平野・天王寺・本町 ステップボーンカット(小顔補正立体カット)専門店 en 心理カウンセリング

心と体は繋がっている!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

僕たちは心だけで生きているわけでもなく、

体だけで生きているわけでもありません。

 

 

心の身体両方持って生まれています。

当たり前ですが…

 

 

希望があれば体は動く!


どんなに疲れていてもあなたが心がウキウキするようなことであれば体は勝手に動き出します!

 

例えば、、

難病で歩行器なしでは立ち上がれない状態であったとしても、

楽しいと感じれば運動を始めます!

 

(実際、入院中、

僕は一人で立つこと出来ない状態でしたが、一人で歩行器使い、屋上に上がり、

フラフラで体操していました。

でも、毎日、屋上に行くのが楽しくてワクワクしたのを覚えています。

後に、ドクターストップがかかりますが…笑)

どんな状態であろうが、

心がワクワクするようなことであれば、

体は勝手に動くんです!

 

つまりは、

「希望」がとても大切です。

心が希望のある状態だと、

体は動く。

 

ということは、
希望が持てなかったり、

ワクワクした気持ちになれないと

言うのであれば、

体を動かしてみれば良いのです。
(決して無理せず自分の出来る範囲で)

 

心が沈めば、体も沈む!


 

逆に、

落ち込んでいたりすると、

体は動かなくなります。

 

これは、僕の実体験ですが、
気持ちが乗っているときは、

痺れもなく調子も良いのですが、
疲れたとき、気持ちは沈んだ時は、

痺れやフラつきを感じます。

 

最初は、

「いやいやいや、気のせいだろう。」

と思っていたのですが、

 

気持ちが沈んだときは

本当に、

明らかに足の裏が痺れて、地面を踏んでいる感覚は鈍くなります。

 

 

「おお…

病院に来なく良い、薬も飲まなくて良いと言われたけど、

これと付き合いながら、今後は生きていくのか。マジか!!」

と思いました。

 

 

しかし、

気持ちが乗っている時は、

何度確認しても明らかに調子が良いのです!!

 

 

この事に気が付いてから、

メンタルのコントロールはかなり重要だと思うようになりました。

 

心と体は一体!


 

それは、

心と体は表裏一体だということ。

心が上がれば、体も動く、

体が動けば、心が上がる。

 

それは、

体が疲れれば、心も疲れる、

心が下がれば、体も下がるということ。

(ということで、現在の僕には、

気合で何とかなるやろ!的な考えは一切ございません。

気合でその場は何とかなっても、体が疲れて動かなくなってしまったら、心も下がり、次の日などに影響するからです。)

 

しかし、

これも使い方。

 

 

体が落ちている時は、

心が上がるように持っていく。

 

心が落ちている時は、

体が上がるように持っていく。

 

どちらかをやり易いほうを上げることで、

下がっているほうはついてきます!

 

 

どちらかというと体が動かしやすくないですか?


 

そして、

どちらかというと心を明るくするより、

体を動かしたほうが簡単ですよね!!

 

心が曇った時に、

散歩したり、

ストレッチしたり、

スポーツをしたり、

することで、
心のモヤモヤがスッキリ晴れたということはよくあります!

 

 

これは、

運動で自律神経のバランスが整い、

心も整うのらしいのです。

 

 

心がモヤモヤしている時は、

軽く運動して見るのが良いのかもしれません!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA