潜在意識の書き換え、思い通りの人生を手に入れるためのワークとは?

カウンセリング

こんにちは、

カウンセラー&美容師の

圓本高士です!

 

今日は潜在意識を書き換えるためのワークとそのメリットについて書きたいと思います!宜しくお願い致します!

 

頑張っているのにうまくいかない、気持ちが焦ってきまう、人と比べて落ち込むなどのことを繰り返してしまう…そんなことはありませんか?

その原因は、幼少期に書き込まれた潜在意識のルールにあると言われています。

潜在意識については👇

潜在意識と顕在意識とは?

 

幼少期に書き込まれた潜在意識のルール書き換えは、簡単ではありません。

行動を変えるだけでは潜在意識の書き換えはできません。

 

潜在意識の中のルールは幼少期に書き込まれたもの。だから、幼少期まで遡って書き換える必要があるんです。

 

では、どうやって幼少期に書き込まれたルールを書き換えていくのか?

潜在意識にアクセスしてルールの書き換え方について、具体的に見ていきましょう!

 

潜在意識を書き換えるワーク3ステップ!

①現在の問題(繰り返している問題、頭で分かっているけど繰り返している問題)の現場検証をする!

潜在意識の書き換えの第一歩目は、今起こっている問題を丁寧に見ていくことです。

まずは、問題を1つに絞り、

いつ、どこで、誰と、どんな出来事が起こったのか?これを明確にしていきましょう。

そして自分が何を考えて、どんな感情を感じ、どんな行動を起こしたのか?

これを丁寧に見ていきましょう。

 

②幼少期の親や周囲の大人との関係を思い出す!

次に幼少期の親や周囲の大人との関係を思い出すことです。

①でしっかりと感情を感じることができなら、潜在意識の中に書き込まれたルールの元となった幼少期の周りの大人たちとの関係について、意識して思い出すようにしてください。

特に、怒られた・冷たくされた・無視されたなどの、嫌な部分をよく思い出してみるとよいでしょう。

幼少期の人間関係など関係ないと思われがちですが、心理学では幼少期の人間関係がそのまま今の人生の中で再現されるといわれています。(同じ役割に無意識にまわってしまう)

 

③本当はどうして欲しかったのか?考えてみる。

あなたにとって理想の幼少期とは?

自分にとって辛い思い出の部分、特に幼少期の嫌な体験を思い出し、理想の幼少期を思い浮かべてみてください。

本当はこうだったらよかったなと思えるようなことを想像してみましょう。

例、

本当は親にやさしくしてもらいたかった。

本当は褒めてもらいたかった。

本当は一緒に遊んでほしかった。

本当は話を聞いて欲しかった。

本当はもっと抱きしめて欲しかった

などなど。

 

カウンセリングでは、

ヒプノセラピーのインナーチャイルドワークというイメージ使ったワークでこれをやると効果的です。また一人でやる場合はイメージしたことを紙に書いたりするのも効果的だとされています。

潜在意識の中のルールを理想的なものに書き換えることで、

ルールの元である幼少期の嫌な記憶が薄れて書き換えられていきます。

自分のものの見方が新たな角度から見れるようになり、何もかも上手くいくような気分になってくるはずです。

 

また、書き換えたルールは、

カウンセラーなど人に話して聞いてもらうと効果的だといわれています。

 

 

潜在意識を書き換えるメリット3つ!

基本的に人間は幼少期に作られたルールに一生を変わらないと言われています。

幼少期が理不尽だった場合、その人は一生、自分の中に振り込まれた理不尽なルールに悩まされることになります。

幼少期のトラウマから逃れて豊かな人生を送るためにも、潜在意識を書き換えるメリットはあります。

 

 

潜在意識を書き換えるメリット①思い込みを改善できる!

潜在意識を書き換えるメリットに、思い込みを改善できるという点が挙げられます。

潜在意識は理にかわないルールはかなり入っていると言われています。

幼少期に厳く怖い大人が周りに居た場合、

その人は、当たり前のこともダメだと感じてたり、チャレンジしない人間になる可能性があります。

それらの理不尽なルール、思い込みを、潜在意識を書き換えることで修正していきましょう。

潜在意識を書き換えることで、今までどうしてもできなかった行動が簡単にできるようなれる可能性があります。

 

 

潜在意識を書き換えるメリット②なりたい自分に修正できる!

潜在意識を書き換えることで、理想とする自分に近づける可能性があります。

人はみんなやりたいことがあり、それに向かって生きています。

飛びぬけて高い目標は一般人には無理ですが、みんなできていることも叶えられない人は、潜在意識を書き換えることをおすすめします。

なりたい自分になることを、潜在意識のルールが邪魔している可能性があるからです。

 

 

潜在意識を書き換えるメリット③失敗などで自分を責めずに済む!

仕事や人間関係に失敗すると自分をすぐに責め続けてしまう人がいます。これは、幼少期の親の育て方が原因だといわれています。

自分が悪くなくても、なんでも自分のせいとして怒られ続けてきた人が陥りがちな性格だったりします。

自分を責め続け、自分にOKを出せない人はうつ病などにもなりやすく、人生も開けていきません。

潜在意識を書き換えることで、失敗しても自分を責めなくなれます。

 

 

潜在意識を見つめ直してみよう!

 

潜在意識のルールは誰にでもあるといわれています。何もない人はほぼいないと言われていますが、潜在意識は書き換えることができます。

自分の潜在意識を変えたいと思っている人は

潜在意識を書き換えるワーク3ステップを参考にしてみてください。

どうしてもダメだと思っていたことが改善してより充実した人生を、潜在意識を書き換えることで手に入れることができる可能性があります!

 

それでは最後までお読み頂きありがとうございます!

 

カウンセラー&美容師

圓本高士

コメント