天王寺・本町 ステップボーンカットの美容室 心理カウンセリング

壁の意味

 
この記事を書いている人 - WRITER -

仕事、人間関係など様々ことに壁(問題)が立ちはだかる場合があります。

しかし、その壁はあなたが限界に達したから現れるわけではありません。

壁には意味があります。

 

個人的な話で恐縮なのですが、
僕はギランバレーという病気にかかり入院し、退院してから3ヶ月に1回、検診のため病院に通っています。

この前の検診で予後の経過を伝えると先生が「退院して3ヶ月でこの状態ならかなり順調ですね、良く3ヶ月でここまで回復しましたね!」と褒めてくれたのです。

僕も筋トレやストレッチを続けてやっていたので、非常に嬉しかったのを覚えています。
しかし、それが嬉しかったのはただ単に褒めてもらえてからではありません。

3ヶ月で自分の身体を良くここまで回復させたという先生の解釈が嬉しかったのです。

あの時、
「3ヶ月ではここまでの回復が限界ですね。」と、もしあの時、先生が言っていたらどうでしょう?

この場合、3ヶ月で回復した度合いが、ただ限界に達したというネガティブに解釈しただけかもしれません。

そうしたら僕はがっかりしたかもしれません。

きっと薬を飲んで、新しいトレーニングを考えたりして新しい目標を立てず、そのまま限界を感じて惰性で過ごすようになっていたかもしれません。

しかし、先生は3ヶ月の予後の壁を攻撃的なポジティブシンキングによって3ヶ月で回復力を最大限にまで引き出したというポジティブな意味に捉えてくれたのです。

つまり、壁の意味は、

ここであなたの力はもう限界だということではないということです!

壁とはあなたが今のあなたの力を最大限に使い、力を出し切ったということに感動し褒め労ってくれる潜在意識のメッセージかもしれません。

 

今までの自分を捨てるというメッセージ

どんなにポジティブに考えると言っても1年~1年半たっても完全に治るか分からない病状を3ヶ月後に完全に回復させると言った考えは現実逃避的な考えかもしれません。
でも、3ヶ月という期間での回復力を最大限にまで引き出すことができたのだとしたらそれ以上に嬉しいことがあるでしょうか?

自分の立場においてのポテンシャルを引き出し切ったと思えたら、
さらにその先に進むためにより工夫をしようという気持ちにもなれます!

ということで、

壁にぶつかった時はダメだ

と考えるのではなく、
これは自分の持てる力をフルに出し切ったという証、自分が全力を尽くしたという証拠なのだと解釈できます。

その解釈ができた時、初めて、ここまで自分のポテンシャルを120%引き出したのだから、今までの自分を捨て、新しい自分として生まれ変わる。

つまり、

グレードアップや今までと違った新しい方法で物事を進める時が来たのだという感じで心から納得できる。
今までの自分にしがみつくことをやめることができるのです。

 

壁とは重要なメッセージ

それは、
今までの自分を捨てなさい、新しい自分を始めなさい、というメッセージかもしれません。

このメッセージを伝えるために壁が自分の前に現れたわけですから、

今までの自分のままで、今までの方法のまま、壁に突進して行っても壁を突破できません。また同じ繰り返し。

 

ずっと同じ方法でやっていて何度も同じ壁が出てくるようなら、違う方法で、

違う方法ばかり試していて、何度も同じ方法で壁が出てくるようなら1つに絞ったやり方をするなど、

壁の種類も様々。

その壁は、何を伝えようとしているのか?

それは、

新しい方法を試すということは、効果がなかったやり方をやめていくということ。

これに尽きると思います!

効果のないやり方を繰り返しているから壁を突破できないのです。
実際、仕事、人間関係など様々な壁(問題)に対して効果のないアプローチを繰り返していることが多いのです。

ということで、
今まで自分に立ちはだかった壁の種類、

解決方法の癖を観察してみましょう。
そのには自分のパターンがあるかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA