人が悩む原因は1つだけ。

 

こんにちは、

今日は自宅でブログ書いたり、

講座をオンラインでできるように準備を進めてみたり、

カウンセリングや講座は、前からオンラインでもちょこちょこやってました。

でも、アフターコロナの世界では、もっともっとオンライン化が加速しますよね!

 

とまぁ、そろそろ本題です。

 

 

最近、

心理カウンセリングを受けたい方だけでなく、やりたい人も増えてきたように思います!

でも、

心理カウンセリングって

どうなったら成功なのか?

 

 

今回はそれを書いてみました!

 

 

 

人の悩みは十人十色。

だから、カウンセラーは経験が必要。

あんな場合は、こんな場合はと、

色々なケースを学んでも、その学んだ内容がそのまま使えることなどほぼありえません。

 

 

その考え方だと、

人は十人十色なので、

いくらケースを学んでもうまくいきませんよね。

 

 

カウンセラーは、

 

1人ひとり違うクライアントさんの悩みに対して有効な解決策を提案したり、

解決できるように導いたりして、

クライアントの悩みを解決していくと思われている方がおられますが、

 

これは勘違いです。

 

 

カウンセリングは、

アドバイスや解決策を出すようなものではないんです。

 

 

だから、10人のクライアントさんがいたとしたら、10個の解決策を準備するということもありせん。

 

 

経験がないと分からないものではないんです、

心理カウンセリングは簡単なんです。

 

 

僕は、講座の中でよく、

心理カウンセリングって聞いてどう思いますか?という質問をします。

 

すると大半の人が

「なんか難しそう

そう答えます。

 

 

では何が難しいのでしょう?

 

そもそもどうなったら

カウンセリングは

成功なのでしょうか?

 

 

実は、

心理カウンセリングは、

ケースバイケースではないんです。

 

繰り返しになりますが、

経験がないと分からないものではないんです、

心理カウンセリングは思っているより簡単です。

 

 

実は、

やり方があるんです。

 

 

まず、人はなぜ悩むのか?

僕が教えて頂いた心理カウンセリングの考え方では、その答えは

 

ひとつだけです。

 

 

それは、

「思い通りか?思い通りでないか?」

 

 

難病になっても悩む人と、

悩まない人がいるんです。

 

難病になったのが、

思い通りでないから悩んでいる。

 

でも、寝たきりなっても悩まない人もいます。

それは自分の思った通りだから、

つまり想定内だから。

 

 

僕も難病を経験していますが、

当時はものすごく悩みました。

全然思い通りではなかったから。

 

でも、

この経験を期に心理カウンセラーになりました。この経験を意味あるものに変えたかったので。だから今は悩みません。

思い通りだから。

 

 

人は自分の思っていたことを超えて、

思い通りにならない時、悩み始めるんです。

 

 

未来の不安、人間関係、病気、お金、

すべては思い通りか、思い通りでないか、

ただそれだけなんです。

 

 

ということは、

クライアントさん本人のが持っている思いによって悩むか悩まないか決まっていくということです。

 

 

だから、

カウンセラーはクライアントの思いを明確にする必要があるんです。

 

逆を言うと、

カウンセラーがどんなに変えようとしたり、

導いたりしてもクライアントを治すことはできないんです。

 

クライアントさんの思いが現実を決定しているから。

 

 

だから、カウンセラーは、

クライアントさんの悩みやお話を聞いて、

個別にアドバイスや解決策出していくわけではなく、

その思い通りでない、「思い」を明確にしていくんです。

 

 

 

そして、その思いは無意識の中、

自分では「当たり前」の思考、行動であるため、なかなか自分では気づけないのです。

 

 

カウンセリングで、

無意識を意識できるところまで上げてくる。

 

意識できると深い気づきがおこり、

変わることができるんです。

 

 

それでは最後までお読み頂きありがとうございます!

 

 

カウンセラー美容師

ステップボーンカットマスター認定スタイリスト
にほんこころカウンセリング協会公認カウンセラー

圓本高士

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です