そっとしておけるか?

カウンセリング

悩んで行き詰まった時こそ、

「自由にやれば良いのに!」

カウンセリングをしていると良く思うことです。

 

でも、

自由になったらなったで、周りの自由にになれない人が怒りだしたり。

 

俺だって、私だって、自由になりたいのに我慢してるんだ!って

 

 

だから、周りの目が気になって踏み出せないかもしれない。みんな同じことやってるし、みんな我慢してるからって

 

でも、

その人達も、実はその苦しいポジションを自分で選んでいます

 

だから、そっとしておく。

 

 

人間には自分で解決できる能力が備わっています。もれなく、その苦しいポジションを選んでいる人にも備わっている。

 

だから、信じてそっとしておくんです。

 

そんなことしたら自由な人だらけになってえらいことになるじゃないかって思う人もいるかもしれませんが、でもそうはならない。

 

人は自ら考え、解決できる能力を持つ。

 

だから、みんなが良い感じに自分のことを解決していって、全体が良い感じになります。

 

逆にこの人には自分がいなければ

この人を変えなければ

って思うようであれば自分自身がその人に依存している可能性もあるということ。

 

また助けることで自分の存在価値を確認していたり

 

相手のチカラを信じる。

相手を尊重する。

 

 

そして、

自分の意思でやる。

あの人がああだから

環境がこれだから

そんなこと関係なくやる。

 

 

これができるようになると、

自分の能力と他人の能力が引き出せるようになる。

 

 

カウンセリングで、大事にしていることです。

コメント