平野・天王寺・本町 ステップボーンカット(小顔補正立体カット)専門店 en 心理カウンセリング

本当の自分に気づく方法。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは!

小顔補正立体カット美容師/
不安を克服する心理カウンセラー
圓本高士です。

 

今年も残すところわずかとなりました。
12月皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 

 

⚫今年はどんな年でしたか?

 

今年は思い通りに行った!

また、

思い通りに行かなかった…

 

人によってさまざまでしょう。

 

 

僕はというと、
ギランバレー症候群になり退院して、12月で1年と4ヶ月。

 

今年の最初のほうは、やはり身体が思うように動かなかったり、思い通りにならないことをたくさん味わいました。

 

徐々に体力も回復してきたと思ったら、また身体に疲れやすさを感じたり…
やっとこれからといったところですが、まだまだ元気になる自信があります!

 

良いことも悪いことも色々ありますよね!

 

で、

 

 

⚫来年どうします?

 

急展開ですが(笑)

カウンセリングをしていると、
「やらなければならないことはあるけど、自分が本当に何がしたいのか分かりません…本当の自分がわからないんです。」って人に結構で出会ったりします。

 

では、どうやって本当の自分、本当にやりたいことを知るのか?

 

これは僕が体験したことでもあるのですが、僕が思う大切なことは1つだけ。

 

「もうすぐ自分が死ぬかもしれないとしたら、どうなるか?」

だと思います。

 

 

 

⚫もうすぐ死ぬかもしれないとしたら?

 

ギランバレーを発症して時、
原因不明で毎日病院に通っていました。

来る日も、来る日も、病院に通い原因不明で返される。

 

 

その間に1日、1日弱っていく身体。
昨日は階段を降りれたのに、今日は手すりを掴まないと降りられない。

 

 

悪くなるばかりで、昨日より良くなっているところなどありませんでした。

 

病気に知識のない素人でも、

「このままいくと確実に動けなる。
死ぬかもしれない…」

そんなことは簡単に分かりました。

 

 

 

⚫死んだあと、どうなってる?

今、何を後悔してる?

 

そんな立場に立ったとき、
僕が後悔したのは、

 

「我慢しないで、仕事でも遊びでも、やりたいことをもっとやっておけばよかった。」

ということ。

 

 

そして、
当事0歳だった娘、そして妻とは同じ時間を生きられないかも知れないという思い、色々なことに気づきました。

 

 

自分がいなくなっても、
妻は立派に娘を育ててくれる、そんな確信はありました。

 

でも、

 

 

 

⚫娘は父親、妻は夫という存在がいなくなるかも?

 

気になったのは娘は父親、妻は夫がいなくなるということ。

 

 

「娘はまだ、0歳、父親がいたほうが良い。妻も一人で子供を育てるのは大変だ。妻もまだ若いし、自分がいなくなっても再婚できる可能性がある。

 

じゃあ、もし死ぬとしたら、死ぬ間際に再婚したら?って言って死んだほうが妻も再婚しやすいのか?

 

いやいや、それ遺言とかになっても微妙やな…」

 

 

1人、夜、病魔と闘いながらそんなことを考えていました(笑)

 

 

自分が死んだあと、人を幸せにしたいのなら、生きている人に頼むか、委ねるしかありません。その世界にもう自分はいなくなるのですから。

 

 

で、

ここで気づくわけです。

 

 

「俺、めっちゃ父親とか夫とかやりたいんや!」って…

 

 

だから、元気になった今も楽しんで思いきり父親も夫もやってます!

 

 

 

あと、我慢しないでやりたいことやったほうが良いと気付いたから、

 

美容師としても復活して、

カウンセラーもすんなりできたかもしれません。

 

 

 

ということで、

やりたいことを知るために、

「もし、1ヶ月以内に自分が死ぬとしたら?」

という想像をしても良いかもしれません。

 

 

でも、想像だけにしておいてくださいね(笑)

 

最後まで、読んでいてありがとうございます!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA