平野・天王寺・本町 ステップボーンカット(小顔補正立体カット)専門店 enmoto 心理カウンセリング

前を向いて生きる、人生は自分で作る!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

「今の自分ではダメだ!」

と自分を否定するのは、

幸せになる道を受け取ることを

拒否することになります。

 

 

自分にダメ出ししてしまうと、

周りにとてもチャンスを運んでくれる人がいても気がつきません。

 

 

自己否定は、もっとも心を閉ざす行為たと言われているようです。

 

自分自身で自分を否定する生き方。

幸せからも程遠いですよね!

 

 

僕は病気になる前、

この考え方だった気がします。

「今の自分じゃダメだ。」

この考え方ですと、

なかなか良いものが受け取れないんですって。

 

 

例えば、

新鮮で美味しい水をコップに注ごうとしても、コップにフタをしたら一滴も入りません。

 

 

同じように、

どんなに良いものが周りにあっても、

受け取りを拒否してしまったら、

せっかくのチャンスを逃します。

 

 

よく勘違いされるのは、

もっと良くなるために自分を変えていこう、

さらに成長を求め、努力する!

これは向上心です。

 

 

 

でも、

「私はダメだ、努力をしなくてはならない。」これは、自分を叩いているのと同じ。

 

 

カウンセリングをしていると、

やりたいことをやりたいと言いながら、

「どうせ自分なんて

と思っている方が多いんです。

 

 

これでは何かやりたいのに、

やる気がなくなり、夢や目標を持つことさえ難しくなります。

 

 

で、

最後に動けなくなる。

「どうせ自分なんて」って。

 

 

でも、あと人生が1ヶ月で終わるとしたら?

 

 

「どうせ自分なんて」とか言ってられませんよね笑

この可能性って実は誰にでもあります。

 

 

 

僕もめちゃくちゃ元気で、

空手の昇段試験に受かった、

20日後くらいに、

突然、難病になった経験があります。

(マジでビックリした)

 

 

だから、

やりたいことがあるなら

やってみるべきです。

 

 

間違っていても大丈夫。

 

 

やらなかった後悔よりは良いと思います。

 

 

僕は病気になって、

立てない可能性があった時、

一番に思ったのは、

 

「もっと、

   やりたいことやっておけば良かった。」

ということ。

 

 

もちろん、

現在地で何かの都合や、

経済的にやれないこともありますが、

それでも小さな一歩は踏み出せます。

 

 

勇気を出して、

チャレンジしたという事実があれば、

 

結果はどうであれ、

自分に胸を張れるはずです。

 

 

それでも、

凹んでしまうこともありますが、

その時は何度でも覚悟を決めること。

 

 

「前を向いて生きる。

   人生は自分で作る。」

 

その覚悟さえあれば、

不安はありません。

 

 

それでは、

最後までお読み頂きありがとうございます!

 

カウンセラー美容師

圓本

 

 

 

本日まで早割価格。

日常・接客業に使えるカウンセリング講座

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です