平野・天王寺・本町 ステップボーンカット(小顔補正立体カット)専門店 enmoto 心理カウンセリング

マウンティングについて。

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。

髪と心をキレイにするカウンセラー美容師の圓本高士です!

30代後半、朝から、カルボナーラ。

今日も元気いっぱいです。

 

それでは、早速本題です。

 

カウンセリングをしていると、マウンティングに対してのご相談もあるのですが、

自分の問題と人の問題がいっしょくたになっている場合があります。

 

これを分けて考えることが出来れば、

改善が見込めるようになり、

楽しくなります!

 

 

たとえば、

人からバカにされ、下に見られている気がする。

これも結構多い悩みをです。

つまり、マウンティング的なやつです。

 

ささいなことのように思いますがずっと続くと辛いですよね。

 

 

下に見てくる人がいて、

それが嫌な自分がいるということなのですが、

「下に見られたくない」と思うのは、自分のこと。

「下に見てくる」は相手のこと。

 

 

まずは、

自分の問題と、相手の問題、

これを見極めることが大切です。

 

 

もし、自分をバカにして、下に見てくる人がいても、やめさせることはできない、だからほっておけば良いのです。

それはその人の問題であり、

人を下に見ないといけない、よく分からない何かを抱えている人です。(コンプレックスや劣等感など)

 

しかし、

下に見られることを問題ととることは、自分自身の問題です。

改善するべきところはここ。自分の問題です。

 

 

実は下に見ている人と、見られている人は関係がない、これくらい切り離して考えても良いと思います。

(実際のカウンセリングでも、本当の原因は今、問題なっていることとは関係がなかったりします。)

 

 

自分で改善できるところは努力したほうが良いですが、相手を変えるなど、どうしようもないことはやりようがありません。

 

だから、

相手のことはほうっておけば良いのですが、

どうしてもできない場合もあるでしょう。

 

どうしてもしんどい時、

そんな時は思い切って違う環境に逃げてしまった方が良いです!!

 

仮にですが、無理やりその環境にいて、ものすごく落ち込んでしまうくらい辛いのなら逃げて生き延びるほうが得策と言えるでしょう。

 

 

そして、

その環境を跳ね返せるくらい、

切り離せるくらいになるまで、まず回復を待つべきだと思います。

 

 

ということで、

自分は、自分の問題を解決して生きていけば良いのであって、

他人の問題を引き受ける必要はありません。

 

自分の問題と他人の問題を区別することができれば、

自分の問題のことに集中できるし、

改善も期待できるので楽しくなります!

 

カウンセリングメニューこちら

(ヘアメニューの下にあります!)

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です