平野・天王寺・本町 ステップボーンカット(小顔補正立体カット)専門店 enmoto 心理カウンセリング

変わりたいのに変われない?

2019/06/29
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

仕事にやりがいを感じない。

分かり合えない家族関係。

 

ずっとこの状態が続くのか?

変わりたいのに変われない

 

と思いながら仕方なく毎日を過ごしてませんか?

 

 

結論から言いましたら、

それは単なる思い込みです。

 

変えようと思えば変えられます。

 

 

そんなに簡単じゃない

という気持ちも分かります。

 

が、意外と簡単です。

 

 

それは、

 

自分の偏った思い込みに気づいていくこと。

幼い頃、家族という最小単位の小さな社会で身につけた思い込みに気づき、程よいバランスをとっていくこと。

 

本当は簡単なんです。

 

 

 

 

でも、変われない人もいます。

 

では、変われない人の特徴は?

 

 

 

答えは、

「変われない」と自分で思い込んでいる人。

 

 

つまり、

「変わりたくない」人です。

 

 

 

しかし、

カウンセリングを受けるような方は、

みんな「変わりたい」と思っているし、

行動しているから変われます!

 

 

変わりたいと言う思いを持って、今カウンセリングを受けている時点でもう1歩踏み出せているから。

 

 

 

しかし、

カウンセリングを進めて行くと良いところで「変われるかなぁ」と不安になること、モチベーションが下がることもやっぱりあります。

 

 

実は、これが潜在意識の罠です。

 

 

 

 

 

潜在意識の罠!

 

 

潜在意識は急激な変化を嫌います。

 

 

だから、

あの手のこの手で「変わらせない罠」を仕掛けてきます。

 

「良いやん、今日だけサボろうぜ!」

「どうせ、自分には無理だって!」

「こんなことやっても変われないって!」

 

甘い言葉を沢山かけてきます!

 

そして、

 

無理やり変わろうとすれば、後ろ髪を引っ張られるように、また元に引き戻されてしまう。

 

 

3日坊主や、ダイエットのリバウンドのように。

なんとかここを乗り越えたいですよね!!

 

 

でも、これって

 

潜在意識がこのまま続ければ変われることを知っているということですよね!

 

 

 

この場合の対処方は、

 

焦らずゆっくり潜在意識にバレないゆっくりしたベースで進めていくこと。

 

 

スモールステップで小さな変化を起こし続けること。

 

 

 

最初は特に、

「ウサギとカメ」の、カメのようにゆっくりではあるけれど着実に前に進んでいく、

そんなイメージ。

 

 

でも、最初はカメのスピードでも、

潜在意識を慣らすことができれば、

加速してウサギのスピードになる。

 

 

今度はウサギのスピードに潜在意識の常識になり、カメのスピードに戻すことを潜在意識は変化と見なし、戻すことが難しくなる。

 

 

一度変わってしまえば、

元に戻すのは難しくてなるということです。

 

 

 

だから、

焦らずゆっくり変化を起こしていこう!!

 

 

 

今日も継続カウンセリングのクライアント様

のセッションでした!

 

 

 

 

テーマは、

「関わりたくない人からの誘いが断れない!」

しかし、

セッションが終わる頃には、

断れるようになってました!!

 

 

が、いざ断るとなると…

なぜか後ろ髪ひかれる思いが…。

でも、

これこそが潜在意識の甘い罠。

 

そうなんです。

 

潜在意識の問題は、
小さい頃からやっている生き方。

 

長い間、慣れ親しんだ生き方、
自分の中の常識みたいな。

 

 

だから、

 

変えようとしたら、怖くなって、後ろ髪が引っ張られる思いがして、何かしら理由をつけてもとの考えに戻ろうとします。

 

しかし、

ここが変われるかどうかの瀬戸際です。

 

 

でも、

クライアント様は、

潜在意識の罠にも勝たれました!

 

 

最後はやっぱり行動!

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

カウンセラー美容師

圓本 高士

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です