仕事で行動できなくなった時の対処法!

こんにちは!

髪と心をキレイにするカウンセラー&美容師

圓本高士です!

 

先日はオンラインでセッションをさせて頂きました!!!(初めての仮装背景笑)

 

遠方の方でも、自宅で気軽に受けられる、

オンラインの醍醐味ですね!

 

色々お話を聴かせて頂き楽しい時間でした!

 

 

それでは、本題です!

 

起業にしても、やりたいことを始めるにしても、仕事で行動できなくなる瞬間ってありませんか?

そして、焦る!!!

 

・まだ自分が何がしたいかわからない。

・したいことはわかっているけど、

    モチベーションが下がってしまった。

・生計を立てるために、今やりたくない仕事していて、現状を変えたい。

 

状況は人によって様々ですが、

今の状況を良くするため、何かをしなければ分かっているけど、動けない。

 

カウンセリングで、こういう方のお話をお聞きすることがあります。

 

行動できなくなっている人は1つだけ共通点があるように思います。

 

 

 

 

仕事で行動できなくなっている人の共通点!

 

それは、

仕事に自分を合わせる考え方をしているということ。

 

 

仕事を楽しんでいる人、

自分に合った仕事をしている人は、

自分に仕事を合わせるということをしています。

 

 

 

 

僕が難病ギランバレー症候群から復帰し仕事を始めた時、想像していた以上に動ける状態ではありませんでした。

 

でも、仕事はしたい。

 

だから、3ヶ月間、

1日のお客様は2名で営業していました。

 

それ以上は、体力が持たず、仕事のクオリティーも落ちると思ったし、

無理をして、なおかつ低いクオリティーの仕事など誰も望んでいないし、そのほうがお客様に対して誠実だと判断したからです。

 

最初はりきって普通に営業してみたものの、帰りには、駅のベンチで座って寝てしまう。次の日に疲れが全く取れていない。

そんなことが起こっていたことも原因でした。

 

そんなこともあり、

焦って中途半端なクオリティーでやるより、

今やるべきことは、まずは疲れない身体を作ることが大切だと思いました。

 

僕にとって、

これから仕事をしていく上で重要なことでした。

 

健康を失えば、全てを失うことを

身を持って体験していたからです。

 

仕事に自分を合わせ、

無理して倒れたのでは意味がありません。

 

 

自分に仕事を合わせることにしたのです。

 

それをしてからは、

徐々に身体も適応し始め、働ける時間もどんどん増えていきました!

 

 

まずは、

自分の望むことを、目的をはっきりさせると行動しやすくなります。

 

もちろん望むだけでは、変化は起こせませんが、望むことを明確にするだけで行動べきことは見えてきます。

 

 

 

 

結局できることしかできない!

 

 

現状は、望むものではなくも、今、やりたいことが見つからなくても、

自分が関心があること、興味を感じられることに対して才能を磨き、

没頭し、深めていけば、どんな状況でも挫折することはありません。

 

 

人は周りの環境や、先に成功している人を見てついつい焦ってしまうこともあります。

 

でも、周りの人と自分自身はまったく関係ありません。

 

 

今できないことは、

やっぱり、今はできないし、

今できることは、

やっぱり、今できます。

 

できることやりましょう!!!

 

 

自分の望む成功を求めて、

自分のやるべきことを1つずつ焦らずに進めていきましょう!!!

 

 

それでは、

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

 

 

イベント・お知らせ

 

無料メールマガジンは、こちらから👇

メルマガ『髪と心のメールカウンセリング』

 

心理カウンセリングはこちら👇

あるべき姿に目覚めるカウンセリング

 

2月10日  新大阪で開催!

日常・接客業に使えるカウンセリング講座

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です