アート思考を取り入れた 心理カウンセリング4

カウンセリング

こんにちは、

髪と心キレイにする

カウンセラー&美容師

圓本高士です!

 

前回までの記事はこちら👇

アート思考を取り入れた 心理カウンセリング!

アート思考を取り入れた 心理カウンセリング2

アート思考を取り入れた 心理カウンセリング3

 

 

今日もしれっとやっていきます。

エクササイズもご用意してますので、ぜひやってみて思考を広げて頂ければと思います!

それでは宜しくお願い致します。

 

人は1日、6万回と思考している!

 

カウンセリングや、心理には、「認知」という言葉があります。

簡単に言うと「ものの見方」です。

 

 

人は瞬間瞬間に自動的に思考し、その回数は1日に6万回と言われています。

この自動的に行われている思考は、自分自身の「ものの見方」も入っています。

それにしても「ものの見方」ってどういうことなのでしょう?

 

「自分が感じていること?」

「自分の考え?」

 

では、ここで1つ、エクササイズ。

 

自動的に湧き上がる思考を確認しよう!

 

例えば、

最近、カウンセリングでも、コロナで不安という方が増えています。

もちろん、不安でない方もいると思います。

 

では、まず、

今の世の中、経済、コロナについて、

自分の考えを他人にお話しするつもりで他人に理解できるように紙に書いてください。

どんなことでも結構です。

 

それではスタート!!!

 

できましたでしょうか?

お疲れ様でしたと言いたいところですが、

ほとんどの方々紙に書かないまま進んだのではないでしょうか?

 

書いた方は、カウンセリングに興味があるか、心にモヤモヤがある方、真面目な方だと思います。

 

 

ところで、

「現状の自分の気持ちを他人には分かるように伝える」というエクササイズどう感じましたか?

色々な捉え方があると思います。

 

「うまく書けないと思った。」

「今書く気分じゃない。」

「いきなり自分気持ちと言われても書けない」

「人に見られたらどうしよう」

そういう色々な思いがあなたの行動を止めていたのかもしれません。

 

そして、これらの思考は瞬間的に湧いてくるものです。

これが自動思考です。

 

自分の気持ちを、自分で感じることということは意外と苦手意識がある人が多いようです。

 

 

ものの見方を選んでみよう!

 

では、次のエクササイズです。

 

今現状のコロナ状態について、

6つの例から自分の気持ちに近いものを選んでください。

そして、なぜそう感じているのか?説明してください。

 

ここで、大切なのは、

「なぜそう感じるか?」です。

 

それを明らかにすることによって、

今のあなたがコロナ対する現状を何を基準に見ているのか?

それが分かるはずです。

 

 

それではやってみましょう!!!

1.コロナや今の現状に不安を感じている。

2.コロナや今の現状に怖いと感じている。

3.コロナや今の現状に悲しみを感じている。

4.コロナや今の現状に怒りを感じている。

5.コロナや今の現状に絶望を感じている。

6.コロナや今の現状を喜びを感じている。

この中で1番自分の気持ちに近いものを選んでもみましょう!

 

次に、「なぜそう感じているのか?」

理由は何ですか?

 

できましたでしょうか?

 

それが今、あなたが持っている

「ものの見方」です。

 

しかし、

それとは別の物の見方があるとしたら?

どんな見方をするでしょう?

 

時間がある方は考えてみると面白いです!

 

 

それでは、次に進みます。

 

 

子供の頃の自分と向き合ってみよう!

 

次の問いにお答え頂ければと思います。

 

・あなたは子供頃、最高に幸せでしたか?

 子供の頃をイメージしてお答えください。

 

できましたでしょうか?

どんな答えが出たでしょう?

 

「幸せだった!」

「あまり幸せな幼少期を送っていない。」

答えは人によってバラバラだと思います。

 

子供頃、特に0才〜約13才までは、

潜在意識が作られる時期だと言われ、心理カウンセリングでも重要視されている時期です。

 

 

皆さんは、

「自分の子供の頃、最高に幸せだったか?」

と聞かれ何を思い浮かべたでしょう?

何を感じました?

 

 

ところで、あなたは、

今、自分の子供の頃についてどれくらい考えましたか?

時間にして、何分、何秒くらいでしょうか?

 

では、子供の頃をどれくらいイメージできたか、少し確認していきましょう!

 

 

子供頃と言われて、

何才くらいを思い浮かべましたか?

幸せな理由、

幸せでなかった理由は具体的に何でしょう?

 

それを1番感じた時はどんな時?

 

誰といて、どんなことしていた時、幼いながらあなたは何を感じたのでしょう?

 

その時、どんな服を着ていましたか?

 

いかがでしたでしょうか?

 

 

自分の子供頃であっても、

考えたのはほんの一瞬だったのではないでしょうか?

 

僕らは、

自分と向き合うこと、

自分を知ることが苦手です。

 

 

自分のイメージを働かせて、自分というアート作品と向き合うことは、「自分なりの答え」を作るためのスタートラインです。

 

しかし、

自分と向き合うということは、

自分では意外と難しいのです。

 

カウンセリングでも、

パッと答えて表面的な出来事から正解をしてしまう方がほとんどです。

 

だから、カウンセリングで自分の状況や感情、思いを他人に分かるように伝えることが大切です。

 

頭では当たり前のことでも、

頭では考えていることをアウトプットしていくことで、

漠然としていたものがはるかに、

「良く見る」ことができます。

 

余談ですが美術館で絵を見に行った時、

人は絵(アート作品)をみる時間より、

したの説明書きをみる時間のほうが長いという話があります。

「良くみる」と色んなことに気づきます。

 

そのうち思い出せなかったようなこと、自分の思いにも気づくかもしれません。

 

カウンセリングでしっかりとアウトプットする時は、明確でないところをカウンセラーが質問します。

 

そのやりとりがさらなる気づきを生み、自分自身では辿りつなかったことろまで考えるきっかけとなります。

 

ということで、

今日も最後までお読み頂きありがとうございます!

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

コメント