天王寺・本町 ステップボーンカットの美容室 心理カウンセリング

パラドックスの力で、思う現実を手に入れる!

2018/06/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

パラドックス=逆説

あるがままを、受け入れる。

これをやることで、

思い通りの現実が手に入るんです!

 

自分のなりたいようになるために、

あるがままを受け入れる?

 

願望があるのに、今の現状を受け入れて良いのか?

まさに逆説。

なぞなぞです(笑)

 

だからこそ、

あるがままを受け入れられない人、頑張ったけど現実が変わらない人、

そんな人にこそ読んで頂きたい記事です!

 

ということで、

今日は、僕が体験談を書いてみたいと思います!

 

 

 


あるがままを受け入れる?


最近、
僕はこれを結構テーマにしています。

とはいえ、
このテーマはとても難しい…

 

あるがままを受け入れたら、

「努力が足りないじゃないか…」

「何もしなければ、何も起こらないんじゃないか…」

やはり、

そんな思いも出てくる日もあるでしょう。

 

でも、

成長には2つあって、

出来ないことを出来るようになる成長と、

出来ないことを受け入れる成長があるように思います!

 

 


今、どうしても出来ないことを受け入れてみよう!


 

今、どうしても出来ないこと。

それは人間関係であったり、

仕事であったり、

人によって様々です。

 

 

たとえば、僕自信の事例ですと、

僕は、ギランバレー症候群にかかり、今は神経伝達が減退しているなどの原因で疲れやすいので、眠くなりやすいです。

発症して1年になります。

 

 

僕には、もうすぐ2歳になる娘がいるのですが2歳児なみに眠ります!

30代半ばにして、赤ちゃん並みなに眠ります!

大きめの赤ちゃん…

 

 

忙しい日は、家に帰ってからご飯も食べずにまず眠る。

 

1時間半から2時間くらい眠ります!

 

寝たら復活、元気いっぱい!

まさに、赤ちゃんです。

 

 

最初のほうは、

やはり、

動けない自分自身、
眠ってしまう自分自身、
なかなか思うようにならない現実。

 

 

自分を責めてしまったり…

しかも、神経の伝達の部分ですので、気合いや根性ではどうしようもなかったり…

 

そして、また自分を責めてしまったり。

 

今の思えば、

そういうことを繰り返し繰り返しやってきた1年間でした。

 

でも、その思いと向き合い、自分の内側を見つめていると

ふと、

「もういいや。眠ってしまったって!」

そう思える日が来ます。

 

 

そうなると、
眠っていない時間を大切にしようと思うことが出来るんですね。

別に良いじゃないかと…

 

起きてる時間、
やりたいこと精一杯やって、
疲れたら眠る。

それで良いと…

 

 

だからこそ、
カットやカウンセリングで向き合うお客様時間、今までより大切になる。

子供との時間や、家族との時間が大切になる。

 

 

眠ってしまうことを、
動けないことを責めても何も生まれないんです。

 

それより、
今を楽しむことが大切だと思います。

眠ってしまう、すぐ疲れないことをダメだという自分がいれば、
突然、眠らない、疲れないようにしようという自分が出てきてブレーキをかけるんです。

 

でも、

ること、疲れてしまうことがスタンダードの自分ならどうでしょう?

 

どうせ疲れて眠ってしまうのなら、
今の時間を思いきり楽しむわけです。

 

この世界は、逆説の世界。

行動しなくてもいいや。
と思えたとき、もっとも行動しやすくなり。

人に好かれなくてもいいや。
と思えたとき、もっとも人に好かれやすくなる。

 

 

つまりは、

出来ないことを責める自分より、
今、自分に出来ることを精一杯やれば良い。

 

だから、
頑張らなくて良いと思います。

出来ないことをしようとしなくても良いと思います。

 

受け入れて、
自分に出来ることと、
出来ないことを見極めて、
出来ることを楽しんでいく。

さぁ、明日も楽しもう!

 

カウンセリングは👇

http://enmoto.moo.jp/counseling-yoyaku/

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA