出来事より、

「なぜ、理不尽だと思うのか?」

を見なせればなりません。

 

つまり、自分の受け取り方です。

 

 

たとえば、

何か辛い出来事があっても、

 

①「あの時があるから今がある。」

②「あの時の出来事さえなければ…」

 

という考え方では、本人が見ている現実はまったく違います。

 

 

①は出来事を受け入れている考え方、
②は出来事を受け入れていない考え方です。

 

 

 

もう少し分かりやすい例だと、

 

通勤時間に1時間かかると言う事実があるとして、

その仕事は、少し気分を変えたくて自分から志願した仕事だったらどうでしょう?

その1時間の通勤時間はワクワクしたものになるのではなるのではないのでしょうか。

 

 

しかし、

通勤時間が1時間で上司から押し付けられたという仕事だったら?

その1時間の通勤時間はイライラするかもしれませんし、落ち込んだ暗い時間になる。

でも、
通勤時間が1時間かかる事実は同じです。

 

つまり、
同じ事実でも、
自分の思い通りという受けとり方と
自分の思い通りでないという受けとり方では現実が変わってしまうんです。

 

 

そして、
人には思考のパターンの言うものがありよくよく考えてみれば同じようなことを繰り返しているはずです。

 

 

カウンセリングでは、
そのネガティブの引き金になっている思考パターンの原因を発見し、その思考パターン修正していきます。

 

しかし、こう言えば、

 

「結局明るく考えれば良いんでしょ?」

 

と思われる方がいるかも知れませんが、これは無理矢理プラス思考に持っていくことは違います。

 

 

無理矢理プラス思考に持っていくのは逆効果です。

とある考えを意思の力でおさえようと努力すれば、その考えはますます強くなってしまいます。

 

 

心の底では明るく考えていないのに、
それを無理矢理おさえこむことは意味がないということです。

 

その場を乗りこえることが出来ても、
また同じことが起こってしまうという経験をしたことはありませんか?

 

 

では、どうすれば、
良いのか?

 

本当に心の底から、
その事実を信じられる確固たる証拠を見つけていく。

これをカウンセリングの中でやっていきます。

 

 

しかし、
辛い過去と今辛い状態だの人だと、

「そんな良い証拠なんてものはない、今までずいぶん変えようとしてきた。自分でも変えようと努力してきた。
そして、この目で事実を見てきた。
でもダメだったからそんな証拠なんてない。」

 

実は僕も最初はこの状態でした。

 

 

でも、これってまだ人を環境を変えようとしている状態なんです。

 

人の環境のせいにしてはいけないと分かっているから、そう考えたいけど、
心の底では、まだ人と環境を変えたいと思っている状態。

 

昔から
「人と過去は変えられない」と言われているとように、そこにこだわる限りやっぱり変われない。

変わらないものに結果をまかせたら、
当然ながら、
変わらないまま。

だから、
人と過去は変えられないから、
もうそのことに取り組んでも仕方ない。

だから、今を一生懸命生きて人生を変えてやる!!

これも僕が考えていたことです(笑)

 

はっきり言ってこれが逃げのポジティブシンキングです(笑)

 

 

本当に自分自身を変える覚悟ができたなら、人と過去さえ変わってしまいます。

 

そもそも、

人と過去でなく、自分を変えることであれば自分がやれば良いだけです。

 

そして、
人と過去から向き合わないという逃げのボジティブシンキングから脱出して、

本当に自分自身が変わりたいと思った時、思考が変わり、行動が変わり、現実が変わりはじめるんです。

 

カウンセリング・講座はこちら!

 

 

自分自身の中に原因がある!

人は自分が否定するものによって、
自分を苦しめています。

自分が肯定するものは自分に力を与えてくれます!

この世界において、
自分を苦しめることができるものは、
自分自身の考え方です。

自分が「これは良くない」と考えているものによってのみ、苦しみます。

(自分はこれは良くないと考えていても、そう考えない人もいるということを頭においてみましょう)

自分の心の中に良くないというものがなくなった時、自分は人と環境から苦しめられることはなくなります。

その時、あなたは自由になります!

あれは良くない。
あれは良い。

人は毎回毎回、判断を下していますが、

自分が良くないと判断する基準になっていることに関してはなかなか気づけません。

「どうしてそれが嫌いなのか?」
それをしっかり見ていく必要があります。

つまり、
嫌いな理由を探してみる。

嫌いな理由は、
必ず自分自身の内側にあります。

だから、
それを解決できるのは
他人や環境ではなく自分自身だけです。

カウンセリング・講座はこちら!

悩む時は選択肢がない時!

 

すべての物事、どんな場所、人間関係も、
絶対はありません。

 

自分で選べますが、

その選んだ場所がつらい場所だったということはよくあること。

 

 

でも、
別の場所を探しても良いし、
その場所にとどまっても良い。

 

この場所にいるか、いないかは自分で選べます。

 

本当にきついのは、その選択の余地がないとき。(本人がないと思っている時)

カウンセリングのクライアントさんの中には、

現状が明らかに理不尽でも、
それでも同じ場所に状況を変えず居続けようとして辛くなっている人も少なからずおられます。

 

「しかたない…」と思っておられるのです。

 

置かれた場所で咲きなさい。
という言葉がありますが、

この考え方は、置かれたら場所が絶対的なものだと言う考え方では?

 

でも、本当にそうでしょうか?

 

この置かれたところはたまたま置かれた場所に過ぎなかったら?

 

それがたまたま良い場所に置かれたら良いですが、

 

誰かに一方的に置かれた場所で、ただ咲けと言われてもしんどい。

 

 

例えば、
ナチスに迫害されたユダヤ人は、
その置かれたら場所で、
たとえどんなに理不尽でも厳しい立場に置かれようと、それを受け入れ、我慢して、自己実現に努力しなければならないのかと言う話になります。

 

 

では、なぜそんな考えになるのか?

 

そう考えると諦めがつくからではないでしょうか。

 

しかし、
すべての物事も、どんな場所も、人間関係も絶対はありません。

 

 

今の状況が気に入らないのであれば、

 

自分で気にいった場所と探すか、
また、
今の気に入らない居心地の悪い場所を居心地のが良くなるように工夫することもできます。

 

つまり、
しかたない…と思ってることも、
しかたなくないんです。

 

今いる場所で咲こうとするくらいの根性がなければダメだ!

そんな考えの人もいると思いますが、
今いる場所、人間関係、は絶対的なものではありません。

 

誰かの価値観を無条件に受け入れて、
そこで咲くように努力する。

 

それは嫌だったらやらなくても良いし、
やりたかったらやれば良いと思います。

置かれたら場所で咲かなくても良いし、
別の場所を探しても良い。
ただ工夫をすることで咲くこともある。

 

こう考えると選択肢が増えます。

 

人は選べるだけで楽になれるのです。

 

カウンセリング・講座は、
こちら!

自己カウンセリングで変わることを選ぶ!

 

あの人のせいで…
こんなところにいるせいで…
あんなことがなければ…

 

人や環境のせいにしても何も変わりません、
みんな頭で分かっています。

 

 

でも、
横からものすごいポジティブな人が出てきて、

「大丈夫!大丈夫!
前向きに行こうよ!」

 

 

とか言われても、

「あなたに何がわかるんですか?」
となってイラッとしてしまう(笑)

 

 

そんな経験ありませんか?

 

 

 

じゃあ、
どうやったらマイナスの感情を解放し前を向けるのか?

 

 

 

自己カウンセリングのやり方では、

出来事を丁寧に現場検証して、
全体をの状態を把握する。
時には、自分から抜け出し相手の立場に立ってみる。
自分の思考パターンを見つける。

こうして新しい事実を見つけていきます。

 

 

 

そして、すべては自分で選んでいるという立場に立てた時、ガラリともの見方は変わります。

 

 

 

変われないのは、

人のせい、環境のせいで自分が変われない

自分でコントロールできないことを認めている

自分自身では変わることができないということを信じる思考。

 

 

 

この思考を選んでいるから。

 

 

 

反対に、変われる思考は、

 

すべては自分で選んだこと

自分ですべてが選べると認めている

自分の力で変わることができると信じるに思考

 

 

 

自分で選んでいるのから、
自分で変えられるはずです。

 

 

 

つまり、

自己カウンセリングは、
原因を見つけることや、繰り返し反復することで、新しい現実を見つけ出し、

 

 

この変えられる思考を自分に定着できるかが
カギとなります。

 

 

 

自分で不安や心のモヤモヤを解消できる!
自分にも人にもできる!
3STEP で簡単!

不安を克服する自己カウンセリング
マスター講座

http://enmoto.moo.jp/fuan-ningenkankei/

人が変わることはシンプル!

 

こんな自分を変えたい。
こんな現実を変えたい。
でも、なかなか変われない。

 

それは、
自分が信じている現実があるから。

 

自分自身が信じている現実。

それを真実というらしいです。

 

つまりは、
自分の信じたこと。

 

 

人は自分が信じるに価するものしか信じない。

だから、人から「こうだ!」
と言われても自分の真実とは違ったら人は信じませんし、
カウンセラーからこうだと言われても人は変わることができません。

 

 

逆に言えば、
根拠や証拠を揃え、
自分の信じることが出来ればそれが新しい真実となり行動が変わります。

 

 

 

過去や起こったことを変えることはできませんが、その解釈を変えるための根拠を丁寧に揃えることができれば変えることができる。

 

しかし、頭で考えてもなかなか今まで考えてきた真実を変えることは難しい。

 

 

いくら根拠、証拠をそろえても、

「だって…」

「でも…」

とやっぱり今まで信じてきた真実にしがみつきたくなる。

 

やっぱり、自分は変われないのか…

と、

ここで諦めてはいけません。

 

 

そもそも、カウンセリングは一発で変わるなんてことはありません。

 

ゆっくりとじっくりと変わっていくんです。

潜在意識は急激な変化が苦手です、
焦らずにゆっくりとゆっくりと。

 

 

スポーツでどんなに良い先生に1日レッスンを受けてもそれだけでマスターすることはできないように。

 

 

変わることは以外と単純です。

変われるまでやれば良い。
これだけです。

 

 

そして、以外にもあっさりと

 

ある日、
今まで信じた現実が信じらなくなり、
新しい現実を受け入れられる時が来ます。

 

その時、人は変わることができます!

 

 

不安や心のモヤモヤを自分で解消できる!
自分にも人にもできる!
3STEPで簡単!

不安を克服する
自己カウンセリングマスター講座

http://enmoto.moo.jp/fuan-ningenkankei/

その不安やモヤモヤは初めてですか?

 

「何で不安なのか?」

と自分の中に聴くと色々な答えが返ってきます。

 

 

「将来どうなるか分からないから」

「お金がないから」

「病気だから」

「今の自分じゃダメだから」などなど…

人によって色々なあると思います。

 

 

それから、
色々質問して、聴いて、感情、思考をハッキリさせていく。

 

 

そして、

「これっていつから思ってたっけ?」

って訪ねると、

 

だいたい

「もうずっと前から…昔から…」

そんな答えが返ってきます。

 

 

 

僕もそうだったんですけど最初は、

「病気になったから不安だ。
このままじゃいけない。
休んでいる暇はない。」

と思っていました。

 

入院したからそうなったと思ってたんです。

 

でも、
自己カウンセリングをして色々ハッキリさせていくと、よくよく見てみると実は僕はこの思考は入院する前から持っていました。

 

つまり、
人には無意識にしている思考であり、
無意識がゆえに何が起きてもこの思考で物事を見るわけです。

 

 

だから、その自分が当たり前のようにみている現実を疑う必要があるんです。

 

 

過去にも必ずと言って良いほど似たような体験をしているはずです。

 

つまり、
今起こっている問題が真の問題ないということ。

 

 

特に繰り返しておこる問題を解決するには、今の問題ではなく、

自動的に上がってくる思考が原因です。

それを見極めるには
外の世界ではなく自分の内側を見つめること。

 

 

http://enmoto.moo.jp/fuan-ningenkankei/

不安を克服するためには、原因をハッキリさせることが近道!

 

「不安」や「心のモヤモヤ」 
にも原因があります。

 

 

原因がはっきりしなければ、
何も解決しないのです。

 

 

人には、
考え方のクセがあり、
良いものもあれば悪いものもある。

 

 

不安や心のモヤモヤしている人も、

「不安なんて気にせずに明るく物事を考えたい!」

そんなこと頭ではみんな百も承知です。

 

 

 

だからと言って、

「自分が気合が足りないからだ!」

とか言っていても解決しません。
(逃げのポジティブシンキング)

 

 

 

 

スポーツなどと同じで勝ちたいなら、
負けた原因を調べませんか?

 

 

「負けた原因」
「気合いが足りないから」

にはならないはずです。

 

 

 

不安や心のモヤモヤもと同じ。

ちゃんと原因がある。

 

 

 

 

だから、気合いだ根性だと息巻いてみたところで解決しません。

 

 

しかし、なかなか人はその原因にたどり着くことが難しい。

 

 

難しいから気合いのせいにしてしまう…

また勝てない…

という魔のループ…

 

 

 

では、
なぜ不安や心のモヤモヤの原因を見つけすことが難しいのか?

 

 

 

それはその原因が無意識の中にあるから。

 

 

 

 

その無意識の中から、
意識できるところまで引き上げる。

 

 

原因が分からずに行動だけしていると…

お門違いなことばかりしてまったく解決せずに疲れてしまって途方に暮れます(笑)

 

 

 

 

そして、
頭ではわかっているのに望まない同じことばかりを繰り返してしまいます。

 

 

 

そんな状況から、スルッと抜けだせるのが

不安を克服する自己カウンセリングです。

 

 

「不安克服シート」
「原因明確シート」

を使い、

 

自分で「不安」や「心のモヤモヤ」の原因を探って、書き換えて、行動を変える。

 

 

 

 

日々、
何かあった時に自分の捉え方を点検してみる。(スポーツでいうフォームの確認みたいなものです。)

 

 

 

 

そして、

自分で「不安」や「心のモヤモヤ」を解決して現実を変える力をつけていく。

 

 

 

「不安」や「心のモヤモヤ」も、
スポーツも、

やっぱり日々の積み重ねから!

 

 

不安や心のモヤモヤを自分で解消!
3STEPで簡単!
自分にも人にもできる!

不安を克服する自己カウンセリング講座

はこちら👇

http://enmoto.moo.jp/fuan-ningenkankei/