あの人が嫌いと言う悩みを抱えてた時、最初にやるべきこと!

カウンセリング

 

 

「あの人が嫌い、どうしても嫌い。どうしても好きになれない!どうしたら良いですか?」

 

そう言われる方って結構多いです。

カウンセリングでは、

良くご質問頂くテーマです。

 

 

今は結構自由にやってますけど、

僕は長年の家族関係で悩みました。

 

 

そのせいか、家族、親子、夫婦など、

「離れられない間柄での人間関係」

についてご相談を受けることがよくあります。

 

 

どうしてもどっからどうしてもうまくいかない、色々手を尽くしたけど全然うまくいかない苦しい気持ち。

わかります。その気持ち。

 

 

解決する方法ばかり探していませんか?

 

さて、

このテーマ悩まれている方は大体、

 

仲良くする方法、

問題を起こす人を変える方法など、

何らかの方法を探されています。

 

 

具体的な方法、

それを探されてるわけですが、

 

僕は

その前にやるべきことがあると思います。

 

それは?

 

 

 

 

最初にやるべきこと!

 

 

それは、まず、

その人を好きになれない自分を受け入れることです。

 

「ええやん、嫌いでも」ってことです。

 

 

嫌いなものを好きになろうとしているわけですから、悩みになるに決まってます。

 

「ああ、好きになれない、どうしても好きになれない!」

そのことばかりにとらわれて何も進まなくなってしまいます。

 

 

嫌いなものを好きになれない。

コレ、普通のことです。

 

 

では、

何でそんな普通のことで悩んでいるのか?

 

 

 

 

好きにならないといけないわけではない。

 

 

それは、「好きにならなければいけない」と思っているから。

 

 

つまり、

「その人を好きになれない自分が悪い」

と自分を責めているから。

 

 

でも、嫌いなものはしょうがない(笑)

 

僕は「しょうがない」で良いと思います。

 

 

そうすると無理がなくなります。

すると良いところも見えたりするんです。

 

 

相手を無理やり好きになろうとすると、余計に嫌なところに目がいって嫌いになります。

 

 

 

だから、

「その人が嫌いなら、そんなあなたで良い。」

と僕は思います。

 

 

特に相手が自分の親や夫婦の場合は、

自分を無意識に責めてしまいがちです。

 

 

昔から、「過去と他人は変われない」と言いますがここで悩んでしまっては前にも進めないのです

 

 

 

どんな関係でも最善を尽くした結果!

 

 

僕は難病を経験しましたが、

人間関係の悩みと難病ってとても似ているなぁと思います。

 

「治したいけど、治るかわからない」

この点においてかなり似ていると思います。

 

 

これは僕の経験での考えですが、難病になって健康を奪われたら時、自分を責めていました。

 

 

でも、これって一歩下がって見たら、

どうでしょうか?

 

 

なったものは仕方がないし、自分を責める必要はないと思いませんか?

辛くても、一歩づつでも前を向いていくしかない。

 

そして、難病になろうとしてなった人など1人もいないはずです。

 

でもなってしまった。

 

そんな自分を受け入れて、

その経験をもとにまた何かをすれば良い。

 

それだけです。

 

 

 

 

人間関係の悩みもこれと同じです。

 

 

近しい人とこじれた人間関係は、

嫌いになってはいけないと自分を責めることもあるし、相手を変えたいと思うこともあるでしょう。

 

でも、親や夫婦の人間関係を悪くしようとは誰も思っていないはずです。

 

誰もが幸せな人間関係を気づきたいと願っているはずです。

 

 

だから、まずは、

精一杯頑張ってその結果だったんだから、自分を責めることはないと思います。

 

嫌いは嫌いで良いとしっかり前を向けば良いと思います。

 

 

つまり、

最初にやるべきことは、

問題となる相手を変える方法や、

嫌いにならない方法をよりも、

 

 

まずは、

「最善を尽くした自分を認めてあげること」

「現状が最善であると認めること」です。

 

 

そして、

難病と同じようにその経験を生かしていけば良い。

 

 

 

今からスタートしよう!

 

今どんなにひどい状況だと感じていても、

その時点からスタートです。

そこから小さなことでも、

今できることを積み上げていきましょう!!

 

 

そして、

難病も人間関係も、

解決はするものではなく起きてくるもの。

 

 

そう考えて、

 

自分の思いに気づいて、

変えられないもの集中するのではなく、

変えられるものに集中する。

 

精一杯、今を楽しむことに集中する。

 

 

そうしている間に、現実は変わってきます。

僕はカウンセリングは、観念ではなく実践だと思っています。

 

そして、心から「そんなことどうでも良いな!」と思えた時、悩みは消滅しています。

 

 

今日もお読み頂きありがとうございます!

 

 

カウンセラー美容師

圓本 高士

 

 

 

 

 

 

コメント