カウンセリングで現実を変える!

カウンセリング

こんにちは、

カウンセラー&美容師

圓本高士です!

 

昨日は、「日常・接客業に使えるカウンセリング講座」開催させて頂きました!

今回は、カウンセリング練習とさせて頂きました!皆さん初めてのカウンセリングでしたが、しっかりとカウンセリングされていました!

みんなでカウンセリングをすると客観的に見れてとても勉強になり楽しかったです!

喜んで頂いてよかったです!

 

それでは今日は、

「カウンセリングで現実変える!」というテーマで宜しくお願い致します!

 

まず最初にある逸話をご紹介します。

 

 

とある町に旅人がたどり着いた。

町の入り口に一人のお爺さんがいた。

 

旅人お爺さんに聞いた。「お爺さん、この町はどんな町ですか?」

 

逆にお爺さんは旅人に聞き返した。「あなたが今までいた町はどんな町でしたか?」

 

旅人は答えた。「前にいた町は嫌な人ばかりでろくな町じゃなかったよ。」

 

「そうですか、この町もあなたが前にいた町と同じ町です。」とお爺さんは答えた。

 

また、別の日に旅人が町に来てお爺さんにに聞いた。「お爺さん、この町はいったいどんな町ですか?」

 

お爺さんは、「あなたが以前いた町はどんな町でしたか?」とまた聞き返した。

 

旅人は答えた。「私が今までいた町は、すばらしい町で、人々は親切で、あんなに良い町はありませんでした。」

 

「そうですか、この町もあなたが前にいた町と同じ町です。」とお爺さんは答えた。

 

というお話。

この話は何を伝えようとしてるのでしょうか?

 

まず、状況としては2人の旅人が来た町は同じ、町の入り口にいたお爺さんも同じ人です。

お爺さんが答えた内容と同じです。違うのは、旅人の捉え方。

 

つまり、

「現実は自分の捉え方によって決まる」ということだと思います。

 

同じ環境でも自分がどのように捉えているかで、大きく現実は変わってくる。

カウンセリングをしているとそれをとても実感します。

 

もし、何か問題あった時、環境や他人が自分の現実を作っていると捉えたとしたら、問題解決が難しくなるでしょう。(これを決定論と言います、自分は人や環境に決定されているという考え方です。)

しかし、自分の捉え方を見つめ直し、現実を作る側になれば、そこに自由な選択が生まれます。(主体性、創造性など)

 

カウンセリングは、物事をただやみくもにポジティブに捉えるのではなく、この無意識の捉え方を見つめ、現実を作る側に回ることだと思います!

 

そうすることで色んな気づきが生まれ、色んなアイデアが生まれ、現実は変わっていきます!

 

ということで、最後までお読み頂きありがとうございます!

明日も皆さんにとって良い1日に!

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

 

無意識が分かるメルマガはこちら👇

メルマガ『髪と心のメールカウンセリング』

コメント