本当の自分を思いに気づき、自由になる具体的な方法!

こんにちは!

カウンセラー&美容師の圓本高士です!プロフィール

 

今日は、「本当の自分を思いに気づき、自由になる具体的な方法!」というテーマで宜しくお願い致します。

 

 

自分の中の物差し!

 

自分の中に、価値観などの物差しがある。その物差しによって良い悪いを決めている。

そんな話を聞いたことはありませんか?

僕らは毎日、自由に生きたい、気分良く生きたい思っているはずなのに、何か起れば瞬間的に「あれは良い、あれは良くない」と知らず知らずのうちに判断します。

 

そして、僕らはこの「良くない」と思っているものにのみ傷つき、自由を失います。

ニュースなどコロナワクチンなどもそうですよね!SNSなどを見ると「良い」、「良くない」と人それぞれに判断しています。

 

でも、判断する基準になっている物差しの部分にはなかなか気づくことは難しい。

 

 

物差しを知ることで自由になれる!

僕らは、自分の物差しで計り、判断し、

自分の「良くない」と否定するものによってのみ自分を気分を悪くし、自分が「良い」と肯定するものは気分が良くなります。

ということは、外側の世界ってあまり関係なかったりします。

ワクチンも、絶対に打ちに行かないという人もいれば、喜んで打ちに行っている人もいますよね!

まぁ、どっちでも良いし、自由ですよね!

何が言いたいかと言うと、自分を気分を悪くできるのは自分だけだということ。

だから、自分の物差しを柔軟なものにして、

「良くないもの」をなくせば、僕らは人や環境で気分が悪くなったり、傷つけられたりすることがなくなります!

その時、僕らは自由になる。

そして、

そのためにすることは「これは良くない!」と判断した時、なぜ、「良くないと思うのか?」「なぜ嫌なのか?」を考えることです。

 

なぜ、それが嫌なのか?

 

例えば、

マンションに住んでいて、

夜にお隣の住人のテレビの音がうるさくて眠れなかったとします。

これは、夜に大きな音でテレビつけているお隣の住人に迷惑をうけた人は被害者

そして、大きなテレビの音出している人は、加害者ということになります。

 

でも、夜に大きなテレビの音によって、睡眠時間が削られたというのなら、夜に電車の中で寝ている人はどうなるのか?

電車の音って結構大きいですよね!

 

でも、寝ている人は寝ているんです。

では、なぜこの人は大きなテレビの音が嫌なのか?

それは、まず、

この人自身が夜にテレビの音を大きくすることは「良くないこと」と思っているからです。

でも、みんなこういう時って、

「嫌なものは嫌なんです!」

それで片付けてしまいそうになりますよね!

 

でも、やっぱり

それでは前へ進めないんです。

 

 

自分の内側の問題にすることで解決可能になる!

 

「嫌なものは嫌なんです!」

 

これは、自分の内側を見ることなく、

「相手が悪い!」という姿勢になります。

そうするとこの問題は相手の問題となりますが、同時に自分でどうすることもできないというスタンスになり前へ進めないんです。

カウンセリングをする時もそうですが、

「なぜそれが嫌なのか?」を考えていきましょう!

まず、「なぜ嫌なのか?」を知ることが大切です。自分の内側を見ていく。

嫌と感じているのも自分、その理由も自分の中にあります。

これを見つけることで自分で解決可能な問題になります!

 

僕らは小さい頃に受け入れた固定概念を信じたまま生きている?

でも、

「自分は部屋静かにしているのに、隣の人はテレビの音が大きすぎる、しかも夜中だから眠れない!こんな状態、誰だってみんな嫌になるでしょう!」

そう思うかもしれません。

 

でも、そう思うのはなぜでしょう?

それは固定概念です。

 

僕らは小さな頃から親や他の大人からこう言われてきませんでしたか?

「夜は騒いではいけません。静かにしなさい。近所迷惑です。少しは人のことも考えなさい。人に迷惑をかけてはいけません。」

子供は素直にそれを聞き入れ、受け入れます。

そして、夜中は騒がずに早く寝る。

 

そして、

「夜中に騒ぐ=悪いとこ」

「人のことを考えない=悪いこと」

という固定概念が出来上がります。

 

 

 

固定概念をぶっ壊し、受け入れる!

 

でも、さっきも書きましたが、

電車の中でも、騒がしいところでも、寝てる人なんて沢山います。

 

高速道路の横のマンションで生活している人もいます。

 

そういう人は、なぜ寝られるのか?

それは受け入れているから。

 

本当の自分の思いを知り、自由になる方法!

 

人は騒がしいから眠れない。

それが「嫌な理由」そう思うかもしれませんが、実は違います。

そもその、人は騒がしいから眠れないのは嘘です。眠ってる人は沢山います!

 

本当に嫌のは、

「夜は静かにするべきだ!」とか、「人のことを考えていない!」という思いによるものです。

これが本当の自分の思い。

 

僕らは、外側で起きている現象、出来事によって気分を左右されると思いがちですが、

僕らを悩ませたり、気分を悪くさせているのは、「こうあるべきだ」という本当の自分の思いのほうです。

 

その思い通りではない現実が嫌なわけです。

そのように嫌なことを明確にして、

「なんで嫌なのか?」「こうあるべきだと思っている固定概念」を見つけていきましょう。

思いや固定概念は1つではないかもしれませんがそれを見つけ、本当にそうか?検討したり、緩めたり、受け入れたりしていきましょう!

そうすることで僕らは自由になれます!

 

ということで、

今日もありがとうございました!

 

個人セッションはこちらから、

personal Session!(個人セッション)

クライアント様の声!

 

今日も良い日で、ありますように!

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

やりたいことを反対された時の、対処法!

こんにちは、

カウンセラー&美容師

圓本高士です!

 

今日はオンラインカウンセリングさせて頂きました!

 

 

さて、今日は、

カウンセリング事例と、

(クライアントさんに掲載の許可を得ています)

僕の体験談で、

やりたいことを反対された時の、対処法!というテーマで書いていきたいと思います。

 

今日も宜しくお願い致します!

 

●カウンセリング事例!

 

今日のクライアントさんのお話です。

「自分にしかできない生き方をしている人を見たら羨ましく思う、できれば自分もそんなふうになりたい!でも、どうして良いかわからない。やりたことが見つからない。」

そんなお話しでカウンセリングはスタートしました。

 

お話を聞いて、整理していくと、

いつもやりたいことを見つけてやろうとした時、反対する人が出てきて、やる気をなくしたり行動が止まってしまう。

このパターンがクライアントさんの中にあることが分かってきました。

「いつも」という言葉で繰り返していることが分かりますね。

 

 

 

●やりたいことが分からなかった原因!

 

そして、

「もし反対する人が現れなかったら何がしたいですか?」と質問してみました。

 

すると、出てくる、出てくる、

やりたいことが

めちゃくちゃありますやん😆

 

 

クライアントさんは、最初、

「やりたいことが分からない」とおっしゃってカウンセリングに来られました。

 

でも、本当は分かってるんです。

 

お話ししてていきついた答えは、

「自分のやりたいことを反対されて傷つきたくない。」

そんな思いを抱えていたクライアントさん。

 

お話を聞いていくと、

 

やりたいことに挑戦して、

反対されて、

やりたいことに挑戦して、

また反対されて、

そんなことを繰り返し、途中で諦めてしまう自分を責めていたんです。

 

 

いつしか、私、本気じゃないのかも?

本気になれることってなんだろう?

「やりたいことがわからない」になっていた。

 

 

だから、最初の

「自分のやりたいことを反対されて傷つきたくない。」この思いを変えることができれば、やりたいことに挑戦できそうですよね!

これが本当の原因です。

 

 

 

●人はみんなやりたいことはある!

 

人には、

達成したいことや叶えてたい夢、理想の人生の実現、やりたいことは沢山ありますよね!

悩みもいっぱいあります。

 

みんな、やりたいことを成し遂げたいと思っている人の悩みを解決したいと思っていると思います。

 

でも、

やりたいことができるか、悩みを解決できるかは、たった一つで決まります。

それは、本気かどうか。

 

 

●フリーランスは無理だと思う?

 

実は、僕も自分のやりたいことを反対する人に何度も出会っています。

 

ふっと思い出せることは、

 

今、僕は美容の仕事を自分の店ではなく、他の美容室の一角をレンタルして個人事業主として仕事をしていますが、

その働き方をするために、美容室の一角を貸してくれる美容室を探さなければいけませんでしたので美容室の紹介所に行った時のこと。

 

4年前になるでしょうか?

 

僕「美容室の一角を借りて、自分で集客をしていくので、お店を貸してくれるところを探しています。ありますか?」

店員さんの対応は

「無理だと思います、そんなに甘くありませんよ。他の方法を探されたらどうですか?」

僕はちょっと正直、イラっとしました😆

僕「これでやりたいんです。募集している店はありませんか?」

店員さん「無理だと思いますよ。探してはみますけど

「分かりました!」

ということで、紹介所は当てにせず、

お店に直接電話したりして確認したり、

オーナーさんにアポを取って、貸してくれるようにお願いして、貸して頂けるところを探して見つけました。

そして、今の働き方をしています。

 

 

●カウンセラーは甘くない?

 

また、

僕が難病で動けなくなり、

カウンセラーと美容師をすると決めた時にも、

「カウンセラーはそんなに甘くない!」と言われたり。

 

美容の相談所もカウンセラーもですけど、僕はやりたいと思ってやっているわけです。

反対している人は、僕が、「甘いから」フリーの美容師とカウンセラーをやろうとしていると思っているのでしょうか?

そんなこと一言も言ってないのに😆

考えてみたら変な話なんです!

 

 

 

●本気で決めよう!

 

でも、やりたいことを追いかけると、実際にこんな人いっぱい出てきます。

その時、自分が「できたらいいなぁ」くらいに思っていると負けてしまいます。

 

自分は、

「できたらいいなぁ!」

(エネルギー小)

あちらは、

「できるわけない!」

(エネルギー大)

負けそうでしょ😆

 

だから、ちゃんと「やる」って、本気で決めないといけないんです。

 

 そうしたら、どうしたらできるか?と頭のアンテナができるための情報をキャッチしてくれます。

悩みも同じで、解決すると決めれば解決できます。

 

●本気でも反対する人は出てくる!

 

でも、それやってても、

反対する人も必ず出てきます。

 

そんなの無理!

できるわけない!

そんなに甘くない!

  

そんな反対するという人が出てきたら、

どうします?

 

 

1人くらい出てきても何とかなりそうですが、

立て続け3人、4人、10人と出てきたら

心が折れそうになりませんか?

 

 

だから、

何かをやりたい、成し遂げたい、

悩みを解決したいという人は、

心構えが必要です!

 

 

●「できる」「できない」の説得ゲーム!

 

ここ心構えがないと、反対してきた人に、反撃してしまいます。

「そんなことない、絶対できる!」と

反論して、相手を説得してしまいます。

でも、相手も引くことはありません😆

 

「できる!」「できない!」

の言い合い

 

そこで使わなくても良いエネルギー使って、本来やるべきことができなくなってしまう。

意外とそんなことってありませんか?

 

●説得はしなくて良い!

 

でも、普通に考えて、その人や周りが何と言おうがやると決めたらやってみたら良い。

 一生懸命、その人を説得して、

「だったらできるね」なんて言ってもらわなくても良いんです。

 

それやっても結果に何の影響もありませんから、ただこちら疲れるだけ。

 

だから、

「そんなのできない、無理だ」反対された時は、

「あなたはできないと思っているんですね。私はやると決めているんです!」

終わりです!

そして、あなたのやりたいことを実現するために必要な作業に取り掛かりましょう!

 

 

●反対意見の人の特徴!

 

反対意見の多く人が、それをやったことない人です。

 

やったとことない人の、無理だのできないだのの意見を議論するだけ無駄です。

 

例えば、親や友達な先輩が、

「あなたのためを思って」系の心配してる系で反対の言葉かけています。

もちろん本当に心配はしてくれているでしょう。

 

でも、その人はあなたがやろうとしていることをこれまでにやったことがない。

だったらわかるはずがありません。

 

意外と色々いてみたら、何も知らない人が多いんです。

 

自分がやりたいことであるならば、

少なくても、調べ、できたところを想像して、それをやると決めたんです。

 

だから、

やったことない人の意見を聞く必要もないし、その人を説得しなくても良いんです。

 

「あなたはできないと思っているんですね。

私はやると決めているんです」

それでだけで良いんです。

 

●反対する人、上級バージョン!

 

でも、

たまに自分より少し成功している人が、

自分の経験をもとにそんなの無理、できないと反対してくる場合があります。

そんな時、あなたはどうします?

難しいですよね!

 

でも、

答えは簡単です。

 

 

その答えとは、

「知らんがな」です。

 

 

 

やると決めたら、ただやるだけです。

 

やるのは、反対している人ではありません。

自分自身です。

 

 

だから、

知らんがなで良いんです。

 

 

●迷ったら、成功イメージを再インストール!

 

でも、もし迷いが出てきたら、

イメージしてみましょう!

 

「なぜそれをやりたいのか?」

そのやりたいことは、

自分の価値観にあっているのか?

そのやりたいことを達成した日、

自分はどんな感情を味わっているのか?

そのやりたいことを達成した毎日は、

どんな毎日なのか?

 

それをきちんとイメージできて、

成功イメージを再インストールするんです。

 

そして、ワクワクしたら、あとはやるだけです。

 

でも、そこで、「やっておいたほうが良いかな?」と思ったらそれは外して、もう一度やりたいことを考えましょう!

 

それは、やりたいことをではありません。

 

自分を喜ばせるために、

心が喜ぶこと、やりたいことをやろう!

 

それでは、

今日も読んでいただきありがとうございます。

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

他人と比べて落ち込んでしまうという悩み!

 

色々な会などで集まりの時や、人を紹介された時、何か講習会で、SNSなどをみて、自分と他人を比較して落ち込んでしまう。

 

こんなお悩みを相談されたことがあります。

 

カウンセリングでは、過去からの体験や何故そう思っているのかなどを掘り下げていくんですが、

手っ取り早い方法もあります。

 

それは、「フロー体験」に意図的に飛び込んでいくことらしいのです!

 

 

まず、

相手と比較して劣等感を感じてしまうということは、相手が上で自分が下だと思って感じてしまうということなんですが、

逆に、相手が自分に優越感を感じていたら…

それも同じで劣等感の裏返しです。

 

劣等感を抱いている人、

優越感を抱いている人、

〇〇勤務、〇〇大学、経営者である、既婚である、お金持ちである、美女美男であるという状態を、他人と比較することによって自分が優秀だとか、劣っている、

また、

相手が優秀だとか、劣っているかを決めつけ、自分がいかに優れているか、恵まれていることによりどころを求めたり、

その逆に、

自分は優秀でないか、どれくれい劣っているかを決めつけたり…

どちらも劣等感であることには変わりはないと言われています。

人は自分が重要であり、有能な存在であると感じていきたいものです。

 

しかし、勤務先、大学、既婚など「状態」、他人のステータスを基準にすると歪みが生じます。

 

このステータスを重視する傾向は、

一説によると、

昔から日本にあったシステムで、

「サムライは百姓より偉い!」というような、身分によって人のふるまいが決められていた名残ではないかと言われています。

 

しかし、今はそんなことは関係ない時代。

その人の過去の経歴、所属がどうであるというのはどうでも良いという時代に入ってきています。

個人の時代になってきました。

 

 

では、自分の達成感などは、自己重要性をどこで得られるかというと、

それは他人のステータスと比較することではなく、

自分の持てる能力をギリギリまで使って、クリアできる課題に真剣に取り組むといった体験をすることだと思います。

 

 

フリーランスの仕事もそうですが、

他人との比較で優越感や劣等感を感じることなど無意味です。

 

ご予約頂いたお客様に対し、自分の持てる力が出し切れるかがすべてです。

 

その状態こそが「フロー体験」です。

それは、ちょっとだけ難しい課題にチャレンジすること。

 

絶対に達成不可能な課題は、自信をなくすのは目に見えているので萎縮するだけですが、かといって、持っている技術ですぐできる仕事は、自信をなくすことはありませんが、成長することもありません。

 

つまり、求めるべき仕事は自分の能力でギリギリできる仕事。

 

 

この仕事をしている時は作業に没頭します。

これが「フロー体験」です。

 

 

この状態にある間、人は時間の流れを忘れ没頭します。集中するので他のことが気には入れず、その集中から達成感と幸福感を味わうのです。

 

生きている手ごたえや「自分は重要だ」という自覚は、フロー体験のような日々体験することによって獲得できます。

このフロー体験を経験をしていない時、

過去に獲得したステイタスで他人と比べて、簡単に「自分が重要だ」ということを確認したいという気持ちが起きてくるのだと思います。

 

普段からフロー体験を経験している人は、自分自身から肯定感に満たされているため、人と比較する必要がなくなります。

 

集中して取り組むべき何かにやり遂げている時は、他人の存在、自分の存在さえも感じるほどの注意力は残っていないと言われています。

 

ということで、

いつも他人と自分を比べてしまい、他人に劣っているのが気になるのであれば、自分が没頭できるフロー体験を求めて、積極的に飛び込んでいくのよいのではないでしょうか?

 

ここでサクッと始められる、オススメのフロー体験があります。

それは…ランニングです。

 

昨日走ったタイムを1秒で良いから早く走る。簡単なことですが、これもフロー体験です!

 

昨日のタイムより早く走ることを目指して走っている最中、人の目は気にならないでしょう。

 

フロー体験のヒントは、仕事でも、ランニングでも、「昨日の自分を超えていくこと」だと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます!

孤独を感じるという悩み。

1人になると孤独を感じる。

このお悩みも意外と多い内容です。

 

ちなみに、僕は孤独、結構いけるほう。1人が結構好きです。

でも、友達にも恵まれているため、孤独を感じてないのかも…

 

でも、悩んでる方はいらっしゃいます。

 

夜、孤独を感じる。だから、人を求める。

 

これは、最近は結婚していない人も多いし、熟年離婚もあるので孤独は身近なものになってくるかもしれません。

 

でも、孤独を感じている人は、誰かといても孤独を感じている人が多いようです。

 

どれだけ、寂しくて、話し相手がほしいからといって、いざ会って話しても、噛み合わなかったり。

 

それはやはり他人だから、興味のあるところも違うし、色々違うところはあって当然。

そして気を使い、お互い共感しあえる話題を探さなければならない。

 

こう書くと、人といるって結構しんどそうですよね。

 

でも、人は人と一緒にいたがります。孤独を嫌がる。

 

それはどうしてかというと、自分の内面が充実していないかららしいのです。

 

人間が孤独を辛いと感じる時、それは内面が弱っている時らしいのです。内面が弱っている時の社交の欲求が、人間を集まらせる。

 

「あーーー、確かに!」って、思いませんか?

 

幸福は自己に満足する人に訪れると言います。

 

つまり、基本は自分の外側にあるものに期待せず、自分の内側にあるもので楽しむこと。

 

人間は完全に融合できるのは自分だけなので、自分の内側が豊かな充実があれば、最も幸福な状態になるらしいのです。

 

自分の興味のあることに没頭しながら孤独を楽しみ、掘り下げる。

 

自分一人でしかできない仕事に没頭することで、人間は孤独を有意義に過ごすことができます。

 

ということで、

孤独を感じた時こそ、カウンセリングで自分を深めていくこともおすすめです。

 

カウンセリングメニューはこちら

マウンティングについて。

こんにちは。

髪と心をキレイにするカウンセラー美容師の圓本高士です!

30代後半、朝から、カルボナーラ。

今日も元気いっぱいです。

 

それでは、早速本題です。

 

カウンセリングをしていると、マウンティングに対してのご相談もあるのですが、

自分の問題と人の問題がいっしょくたになっている場合があります。

 

これを分けて考えることが出来れば、

改善が見込めるようになり、

楽しくなります!

 

 

たとえば、

人からバカにされ、下に見られている気がする。

これも結構多い悩みをです。

つまり、マウンティング的なやつです。

 

ささいなことのように思いますがずっと続くと辛いですよね。

 

 

下に見てくる人がいて、

それが嫌な自分がいるということなのですが、

「下に見られたくない」と思うのは、自分のこと。

「下に見てくる」は相手のこと。

 

 

まずは、

自分の問題と、相手の問題、

これを見極めることが大切です。

 

 

もし、自分をバカにして、下に見てくる人がいても、やめさせることはできない、だからほっておけば良いのです。

それはその人の問題であり、

人を下に見ないといけない、よく分からない何かを抱えている人です。(コンプレックスや劣等感など)

 

しかし、

下に見られることを問題ととることは、自分自身の問題です。

改善するべきところはここ。自分の問題です。

 

 

実は下に見ている人と、見られている人は関係がない、これくらい切り離して考えても良いと思います。

(実際のカウンセリングでも、本当の原因は今、問題なっていることとは関係がなかったりします。)

 

 

自分で改善できるところは努力したほうが良いですが、相手を変えるなど、どうしようもないことはやりようがありません。

 

だから、

相手のことはほうっておけば良いのですが、

どうしてもできない場合もあるでしょう。

 

どうしてもしんどい時、

そんな時は思い切って違う環境に逃げてしまった方が良いです!!

 

仮にですが、無理やりその環境にいて、ものすごく落ち込んでしまうくらい辛いのなら逃げて生き延びるほうが得策と言えるでしょう。

 

 

そして、

その環境を跳ね返せるくらい、

切り離せるくらいになるまで、まず回復を待つべきだと思います。

 

 

ということで、

自分は、自分の問題を解決して生きていけば良いのであって、

他人の問題を引き受ける必要はありません。

 

自分の問題と他人の問題を区別することができれば、

自分の問題のことに集中できるし、

改善も期待できるので楽しくなります!

 

カウンセリングメニューこちら

(ヘアメニューの下にあります!)